nao.の珠玉のスイーツ『幸せのパンケーキ』-幸せのパンケーキ 表参道店-
- 2016/05/20(Fri) -
『パンケーキ』ブームはもう去ったかのように思われていましたが、最近では関西方面から東京進出というケースが多い気がします。そして、その多くは凄い行列を生み、『パンケーキ』の美味しさと共に待ち時間の長さも話題となっています。

photo1_20160517082452ce1.jpg

今回、訪れたのもそんなお店の一つで東京第1号店になる「幸せのパンケーキ 表参道店」です。ここも年月に関西から東京進出をしたお店で、提供している『パンケーキ』はふわふわと口の中で溶けるような口当たりの『スフレパンケーキ』です。そしてスフレ系の『パンケーキ』の多くは、焼き上がりに時間がかかるというのも、大きな特徴でしょう。

週末には2時間、3時間は当たり前の行列だそうで、ちょっとしたテーマパークのアトラクションの待ち時間を超える勢いだそうです。平日のみですが、実は数日前より予約ができるので利用することをオススメします。週末しか行かれない方は兎に角、早く来る。これに尽きます。

さて、私の場合。
滅多にない平日休みを利用して、訪問。予約しようと思いましたが、利用したかった時間が空いておらず、開店直後を狙って行きました。
表参道駅A2出口より5分かからない場所にあり、朝の閑散とした路地に見られる人集り。初見の方でも、「あー、あそこだ」とすぐに分かると思います。まず着いたらまずすることは、地下へと続く階段のそばに置いてある紙に、名前を書くこと。開店時間になると、店員さんがその紙を見て、名前を呼ばれて入店となるので、かなり重要です。

photo2_20160517082454c72.jpg

店内は森の中にいるような緑と木を感じられる雰囲気で、実際に『パンケーキ』を焼いているのを見られるオープンキッチンとなっています。席数は64席となかなかの広さで、ホールの店員さんも多いですが、水やお皿は何故かセルフ。
メニューは勿論、『パンケーキ』が中心で、スイーツ系とフード系があります。注文毎に作る『パンケーキ』は焼き上がりに20分を要するそうで、また席は2時間制となっており、回転率はかなり悪いと思います。予約なし、開店時間からかなり経っている場合、相当の覚悟を必要かと。

photo_201605170824562b0.jpg

1番人気は、店名にもなっている『幸せのパンケーキ』。私もコレが狙いです。

実食

photo4_20160517082457915.jpg

入店して、60分。やっと、出逢えた『幸せのパンケーキ』。幸せになるには、時間を惜しまないことなんですね…。ですがそんな愚痴は、『パンケーキ』を食べた瞬間に吹き飛びます。ナイフを入れるだけで伝わるそのふわふわ感は、口当たりがサイコーにいい。ふわふわではなく、「ふわっふわっ」って感じです。『パンケーキ』だけでも十分に甘いですが、上に添えられた最高級マヌカハニーのホイップバターが幸せを加速させます。+100円でホイップクリームをトッピングしましたが、ホイップクリームと一緒に食べると、甘さが和らぐという具合。この厚さで3枚はキツいなと思っていましたが、あっという間に完食してしまいした。『パンケーキ』はさほど食べ歩いていませんが、素晴らしく美味しい。

食べ終えて出ると、すでに50人くらいの行列が!早起きは、幸せになれる近道だと感じた瞬間でした。

幸せのパンケーキ 表参道店
東京都渋谷区神宮前4-9-3 清原 ビル B1F
03-3746-8888
パンケーキ / 表参道駅明治神宮前駅外苑前駅

昼総合点★★★☆☆ 3.8



ブログランキング参加中です愛のクリック、お願いしまーす


食べログ グルメブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 珠玉のスイーツ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.の珠玉のスイーツ『あまおう』&『アルファソマンゴー』-BAR GELATERIA ANTICA-
- 2016/03/09(Wed) -
まだ寒い日が続く中で、確実に春の足音が聞こえてきそうな穏やかな日は、ジェラートを食べましょう。やってきたのは、二子玉川にある玉川高島屋。ここには日本で初めて本格的なイタリア本場のジェラートを1986年に売り出した老舗の「BAR GELATERIA ANTICA」があります。

