世界を戻さなかったなら、長門と付き合ったかもね? 

100211_2009541.jpg
先日、久々に映画館へ行って、「涼宮ハルヒの消失」を見てきましたこれは谷川 流先生の「涼宮ハルヒの~」シリーズの同名小説の映画版で、ハルヒとしては初の映画になります内容としては、世界が何者かによって造り変えられ、涼宮ハルヒと小泉一樹は北高からいなくなり、長門有希や朝比奈みくるもキョンのことをまったく知らなくなってしまうそんな中で、キョンが世界を元の状態に戻す為、孤軍奮闘するってストーリーで、この話はいわゆる宇宙人の「長門有希」が中心となるので、テーマソングも長門有希役の茅原実里さんが歌ってるってわけ

上演時間が約3時間と長いながらも、意外とあっという間って感じでしたネタバレの感想を言うなら、普段は無表情の長門有希が、気弱な女の子になった時の表情やキョンの袖を摘んで引き止めるシーンがいいあと「世界を元に戻す=ハルヒとの学園生活は楽しかったのか?」とキョンが自問自答してるシーンが印象的だったかなそしてエンドロールで、テーマ曲である「優しい忘却/茅原実里」がアカペラで流れるのですが、鳥肌モノでハルヒシリーズが好きなら、一見の価値はありますよ~nao.も機会があれば、もう一回くらい見に行きたいな

ブログランキング参加中ですよかったら、お願いしまーす

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment