nao.の極みの一杯『仁鍛』
- 2008/05/20(Tue) -
今日のランチは気分的に「麺類」だったので、ラーメンです皆さんはラーメンというと、主役は何だと思いますか?具でしょうか?それともスープ?でも今回のラーメンの主役は「麺」なんですで、nao.が選んだお店は「六厘舎」の全面バックアップの下、東池袋「大勝軒」の山岸さんの最後の愛弟子で、「六厘舎」で修行された後、「次念序」の2代目店主であった栗山卓也さんが白楽に開いたお店「仁鍛」(じんたん)ですホントは大崎にある有名な「六厘舎」に行ってみたかったんですが、友達と一緒に行く約束をしたので、まだ行かないでおこうと思いまして4/11に開店したばかりのお店ですが、「六厘舎」の影響でラーメン好きにはすでに有名なお店になっているようです
jintan1.jpg jintan2.jpg

開店が11:30ということで、ちょうどくらいに白楽駅に着き、歩くこと3分到着した時には、既に20人くらいの行列がっ!開店して、3分しかたってないのに!?結局、外で40分くらい待ち、やっと入店できました(並んでいる間にオーダーを聞きに来てくれるので、中に入ってからはさほど待ちませんよ)nao.のオーダーは、「つけめんの大盛+チャーシュー」メニューには「つけめん」「あつもり」「中華そば」の3種類があり、「つけめん」は茹でた麺を氷水でしめた冷たい麺のことで、「あつもり」は茹でた麺をそのまま盛りつけたもの、「中華そば」は普通のラーメンのことなんです
jintan3.jpg jintan4.jpg

程なくして、まず麺が出されました効果音をつけるなら、「ドーンっ」っていうボリュームで、ちょっとって感じ(笑)そして出されたつけ汁には、刻んだチャーシューと大きなチャーシューが入ってきて、なかなか具だくさんでは、いただきま~す!スープは魚介系の味はちゃんとするものの、魚臭さがなく、つけ汁にしてはさっぱりとした味ですそして麺は、自家製のうどんのような超極太麺で、噛み切ろうとする歯をモチモチとした弾力が押し戻すくらいの歯ごたえがあり、かなり食べ応えがありますその麺をスープにたっぷりとつけ、刻みチャーシューと食べると、かなりうまいスープもそのままでも飲めるくらいの濃さなのでつけ麺の中では、nao.的には好きなお店ですしいて言うとしたら、回転率が悪いことですかね座席数がカウンター8席、テーブルに4席の合計12席で、半入れ換え制をしているらしく、食べるのが遅い方が入れば、なかなか入れないことにさらに極太麺なため、茹で上げに10分以上かかってしまうってことも原因の一つかなゆっくりできる方は、是非並んで、「麺」を食べてみてね

仁鍛(じんたん)
横浜市神奈川区六角橋1-17-29
045-421-0537

ブログランキング参加中ですよかったら、お願いしまーす

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ
スポンサーサイト
この記事のURL | 極みの一杯 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<nao.の神のグラス『Bloody Caesar』-The Bar CASABLANCA- | メイン | nao.のたまに行くならこんな店『レストラン カタヤマ』>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://lovehappydays.blog54.fc2.com/tb.php/503-215254ce
| メイン |