お店に着くと、ショーケースにはジェラートたちが待ち構えていて、どれも美味しそうな雰囲気。まずはレジで会計をして、フレーバーを選びます。私は『ダブル』にしたので、フレーバーは2種選べるわけですが、一つはジェラートと目が合った『あまおう』、もう一つは『アルファソマンゴー』にしました。選んでいる最中にショーケースの奥を見ると、なんと製造室があって、常時作り立てを提供しているのだそう。フレッシュフルーツを選んだのは、正解なのかもしれない。カップとコーンも選ぶことができたので、今回はコーンにしました。後から知ったことですが、この四角いコーンを輸入した先駆けのお店だそうです。

photo2_20160305214607a8b.jpg

実食

両方ともに果実味がしっかりとしていて、美味しい。特に『アルファソマンゴー』は呆けた感じはなくて、よりフレッシュでフルーティーな味わいです。久々に美味しいジェラートをいただきました。
今回はフルーツ2種だったので、定番な『ミルク』や『チョコレート』なども気になるところ。次回は、是非食べてみたい。

この店舗はバールとうたっているだけあり、ジェラートだけではありません。エスプレッソ・カプチーノ(ラテアートもあり?)・イタリアンドルチェ、更には売り切りのピザもあり、ちょっとした軽食もできるようです。小腹が空いた時には、丁度良い使い勝手のあるお店だと思います。

BAR GELATERIA ANTICA
東京都世田谷区玉川3-17-1 玉川タカシマヤ B1F
03-3707-7420
アイスクリーム / 二子玉川駅二子新地駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6



ブログランキング参加中です愛のクリック、お願いしまーす


食べログ グルメブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 珠玉のスイーツ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.の珠玉のスイーツ『CREMIA』-ガーデンテラスカフェ-
- 2016/03/03(Thu) -
街で見かけたら、食べてみたいと思っているものがあります。それは、プレミアムクリームソフト『CREMIA』。直営店は渋谷にあるのですが、その他にも販売している所が多々あるそうなので、「いつか出会えたら」という偶然を期待しているわけです。

そんな出会いは、突然にやってきました。
中華街で暇つぶし目的で入った「横浜博品館」の3Fにある「ガーデンテラスカフェ」に『CREMIA』があるじゃないですか!即ゲットです♡

photo5_201507122342042e5.jpg

実食

500円はソフトクリームとして、なかなかの値段ですが…極濃厚で美味しい!牧場で食べるソフトクリームよりも濃厚で、後味もスッキリとしています。それを受け止めるコーンは、なんとラングドシャで作られていて、サクサク感も楽しめます。なるほど、評判通りの美味しさと拘りを感じました。そう何度も食べられるものではないけど、ちょっとした日頃のご褒美スイーツとしては、最適かも。

ただ食べる前の私の第一印象はというと…想像してたよりもちっちゃ!!

取り扱っているお店は他にもあると思うので、是非探してみてね。

ガーデンテラスカフェ
横浜市中区山下町145 横浜博品館 3F
045-640-0081
カフェ・喫茶(その他) / 日本大通り駅石川町駅元町・中華街駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2



ブログランキング参加中です愛のクリック、お願いしまーす


食べログ グルメブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 珠玉のスイーツ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.の珠玉のスイーツ『松濤ケーキ バタートースト』-松濤カフェ Bunkamura店-
- 2016/02/29(Mon) -
個人的に雰囲気がごちゃごちゃしている街は、あまり好きではありません。でもそんな街の中で、ひっそりと隠れているかのようなお店は大好き。今回は渋谷駅からちょっと足を延ばし、松濤にある「松濤カフェ Bunkamura店」に初訪問です。

