FC2ブログ
nao.の極みの一杯「鴨コンフィ麺」-らーめん 鴨 to 葱-
- 2019/05/11(Sat) -
IMG_5236.jpg

山手線の新橋〜上野あたりで、美味しい変わったラーメンが食べたいと思って探していると、御徒町『鴨』を使ったラーメンを見つけたので行ってみることに。

IMG_5241.jpg

御徒町駅北口から商店街を歩いていると、ちょした人集りがあったので、すぐに分かったラーメン店「らーめん 鴨 to 葱」。2017年にオープンした比較的に新しいお店でネットの評判も良くて、休日でも行列が絶えないらしい。私が到着したのは土曜日の15時くらいでしたが、約15人くらいの人が列を作っていたので、ネット情報は間違いないみたい。

IMG_5239.jpg

IMG_5240.jpg

このお店で提供しているのは、その名の通り『鴨』を使ったラーメンで、店頭に置いてある説明文には「鴨・葱・水」のみで作っているとのこと。メニューは『鴨らーめん』『鴨コンフィ麺』『鴨ワンタン麺』『鴨汁つけそば』の4種があり、ご飯物としては『トロたくちらし』と『小親子丼』があります。その中で、私が選んだのはいわゆるチャーシュー麺に相当する『鴨コンフィ麺』

IMG_5245.jpg

IMG_5246.jpg

店頭の券売機で食券を買ってから並ぶシステムで、グループ客もいる中でもだいたい15分待ちくらいで入店できました。比較的に回転は早いみたい。並んでいる間に、食券の回収と上に乗せる「季節の葱」を聞きにきてくれるので、入店してさほど待つことなく提供されます。柚子胡椒・自家製香り七味が置いてあるカウンターは、なんと畳張りという珍しい造り。

IMG_5247.jpg

供された『鴨コンフィ麺』がコレです。2月の「季節の葱」は、丸太葱・九条ねぎ・アーリーレッド(玉ねぎ)の中から2種類を選ぶことができます。私は無難なとこで、丸太葱と九条ねぎにしてみました。「見た目が美しいラーメンは、美味しい」というのが私の持論なので、コレはきっと美味しいはず。
鴨スープは優しい味わいながらも滋味深くあっさりとし、鶏とはやはり風味が違います。全粒粉の細麺はプツプツと心地よい歯切れを楽しめ、啜るのが楽しい。インスタ映えしそうなロゼ色の鴨肉は柔らかくてジューシーですが、個人的にはもう少し厚みがあった方が存在感が増して嬉しいところ。見た目同様に味わいも綺麗なラーメンといった感じでしょうか。鴨だけでなく、違う食材のスープを合わせれば、更に奥深い味わいになりそうですが、「鴨・水・葱」というコンセプトは潔いと思います。

らーめん 鴨 to 葱
東京都台東区上野6-4-15
ラーメン / 御徒町駅上野御徒町駅上野広小路駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7



食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
スポンサーサイト
この記事のURL | 極みの一杯 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<nao.のたまに行くならこんな店「誇味山 #2」 | メイン | nao.の最高のランチ「La Clairirere #6」>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://lovehappydays.blog54.fc2.com/tb.php/2227-33f63890
| メイン |