FC2ブログ
nao.のたまに行くならこんな店「てんぷら 深町」
- 2020/09/23(Wed) -
IMG_2859_202008170138099c4.jpg

某店に予約電話をすること小一時間…やっとかかっても希望する日が取れなかったので、新規開拓しようと思って電話はしたのが、京橋にある江戸前の天麩羅店「てんぷら 深町」。天麩羅の経験値が乏しいので、そろそろ王道なお店を訪れてみようと電話したのですが、あっさりと繋がって予約できたのはラッキーなのでしょうか?予約の困難さがいまいち分かりません。
店主の深町 正男さんは東京・御茶ノ水にある「山の上ホテル」で研鑽を積み、「職人に定年はない」と52歳という年齢で独立開業した生粋の天麩羅職人です。

IMG_2861.jpg

京橋の細い路地にひっそりと佇み、暖簾に書かれた山の上ホテルの社長の「てんぷら 深町」という文字が風でひらひらと揺れています。ガラリと戸を開けると、厨房を囲うようにカウンター席が10席とテーブル席が2卓あり、明るく綺麗な店内。名前を告げると、揚げ場の真前に座らせていただきました。ランチタイムだからなのか、深町さんはフォローという形で立っておられ、揚げてらっしゃるのはマスクではっきりとしませんが、一真さんか純央さんのどちらか。今回訪れたランチでは8000円・10000円・13000円のコースがあり、差としては〆ご飯が天丼・天茶・天ばらになるのか、名物の『生うに』の有無みたい。とりあえずは名物も食べてみたいので、13000円コースを注文です。


今回のNO.3

IMG_2860.jpg
先付
汲み上げ湯葉を山葵醬油で。


IMG_2862.jpg
車海老の足
定番のスターター。程よく脱水されており、小気味よいパリパリ感と香ばしさ。


IMG_2864.jpg
車海老①
軽やかな薄衣を纏っていて、実に好み。最初は塩を勧められます。甘味を引き出すような丸みのある塩です。


IMG_2865.jpg
車海老②
2本目は天つゆか塩をお好みでと勧められました。鰹と昆布で出汁を取ったものに味醂と醤油を加えた天つゆはキリリとした味わいで、これも好み。


IMG_2867.jpg
新銀杏
柔らかくホクホクとして、口の中で広がる銀杏の甘味が凄い。


IMG_2868.jpg
ホワイトコーン
北海道産。夏はやはりトウモロコシが鉄板の美味しさ。軽やかな衣に激烈な甘味が素晴らしい。


IMG_2869.jpg

江戸前の鱚。やはりこの魚は天麩羅でこそ、真価を発揮する気がします。高温と低温の油でじっくりと揚げられることで、衣はカリッと身はふわっとしていて美味しい。


IMG_2870.jpg
生うに
利尻産の馬糞海胆と奥尻産の北紫海胆を大葉で包んで揚げている「てんぷら 深町」の名物。コレだけで3000円がプラスされますが、想像以上に量があるので金額に伴った納得感があります。ただやはり火を入れるので、海胆の香りや甘味が生よりは感じられません。絶対に食べなくてもいいかも?


IMG_2871.jpg
蓮根
サクッとした後にホクホクとした食感が楽しめ、ふわりと立ち込める香りも美味しい。


IMG_2872.jpg
メゴチ
愛知県産。何とも身がぎっしりとしたメゴチで、香りも素晴らしい。メゴチというと軽いというイメージでしたが、こんなにもマッチョな身が詰まったものは初めてかも。


IMG_2873.jpg
根生姜
爽やかさが駆け抜けていくような味わい。


IMG_2874.jpg
泥障烏賊(追加)♡
実は天麩羅の中で烏賊がかなり好き。今の時期だと新烏賊もあるでしょうが、厚みのある泥障烏賊のねっとりとした甘味はたまらない。


IMG_2875.jpg
グリーンアスパラガス
山形県産。穂先は塩とレモン、根元は天つゆで。素晴らしい瑞々しさと青々しい香りも良くて美味しい。


IMG_2876.jpg
稚鮎(追加)♡
時期の鮎は咀嚼すると、ほろ苦さと香りがぶわーっと広がります。追加して正解の種でした。


IMG_2878.jpg
穴子
半分は塩、もう半分は天つゆを勧められます。尻尾の方を塩で食べるとホクホクとした感じで、腹の部位を天つゆに潜らせて食べるととろけるよう。どちらも美味しいですが、天つゆの方が好きかな。


IMG_2879_20200817014309032.jpg
天丼
〆ご飯は天丼・天茶・天ばらから選べる中で、天丼を。大きくぶつに切られた才巻と小柱のみという粋なかき揚げを使った天丼です。意外とたっぷりと丼つゆをかけられますが、想像よりもしょっぱいことはなくて、丁度いい。

IMG_2863.jpg

名店とは知っていましたが、想像以上に好みの天麩羅でした。唯一通っている?某店の方が好みという種もありましたが、予約の取りやすさを考えるとこちらの方がいいのかな?と考えてしまいます。ランチタイムでもディナーメニューを対応してくださるそうですが、追加もできることから10000円(NO.2)コースにして食べたい種を追加という形の方が私にはいいかも。とりあえずは季節を変えて、もう一度。17360

てんぷら 深町
東京都中央区京橋2-5-2
03-5250-8777
天ぷら / 京橋駅宝町駅銀座一丁目駅

昼総合点★★★★ 4.6



食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
スポンサーサイト



この記事のURL | たまに行くなら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<nao.の魂の一串「地葉はなれ #11」 | メイン | nao.のたまに行くならこんな店「SALONE TOKYO」>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://lovehappydays.blog54.fc2.com/tb.php/2469-12198b6e
| メイン |