FC2ブログ
2020 02 ≪  03月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2020 04
nao.の極上の鮨「鮨 竜介 #19」
- 2020/02/13(Thu) -
IMG_9706.jpg

新年になったので、通わせていただいてる鮨店へ挨拶も兼ねて、ゆっくりと再訪していきます。今夜は銀座にある「鮨 竜介」へ。肴はトリュフやクリームコロッケなどの鮨店ではあまり見ない料理で遊び心を出し、握りは種によって赤酢と白酢のシャリを使い分ける王道のそのものというギャップ萌えのある鮨店です。親方は「久兵衛」で長年研鑽を積まれた山根 竜介さん。リズムを刻むような握りの所作は流れるようで実に美しく、そして人柄も面白い。

本日の献立

IMG_9616.jpg
ずわい蟹と芹
ずわい蟹の甘味と芹のシャクシャクとした食感が小気味良い。


IMG_9617.jpg
鮃 トリュフ
遊び心のある肴のスペシャリテ。グレーターで黒トリュフを削ると、トリュフの香りが店内に広がります。黒トリュフを鮃で巻くようにして周りにあるトリュフ塩をつけて食べれば、モチモチとした鮃の食感と共にトリュフの香りが鼻から抜けていきます。


IMG_9620.jpg
イワシクジラの尾の身
今夜も用意して下さったのは、まるで肉のようなクジラの尾の身。究極のトロトロ食感で、食べた瞬間に体温で溶けていきます。


IMG_9623.jpg
白子ご飯
炙った河豚の白子をシャリの上に乗せて、混ぜ混ぜしていただきます。赤酢シャリの酸味がこの白子の純粋無垢な甘味にいいアクセントを与えていて、素晴らしい味わい。


IMG_9624.jpg
唐墨
自家製唐墨を炙って。お酒がすすみます。


IMG_9625.jpg
鰤大根
知ってる甘辛いものではなく、肴としての出汁と柚子香る鰤大根。なるほど、こういうのもありですね。


IMG_9626.jpg
炙り〆鯖
皮目を軽く炙ることで、金色に輝く〆鯖になります。この厚み、この脂、この旨味。ヤバい!


IMG_9627.jpg
蟹クリームコロッケ
きっと蟹なんだろうなぁと言ったら、親方に叱られましたww 熱いの割って食べたいところですが、火傷覚悟で一口をオススメします。塩をちょっとつけると、甘味が更にハッキリとします。


IMG_9628.jpg
白川昆布〆
昆布はふんわりと香る程度で、程よい脱水加減。甘味もあり、脂もある素晴らしい白川。


IMG_9629.jpg
墨烏賊
極上のサクサク感。墨烏賊の甘味を引き出す塩でいただきます。


IMG_9630.jpg
赤身
今夜は宮城県気仙沼産の50キロのもの。食べた瞬間から鮪の香りがぶわっとして、鼻から抜けます。そして、食べ終えても尚続く余韻の長い香りが最高です。


IMG_9631.jpg
中トロ
同じ魚体。香りは赤身ほどに華やぎませんが、口溶けと味わいの濃さは素晴らしい。


IMG_9632.jpg
大トロ
まるで鮪のジュースが乗ってるみたい。液体です、コレは。濃厚でありながらも、後味はさらりとして美味しい。


IMG_9634.jpg
小鰭
シャリとの間に芝海老のおぼろを入れるクラシックな仕立て。このおぼろの甘味のアクセントが実に素晴らしく、響きます。


IMG_9637.jpg

IMG_9638.jpg
北紫海胆
今夜は山根親方がお好きな吉岡産の北紫海胆のスペシャル品。口に入れると、瞬時に固体から液体に変わるよう。でも決して水っぽくなく、甘味はあまりなく濃厚な味わい。


IMG_9639.jpg
小柱
香りと食感もあり、海苔の香りと共に華やぎます。


IMG_9640.jpg

ヘタな鮪を食べるならば、鰯の方が絶対に美味しい。鮪に匹敵するような口溶けに素晴らしい香りが鼻から抜けます。


IMG_9641.jpg
赤貝(追加)♡
最近見かけるようになってきたヒモも一緒に握る仕立て。丸々1個の赤貝を使うこの贅沢さは最高の味わい。香りや食感、全てが口の中で響き合います。


IMG_9642.jpg
車海老
半生に茹でられた車海老。最大限に引き出されていた甘味がシャリの塩気でより際立ちます。


IMG_9643.jpg
椀物
定番のアオサの味噌汁。


IMG_9644.jpg
穴子
デフォルトだと一貫を半分に切って塩と煮つめの2種で供されますが…私は丸々一貫で食べたいし、煮つめの方が好きなのでこんな感じにしていただいています。舌に絡みつくようにとろける穴子は、いつも素晴らしい。


IMG_9646_20200120032033024.jpg
鉄火巻き♡♡
今夜も赤身・中トロ・大トロを全て巻き込んだ鮪全部巻きの鉄火巻き。海胆と同様に悲鳴にも似た歓声のあがる逸品です。味わいは…お分かりでしょう?海胆といいこの鉄火巻きといい、やはり夜の「鮨 竜介」のCPは素晴らしい!


IMG_9647_20200120032036d64.jpg
皮剥(追加)
ガラスのような身から透けて見える浅葱がとても綺麗で、上に乗せられた肝の旨味が美味しさを加速させます。


IMG_9648_20200120032038097.jpg
尾の身(追加)♡
肴で供された時に握れるのかを聞いたら、できるとのことで握っていただきました。香りはさほどないながらも、今夜のどの種よりも瞬時になくなる口溶けの速さ。やはり魚よりも融点が低いのかもしれません。凄い。


IMG_9649_202001200320388d3.jpg
〆鯖(追加)♡
口溶けを考慮して薄切りを数枚重ねて握る仕立て。肴でも握りでも、鯖は侮れません。


IMG_9650_202001200320406f5.jpg

カステラのようなフワフワとして、魚の味わいがする鮨店らしい玉です。

「鮨 竜介」は昼も営業しており、かなりリーズナブルな価格設定です。私も当初は昼鮨を楽しんでいましたが、やはり食べたいのが粒の大きな海胆の握り。近年、海胆の値段は青天井で高くなっているので、一貫で驚くほどの値段です。それが夜のおまかせコースだとデフォルトで組み込まれていて、更には鮪を全部使った鉄火巻きもあり、「鮨 竜介」に関しては絶対に夜に行くべき鮨店だと思います。

IMG_9633.jpg

今回も実に美味しかったです。今年もどうぞ宜しくお願いします。39600

鮨 竜介
東京都中央区銀座7-3-13 銀座第四金井ビル B1
03-3572-1530
寿司 / 銀座駅内幸町駅新橋駅

夜総合点★★★★ 4.9



食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
スポンサーサイト



この記事のURL | 極上の鮨 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<nao.の魂の一串「地葉はなれ #7」 | メイン | nao.の最高のランチ「銀座 大石 #3」>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://lovehappydays.blog54.fc2.com/tb.php/2336-075e466f
| メイン |