fc2ブログ
nao.のたまに行くならこんな店「イチリンハナレ #10」
- 2021/10/27(Wed) -
IMG_8828_20210929041943291.jpg

メニューはない。そこにあるのは信頼

秋を感じさせる風が鎌倉に吹いて、もうすぐ木々が色とりどりに染まる季節が訪れます。賑わう小町通りを通り抜け、一本路地に入ればもう観光客の姿はなく、住宅街が広がります。その中にひっそりと佇む神奈川が誇るヌーベルシノワの「イチリンハナレ」に再訪です。斉藤 宏文さん望月 康弘さんを中心にして創り上げられる料理は王道の定番料理だけでなく、旬の食材を活かしたものが光ります。


IMG_8829_2021092904194647f.jpg
今夜の献立


IMG_8830_20210929041947604.jpg
桂花烏龍茶
庭で咲いている金木犀の香りを移した凍頂烏龍茶。粋なウエルカムドリンクです。


IMG_8832_202109290419482ab.jpg
松茸と鼈
蓋を開けると、スープ一面に松茸が浮かんでいて底が見えない。松茸の他には中国雲南省産キノコと鼈がたっぷりと入っており、旨味が凝縮していて、飲む度に身体が暖まります。


IMG_8833_202109290419495f6.jpg
アオリイカ
アオリイカを葱と山椒で和えて、上には米と塩をプレスした淡雪塩・キャビア・穂紫蘇で彩った冷菜。ねっとりとしたアオリイカの甘味の輪郭が少量の塩味でハッキリとしていて美味しい。


IMG_8834_202109290419501d8.jpg
いくら
いくらの紹興酒漬けは、初めて。ふわりと香る紹興酒のコクの中で、いくら本来の旨味が確りと活きています。牡丹海老が定番でしたが、いくらでもイケるとは!


IMG_8836_20210929041951d0e.jpg
伊達鶏♡♡
「イチリンハナレ」で初めていただく脆皮鶏。皮のパリパリ感が素晴らしく、咀嚼の度にしっとりとした肉の旨味がジュワッと溢れてきます。コレは次回にリクエストして、もっと食べたい!


IMG_8837_20210929041953b59.jpg
丹波高坂地鶏
「イチリンハナレ」のスペシャリテの『よだれ鶏』。旨辛の真っ赤なタレにナッツのクリーミーなコクとパクチーの香りが決め手。あまりパクチーは好きではないですが、入っていないと何か物足りなさを感じてしまいます。


IMG_8839_202109290419542b8.jpg
につける 餃子
そして、残ったタレに焼きたての餃子をどっぷりとつけていただきます。厚みのあるモチモチとした皮が実に美味しい。


IMG_8840_2021092904195635f.jpg
からの 山椒麺
そして、最後は茹でたての山椒麺を絡めていただきます。毎回食べながら、コレをメインの麺に昇華できないかな?と考えてしまいます。


IMG_8842.jpg
フカヒレ
フカヒレを醤油で表面をカリッと焼き上げて、鶏白湯を合わせた焼きフカヒレ。肉厚なフカヒレはバリっとした食感を楽しめ、絡まる鶏白湯も濃厚で美味しい。


IMG_8844_20210929042249f4e.jpg
からの おじや
そして、同じ鶏白湯で炊いたおじやが供され、上から黒トリュフを削ってからいただきます。コレもメインのご飯ものにならないかといつも考えています。


IMG_8845.jpg
帆立
半生ほどに火入れした帆立の上には広島県にある「梶谷農園」のマイクロハーブ、唐辛子とパクチーのソース。焼き帆立の甘味が唐辛子とパクチーのソースで強調され、更にはマイクロハーブの苦味や辛味などが加わることで、このひと皿で五味を味わえるかのよう。


IMG_8847_202109290422500ae.jpg
つぶ貝
つぶ貝を搾菜と生姜で炒めたもの。コレもつぶ貝の甘味が活きており、美味しい。きっとお酒にも合うでしょうが、ご飯が強烈に欲しくなる味わい。


FullSizeRender_202109290422552ab.jpg
春巻
綺麗なきつね色に揚げられた春巻の中身は、アオリイカ・枝豆・ポルチーニ茸。皮のバリバリとした食感とアオリイカのコリコリとした食感と枝豆のプチプチとした食感の三重奏を楽しめ、ポルチーニ茸の旨味が最後にグッときます。前回も春巻はいただきましたが、餃子と同様に春巻も大好きです!


IMG_8849.jpg
豚足
昔食べさせていただいた豚足の唐揚げをもう一度食べたくてリクエストしたら、今回は唐辛子炒めの仕立てに。唐辛子と山椒の痺れる辛さの中で、カリッとした衣にトロリとした豚足が実に美味しい。


IMG_8850.jpg
冷やし坦々麺
今回は、冷やし坦々麺。実はあまり好きではない坦々麺。ですが、クリーミーな味わいで胡麻!と強調していなかったので、美味しくいただきました。


IMG_8851.jpg
麻婆豆腐
やっぱり食べたい麻婆豆腐。ご飯にかけて食べると鉄板の美味しさがあります。そして、冬のあの麻婆豆腐が楽しみでなりません。


IMG_8852_20210929042253d19.jpg

デザートは梨・梨のグラニテ・サワークリームで、全体的に混ぜ合わせるようにしていただきます。華やぐ梨の香りとシャリシャリとした梨の甘味にサワークリームの酸味がいい感じ。


IMG_8854.jpg
茶菓子
左から山椒ガトーショコラ・紹興酒の生キャラメル・カルキニョーリス・杏仁マカロン・枝付きレーズン。

定番の料理は最早いついただいても鉄板の美味しさがあり、安心感があります。個人的に白眉的な料理は『帆立』でしょうか。見た目の美しさの中で、確りと帆立の甘味を活かしつつも酸味・苦味・辛味を加えていて、食べる度に違う一面を感じられるようなひと皿でした。

そして、帰りの途中で思い出したこと…

カツサンド食べ忘れた!!

次回は上海蟹料理。リクエストもさせていただき、たっぷりといただきたいです。
斉藤シェフ、望月シェフいつもありがとうございました!

イチリンハナレ
鎌倉市扇ガ谷2-17-6
0467-84-7530
四川料理 / 鎌倉駅

夜総合点★★★★ 4.9



食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
スポンサーサイト



この記事のURL | たまに行くなら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<nao.のたまに行くならこんな店「Osteria Austro #40」 | メイン | nao.の珠玉のスイーツ「ビオレソリエスのパフェ」-ル・パルフェ 馬車道->>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://lovehappydays.blog54.fc2.com/tb.php/2571-d87918ce
| メイン |