nao.の珠玉のスイーツ『夏いちご埜庵』-埜庵-
- 2017/07/22(Sat) -
一年中、『かき氷』を提供しているかき氷専門店には、やはり夏に行きたくなります。おそらく、味わい的には氷の溶けない冬が1番なのだと思いますが、太陽が!身体が!かき氷を欲している今の季節が1番似合うと思うのです。かき氷専門店といって、パッと思いつくのは3軒ほどありますが、1番再訪したいお店は鵠沼海岸にある「埜庵」です。3年前に一度訪れており、衝撃的な美味しさと凄まじい行列が非常に印象的なお店でした。

FullSizeRender 66

今年初の夏日となった当日。まさに理想的なかき氷日和で、開店は11時だそうですが、きっとこの時間ならばと思う時間に着くように出発。3年前と変わらない外観と確実に1回転目に入店できる順番でホッとしていると、30分もしないうちに大行列になってました。
かき氷専門店なので、勿論メニューはかき氷だけなのですが、定番から限定までかなりのフレーバーがあるので目移りします。『パイナップル』や『ベリーベリー』にも心惹かれながらも、今回は『夏いちご埜庵』にしました。ちなみに『夏いちごみるく埜庵』というものもあり、その違いはというと、『~みるく』だと氷全体に練乳がかけられていて、後からいちごシロップをかけるスタイル。で、私が注文したのは、いちごシロップがかけられていて、別皿で練乳が付いてくるスタイルです。練乳も普通の練乳・ヨーグルト練乳・ココナッツ練乳の3種から選ぶことができ、私は普通の練乳で。

IMG_8067.jpg

開店時間になると、順番に名前を呼ばれ、1階で会計をして2階に通されます。前回は外だったので、初の2階と、なるわけですが、内観も普通の家という感じで、混んでいなければまったりとできる雰囲気です。テラス席が空いていたので、太陽と一緒にいただきましょう。

IMG_8078.jpg

言わずもがな、かき氷の命である氷は日光の「三ツ星氷室」の天然氷を使い、ふわりと削り盛られており、選んだフレーバーは夏に旬を迎えるいちご(契約者が自由に名前をつけられることから『埜庵』というらしい)を使っているので、鮮烈なフレッシュ感があって、とても美味しい。そこに練乳をかけて食べると、幸せのメロディが流れるかのようです。

ホントはもう一つ食べたかったけど、待っている方も大勢いるので、次回の楽しみに取っておきましょう。

埜庵
神奈川県藤沢市鵠沼海岸3-5-11
0466-33-2500
かき氷 / 鵠沼海岸駅

昼総合点★★★☆☆ 3.9



ブログランキング参加中です愛のクリック、お願いしまーす


食べログ グルメブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ
スポンサーサイト
この記事のURL | 珠玉のスイーツ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<nao.のたまに行くならこんな店「うなぎ亭 友栄」 | メイン | nao.のたまに行くならこんな店「北島亭」>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://lovehappydays.blog54.fc2.com/tb.php/1995-a853b805
| メイン |