FC2ブログ
2021 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2021 06
nao.のたまに行くならこんな店「日本橋人形町 川田 #7」
- 2021/04/20(Tue) -
IMG_6668.jpg

段々と暖かくなって桜が咲いたりと春を感じられるようになってきて、舌でも春を感じたいとやってきたのは「日本橋人形町 川田」。店主は東京屈指の日本料理の名店「井雪」ご出身の川田 治司さん。食材を見せることもなく粛々と全ての料理をお一人で作り、絶妙な間合いで供される料理は決して映えないですが、全てハズレなく美味しい。煮方・焼き方・お造りなど全ての持ち場で研鑽を積まれた川田さんの確固たる技術が光ります。


今夜の献立

IMG_6670.jpg
芋茎の吉野煮
初手はやはりコレ。このお店に帰ってきたという感じになります。シャキシャキと小気味良い食感に確りとした出汁の味わいと生姜のピリリとした辛みが実に心地よい。


IMG_6672.jpg
ばちこと菜の花
軽く炙ったばちこの塩味と菜の花の春らしい苦味がまさに大人の味わい。


IMG_6673.jpg
鯛の胡麻和えの飯蒸し
早くも供された鯛の胡麻和え。あまり胡麻は好きではないのですが、実に美味しい。濃厚なれども素材の味わいを活かすようで、鯛の旨味をグッと底上げするかのよう。穂紫蘇の爽やかさもこの季節にいい。


IMG_6675.jpg
うすい豆
ホクホクと豆の甘味を味わうと、後から出汁の味わいが追いかけてくるかのような料理。決して映えることない料理ですが、しみじみと美味しい。


IMG_6676.jpg
蛍烏賊の沖漬け
口にすると柚子の香りがふわっとして、蛍烏賊の旨味がジワジワと溢れてきます。塩辛いのではなく旨味が強い、こんな美味しい沖漬けは初めて。


IMG_6679_202104100412566e8.jpg
海鼠の共和え
この海鼠の柔らかいこと。スパッと歯切れて、酢の酸味の後に海鼠腸の旨味がグッときます。なんともお酒のすすむ禁断の味わい。


IMG_6682.jpg
白魚とタラの芽とコシアブラの天麩羅
サクサクとした白魚の旨味、ホクホクとしたタラの芽の甘味、パリパリとしたコシアブラの苦味。春はここにありました。


IMG_6684_202104100409568fd.jpg
牛肉と花山椒のしゃぶしゃぶ
きっとこの時期だからあるだろうなと思っていた花山椒。牛肉を出汁でしゃぶしゃぶしてから、花山椒を盛られます。牛肉の旨味と花山椒の風味が同時に口いっぱいに広がり、甘味も感じる出汁も実に美味しい。


IMG_6685_20210410040957a98.jpg
真鯛のお造り
この時期の真鯛は桜鯛。部位を変えた2種の切り身は歯を跳ね返すようなブリンブリンとした食感、その後から溢れ出す旨味と甘味が素晴らしい。


IMG_6687.jpg
鮎魚女のお椀
葛打ちされた鮎魚女はトロリと舌の上でとろけ、昆布の旨味を確りと感じる吸い地の中で木の芽の香りと梅肉の酸味が軽やかなアクセントとなっています。いつもながらに美味しく、ボリューミーなお椀。


IMG_6689_20210410041258c7e.jpg
焼き筍♡♡
炭の上にあるアルミホイルに包まれた物体…きっと筍だと思っていました。京都産の筍を木の芽香る味噌と共に。口に入れると木の芽の香りが華やぎ、筍の旨味と甘味が怒涛の如く押し寄せます。この季節ならではの素晴らしい味わい。


IMG_6690_20210410041259871.jpg
鰆の甘酢餡掛け
決してご飯に合うのではなく、これだけでしっくりとくる味わい。鰆はトロリととろけるような食感で、甘酢餡の味わいの後に確りと主張してくる鰆の旨味が印象的。


IMG_6692_202104100413001c9.jpg
筍と鯛の子と蕗の焚き合わせ
蓋を開けると、まさに春の香り。鯛の子の旨味、筍の甘味、蕗の野生味が身体の奥に刻まれた日本人のDNAを呼び起こすかのよう。


IMG_6693_202104100413012b5.jpg
〆ご飯①筍ご飯
やはり最初のご飯はコレでしょう。言葉はいらない。筍の甘味、迸る味わい。


IMG_6694_2021041004130360a.jpg
〆ご飯②生海苔の佃煮
何故に日常で生海苔の佃煮を食べないのだろうと後悔するほどに美味しい。


IMG_6695_20210410041305633.jpg
〆ご飯③ちりめん山椒
一陣の風が吹くような実山椒の爽やかさがたまりません。


IMG_6696_2021041004130639a.jpg
〆ご飯④黄身の醤油漬け
前回は『いくらご飯』があったので食べられなかった黄身の醤油漬け。やはり美味しい♡


IMG_6697_20210410041307915.jpg
〆ご飯⑤牛肉の時雨煮
甘辛というのは、実に美味しい。ご飯がいくらあっても足りません。


IMG_6698_20210410041309569.jpg
〆ご飯⑥桜海老の天ばら
ご飯はモチモチとして、桜海老はサクサクとして香りが華やぎます。


IMG_6699_20210410041311f3c.jpg
〆ご飯⑦穴子ご飯
初の〆ご飯。甘く炊かれた穴子が実にご飯とよく合います。


IMG_6700_20210410041312e07.jpg
〆ご飯おかわり
筍ご飯。少し冷めたので、味が落ち着いた感じ。美味しいものは冷めても美味しい!


IMG_6702_20210410041314477.jpg
出来立てわらび餅
モチモチな出来立てわらび餅。

今夜の料理を振り返ってみると、やはり春から初夏に移り変わる時期の食材が多くみられ、四季を感じられる日本料理の素晴らしさを実感できました。私は和食だと鮨が多くなってしまうのですが、煮物や揚げ物や椀物などを味わえる日本料理は実にいいですね。東京の日本料理店の多くは予約困難店となってしまっているので機会があれば、通えるようなお店と出逢いたいと常々思っています。

IMG_6671.jpg

今夜も沁みるような美味しさをありがとうございました。次回は夏。鮎が私を待っています。

日本橋人形町 川田
東京都中央区日本橋人形町1-5-5 芳町ビルB1
03-6667-0329
割烹・小料理 / 人形町駅水天宮前駅茅場町駅

夜総合点★★★★ 4.8



食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
スポンサーサイト



この記事のURL | たまに行くなら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<nao.の珠玉のスイーツ「古都華園」-堀内果実園 ソラマチ店- | メイン | nao.の最高のランチ「銀座 大石 #5」>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://lovehappydays.blog54.fc2.com/tb.php/2515-9a01ba19
| メイン |