ここは松濤住民であるオーナーが「ありそうで、なかった」をコンセプトにしたカフェで、2013年にBunkamura館内の松濤側にオープンしました。テラス席もあり、灯りが灯るとよい雰囲気です。客層もバラバラで、近くに住んでいらっしゃるような方やご年配の方、勿論、若い方もいらっしゃいます。名物として有名なのは、『松濤ケーキ』と『自家製ローストビーフのサンドイッチ』でしょうか。今回は『松濤ケーキ』が目的です。

photo1_20151115221455ff3.jpg

『松濤ケーキ』の素材は、とてもシンプル。北海道の無漂白小麦粉、毎日養鶏場から直送される卵、グレープシードオイル、ヨーグルト、牛乳、バニラエッセンスのみで、シフォン型に入れて焼かれているそうです。そんな『松濤ケーキ』はメニューを見ると、大きく2つに分かれています。まず『プレーン』か『バタートースト』にするかを選び、そのあとは生クリームの有無とジャムなどのトッピングを選びます。その数は想像以上に多く、メニュー一面が『松濤ケーキ』。うーん…悩んでいると、店員さんが来たので、オススメを聞いてみました。すると、「バタートーストにもりもり生クリーム、メープルがオススメですよ。ってことで、それを注文。

photo2_20151115221457a6c.jpg

実食

固めの生クリームは想像以上にもりもりで、ケーキにしてはかなりのボリュームがあります。ナイフを入れてみると、バター香る表面はカリッとしていながら、すっごいフワフワ。包まれたら、いい夢を見られそうな感じ。
定番のメープルも確かに美味しかったけど、前で食べていたチョコレートソースも気になる…。次回は違うトッピングの『松濤ケーキ』と『自家製ローストビーフのサンドイッチ』を食べてみたいな。

松濤カフェ Bunkamura店
東京都渋谷区道玄坂2-24-1 Bunkamura 3F
03-3477-9044
カフェ / 神泉駅渋谷駅代々木公園駅

夜総合点★★★☆☆ 3.7



ブログランキング参加中です愛のクリック、お願いしまーす


食べログ グルメブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 珠玉のスイーツ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.の珠玉のスイーツ『プリン』-Pâtisserie Raconter-
- 2016/02/26(Fri) -
スイーツといっても色々なものがある中で、マカロンやパンケーキやシュークリームよりも、断然『プリン』が好き。『プリン』の固さにさほど拘りはありませんが、しっかりとカラメルまで甘いのが好みです。

そんなことを踏まえつつ、「Pâtisserie Raconter」に再訪。目の前でカスタードを詰める『シュークリーム』も気になりますが、今回の目的は『プリン』。ショーケースの説明書きを見ると、那須御養卵を使用しているらしい。

photo3_20151107215258d24.jpg

実食

スプーンを入れると、中はトロトロ。普通『プリン』というと色は黄色を想像しますが、これは少しオレンジっぽい色合いです。口に入れる。極濃厚でありながらも、後味はサラリとする甘さで、美味しい♡この濃厚さは、比べるのも失礼なことかもしれませんが、気軽に買える某コンビニの濃厚をウリにしているものよりも断然すごい。

次回は人気No.1の『シュークリーム』をいただいてみましょう。『プリン』がこの濃さならば、カスタードがたっぷり入っている『シュークリーム』は期待大です。

Pâtisserie Raconter
横須賀市追浜東町3-65 追浜会館ビル A棟 1F
046-867-0335
ケーキ / 追浜駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6



ブログランキング参加中です愛のクリック、お願いしまーす


食べログ グルメブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 珠玉のスイーツ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.の珠玉のスイーツ『フレンチトースト カラメリゼで 季節のフルーツを最高級生クリームで』-雪ノ下 中華街店-
- 2016/02/23(Tue) -
いつも時間潰しでやってくるお店の「雪ノ下」。そのメニューを見ていて、気になったものがあります。それは、『フレンチトースト』。銀座店や広尾店などにもありますが、使っているバケットがそれぞれの店舗で異なり、ここ横浜では元町の名店「ウチキパン」を使用しているようです。ちなみに銀座店では「ビゴのパン」、広尾店では「メゾンカイザー」と、どの店舗も有名店のバケットを使っていますね。

photo4_20150712220622b4c.jpg

実食

小さなバケットはキャラメリゼされており、甘さ控えめの最高級クリームと旬のフルーツである『ブルーベリー』と『キウイ』と共にいただいます。バケットの量にしてはクリームが多く、たっぷりとつけても甘ったるくなることもないので、フルーツの甘みや酸味と一緒に食べると、美味しい。個人的にはもうちょっとバケットの量があってもいいかな?と感じますが、パンケーキに飽きたなら食べてみるのもいいと思います。

雪ノ下 中華街店
横浜市中区山下町84-5 メトロタワー 3F
非公開
パンケーキ / 元町・中華街駅石川町駅日本大通り駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7



ブログランキング参加中です愛のクリック、お願いしまーす


食べログ グルメブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 珠玉のスイーツ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.の珠玉のスイーツ『轆花ちゃんスフレ』-Cafe ASAN-
- 2016/02/08(Mon) -
秋葉原から御徒町までのガード下が素晴らしい空間になっていることをご存知でしょうか?昔はガード下というと、飲み屋が多くて、仕事帰りのサラリーマンで賑わうイメージでしたが、ここは全く違います。秋葉原から御徒町の間のガード下には「2k540 AKI-OKA ARTISAN」というものづくりをテーマにした商業施設が建ち並び、今回はその中にある「Cafe ASAN」に訪問です。

photo1 2

「Cafe ASAN」で食べるべきは、名物の極厚『スフレホットケーキ』ですが、今回はもう一つ目的があります。それはふなつかずき先生が連載してらっしゃる「妖怪少女-モンスガ-」のコラボメニューです。「妖怪少女-モンスガ-」はアキバを中心にした妖怪バトルラブコメで、時折作品中で実際に存在する店舗で主人公たちが食べるのが描かれます。そのメニューがホントに食べれるというのが、このコラボメニュー。

photo2 2

店内はかなり個性的でテーブル席の他に、ハンモック席というのもあり、フリーWi-Fi完備で電源もありタブレットありマンガもありと、かなりまったりとできる環境が整っています。席に案内されたら、キャッシュオンデリバリースタイルなので、まずはカウンターに行きオーダーしましょう。オーダーは勿論、コラボメニューの『轆花ちゃんスフレ』です。オーダーの際は、コミックス7巻の帯にある注文券を忘れずにね。店内の黒板にはふなつ先生が描かれた轆花ちゃんが、ぱにゃにゃーんとお出迎え。

実食

photo3_201602080003046ae.jpg

「お待たせしましたぁ」と供されて、驚く!パンケーキの分厚さとそれをも超えるクリームの山!あのハワイのお店よりも凄いです。パンケーキにナイフを入れるだけで分かるほどに弾力があり、ふっわふわ。口に入れれば、しっとり感も味わえ、後味は軽め。

「おいひー♡」

山盛りのクリームは想像よりも全然軽くて、しかも甘くないので、余裕で食べれます。ニアちゃんも嬉し泣きするのも分かりますね、美味しい。パンケーキに描かれているみのむしパイナポーくんの目は数種あるそうで、リピートする方は注目です。

photo4_20160208000306d50.jpg

コラボメニューの『轆花ちゃんスフレ』は2/16までですが、『スフレホットケーキ』はデフォルトメニューなので常に味わうことができます。ただ、ここでポイントが1つ。この『スフレホットケーキ』は低温でじっくりと焼き上げるために提供時間が30〜40分かかりますので、ご注意を。でも時間を潰すモノはいっぱいあるので、1人でも大丈夫です。更に、実はこのお店は席の予約ができちゃいます。今回は何人も並んでらっしゃるところを予約で入店しちゃいました。デートで使えるお店なので、是非スマートなエスコートをお願いします♡

Cafe ASAN
東京都台東区上野5-9-9 2K540内
03-6803-0502
カフェ / 末広町駅仲御徒町駅御徒町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7



ブログランキング参加中です愛のクリック、お願いしまーす

食べログ グルメブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 珠玉のスイーツ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.の珠玉のスイーツ『りんご飴(アールグレイ)』-ポムダムールトーキョー-
- 2015/11/24(Tue) -
林檎

よく街中で目にする果実ですが、よくよく考えてみると、旧約聖書にあるアダムとイブが口にした善悪を知る果実である禁断の実は林檎とされ、歴史的にみると万有引力の法則を発見したアイザック・ニュートンも林檎の樹から着想を得たという、私達人間にとっては縁の深い果実です。そんな林檎の品種も年々増えて、聞きなれないものが毎年見られるようになりました。

photo1_201511012337093b6.jpg

林檎を使ったスイーツは多々ありますが、最近、注目を浴びているスイーツが新宿にあります。それは、屋台などで見られる『りんご飴』
新宿5丁目交差点を過ぎ、路地を行く。そこにあるのが日本初のりんご飴とシーシャ(水タバコ)専門店「ポムダムールトーキョー」です。

photo2_20151101233710b09.jpg

扉を開けると、目の前には小さなショーケースにある『りんご飴』。左側にはソファ、右側にはカウンターがあって、そこに並ぶシーシャのフレーバー瓶。なかなかの怪しさです。案内して下さったメガネをかけた若い男性こそ、このお店のオーナーの池田 喬俊さんです。
テイクアウトもできるそうですが、せっかくなので店内で。『りんご飴』はプレーン・シナモン・アールグレイなどのフレーバーがある中、今回はアールグレイの『りんご飴』を注文です。

photo3_201511012337121e7.jpg

実食

『りんご飴』は林檎を丸ごと1個、飴でコーティングしており、4等分にして提供されます。飴の部分は絶妙な薄さで、パリッとした食感を楽しんだ後、林檎のジューシーさが味わえます。こ、これは、美味しい♡
この飴のコーティングは池田さんの独学で、フランスの飴細工の文化を参考にしているそうです。でもこのスイーツの本質は、林檎そのもの。季節やフレーバーで品種を変えているそうで、私が食べたのはレッドゴールドというかなりのレア物で、(私の訪問時)この1週間しか提供できない林檎なんだそうです。蜜が多くて、酸味が少なく、すごく甘い。もうお分かりだと思いますが、屋台で売られている『りんご飴』とは別物です。是非、違うフレーバーを食べてみたい。

ポムダムールトーキョー
東京都新宿区新宿5-9-12
03-6380-1194
カフェ / 新宿三丁目駅新宿御苑前駅東新宿駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6



ブログランキング参加中です愛のクリック、お願いしまーす


食べログ グルメブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 珠玉のスイーツ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.の珠玉のスイーツ『紅玉とクリームチーズのアップルパイ』-GIOTOO 二子玉川東急フードショー店-
- 2015/11/18(Wed) -
時間を持て余して、二子玉川。駅前にある「二子玉川ライズ」でも覗いてみようかと、ブラブラ。この「二子玉川ライズ」は2011年に街開きしたショッピングモール・オフィス・映画館・ホテルなどがある複合施設です。軽くお茶でもと思い、何かありそうな「東急百貨店 東急フードショー」へ。

通路も広くて、なかなか買い物しやすそうな雰囲気。某有名ワインショップもあり、ワインも飲めるみたいでそそられましたが、キラキラしたスイーツが並ぶ「GIOTOO」にお邪魔しました。

世界中にあふれるさまざまなアートを、スイーツで表現することをコンセプトにしているそうで、ショーケースに並ぶスイーツはどれも重量感のあるビジュアルです。喫茶スペースも併設されているので、まずは入店。ショーケースにあるケーキの中で、一番人気はやはり季節ものの『モンブラン』。でも私はあまり好きではないので、イチオシっぽい『紅玉とクリームチーズのアップルパイ』をオーダー。

photo5_201510302359378d7.jpg

実食

ケーキの端はパイらしく、サクサクとした感じです。それにひきかえ、中心部分はクラッシュされて、クリームチーズが入っているので、クラッシックなパイとは一味違います。紅玉のコンポートはとてもたっぷりと入っており、チーズの濃厚さと生クリームが合わさって、かなりの甘さ。小ぶりなアップルパイでしたが、想像よりも食べ終えた後はなかなかの満足感が得られます。一緒にいただいた『ダージリン』も香りが良く、美味しい。

店員さんの接客は丁寧ですが、雰囲気はイートインで通路との隔たりもなく、皆無に近い。デパート自体が空いている時間帯だったので、寛げましたが、混雑時はどうなのかな?と思いました。

ケーキは食べてみたいのがあるので、空いている時はイートインで、あとはテイクアウトで利用したいと思います。

GIOTOO 二子玉川東急フードショー店
東京都世田谷区玉川2-21-1 二子玉川ライズショッピングセンターB1
ケーキ / 二子玉川駅二子新地駅上野毛駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6



ブログランキング参加中です愛のクリック、お願いしまーす


食べログ グルメブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 珠玉のスイーツ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.の珠玉のスイーツ『マンゴープリン ココナッツソース』-Rire Ginza-
- 2015/11/09(Mon) -
photo5_20151108223543e86.jpg

2015年1月15日に建て替えの為、一時閉店した銀座ミキモト本店の影響は、食べ歩きを趣味としている方にも少なからず与えました。そのうちの一つが、「ミキモトラウンジ」の閉店です。閉店前の最後の訪問時に、違う形での提供を考えていると仰っていて、その日を待ちわびること約1年。とうとう、その日がやって来ました。

「Rire Ginza」

赤いアーケードがある入口から2階へ上がると、白い大理石のテーブルやヴェネチアングラスの照明で華やぐ明るい店内が出迎えてくれます。このお店にはカウンターもあり、今回はそちらでいただきましょう。

photo3_20151108223540adc.jpg

提供するデザートやランチメニューを監修するのは、「ミキモトラウンジ」と同じ横田秀夫シェフ。ラウンジのマネージャーを務めてらした栗田尚香さんもご健在。ロゴに描かれているのは、横田シェフに感動と幸せを与えてくれたスプーン一杯の生クリームだそうです。
「Rire Ginza」としての秋メニューも気になるところですが、「ミキモトラウンジ」時代から大好きだった横田シェフのスペシャリテ『マンゴープリン ココナッツソース』を注文。

photo4_2015110822354214c.jpg

実食

とろける食感のマンゴープリンは完熟したアルフォンソマンゴーを使用し、周りを彩るのは、パールタピオカとナタデココ、マンゴー果肉。ああっ!この味!この濃厚さ!変わらない美味しさです。

帰り際にちょっと会話。あの『パール』や『パールクッキー』のこと、想像はしていましたが、やはり…ね。
「ミキモトラウンジ」のような敷居の高さは感じられず、カウンターもあり、非常に行きやすい雰囲気なので、再訪は確実。「次回は、是非フードメニューも」と栗田さんに言われましたので、食べに行こうと思います。

Rire Ginza
東京都中央区銀座3-10-14 2F
03-6278-8270
カフェ / 東銀座駅銀座駅銀座一丁目駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7



ブログランキング参加中です愛のクリック、お願いしまーす


食べログ グルメブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 珠玉のスイーツ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