nao.の魂の一串「鳥かど」
- 2017/01/27(Fri) -
その若き店主の背中は語る。某作品の言葉を借りるならば、

戦いには理由がいる だがそれが理想であってはならない。
理想の為に戦うのなら、救えるのは理想だけだ。

photo1_20170122182145c1c.jpg

目黒の名店「鳥しき」が10年目にして、ついに分店をオープンさせると池川大将から聞いたのは12月の中ぐらい。早速、予約して訪問です。立地は同じ目黒で、「鳥しき」とは逆方向に歩き、権太坂商店街を抜け、目黒川を超えたビルの地下にひっそりと構えています。

「鳥かど」

「新しい門出」を意味する"かど"には、才能や一族などの意味もあり、池川大将の色々な思いが感じられます。外には看板もなく、階下に小さな表札があります。重い黒い戸を開くと、漆黒の壁とスポットライトに浮かびあがるコの字カウンター、藍色の暖簾に家紋が映える。カウンターには受け皿・薬味・串入れのみで、ショーケースやあのメニュー板や飲み物メニューすら置いていません。余計なものを排除した洗練された店内です。

本店の「鳥しき」に比べると、座席数はさほど変わりませんが、調理場がかなり広い。3倍くらいありそう。スタッフは4名で、焼き場は一つなので、一人で黙々と焼くスタイル。「鳥しき」と同じく、お任せ・お好みのストップ宣言システムです。

この分店を任されているのが、ガタイのいい少々強面の小野田 幸平さん。かなりお若い方です。池川大将が言うには、「nao.さんもご存じだと思います。小野田も知ってますから」と言われていたのですが…うーん…(@_@)

内臓多めのお好みでスタート。ただ本店にあったような『背肝』『ちょうちん』などはまだないそうで、追い追い本店と変わらないような感じになるようです。
ワガママ言って、ごめんなさい。


実食


photo2_20170122182147f09.jpg
お通し
お漬物と生野菜(菜の花、ラデッシュ、芽キャベツ、チコリー)をもろ味噌で。


photo3_201701221821491a4.jpg
さび焼き
鮮烈な山葵の香り。火入れは少々入れすぎか?


photo4_20170122182150c07.jpg
かしわ
伊達鶏の旨味と脂をぎゅっと閉じ込めた感じ。美味しい。


photo5_20170122182151898.jpg
砂肝
素晴らしい食感。口の中で、噛むたびに踊る感じがします。


photo6_20170122182324ca3.jpg
首の皮
表面はパリッと、モチモチとした食感。


photo7_20170122182326162.jpg
ポテトサラダ
暖かいポテトサラダで、下には鶏そぼろが忍ばせています。これは「鳥かど」スタイル。いいですね♪


photo8_2017012218232808b.jpg
白玉
「鳥しき」と同じ半熟。


photo9_20170122182329188.jpg
オクラ


photo1_20170122182517f44.jpg
血肝
本店「鳥しき」の看板とも言うべき一串。遜色ないとろけ具合。


photo2_20170122182519d76.jpg
丸はつ ♡♡
美味しい。火入れが神がかってきた!


photo3_20170122182521380.jpg
銀杏


photo4_201701221825220a1.jpg
レバーパテ
「鳥かど」メニュー。いいアテです。


photo5_201701221825236e0.jpg
食道 ♡♡
絶妙。シャコシャコした食感の中で、とろける脂。美味しい。


photo6_20170122182702e56.jpg
手羽皮
厚みのある皮は食べ応えがあり、火に当たっている部分はパリッと、中心はとろける脂。


photo7_20170122182705bae.jpg
はつもと ♡♡♡
コレは今夜の1番かも。歯を跳ね返すような弾力、噛み締めると溢れる肉汁。素晴らしい。


photo8_20170122182706343.jpg
せせり


photo9_20170122182707217.jpg
よだれ鶏
こんな料理まで!


photo1_20170122182839b2b.jpg
はらみ
歯が肉に入ると、瞬間とろける。


photo2_20170122182841d8d.jpg
手羽先


photo3_201701221828424cd.jpg
つくね


photo4_201701221828442a2.jpg
そり


photo5_20170122182845d27.jpg
親子丼
本店と変わらぬ美味しさ。


photo6_20170122182933b05.jpg
鳥スープ
コレは上品を通り越して、薄い。薄すぎる。


全体的なオペレーションはまだまだ感があり、それは時間が経つにつれて、疲れとともに多く見られるようになりました。まだオープンして1ヶ月も経っていないので、仕方がないかな。
料理に関しては、分店を名乗るだけあり、部位によっては遜色ない味わいで、美味しい。串の合間に供される小皿はなかなか面白く、焼鳥店という概念をいい意味で変えてくれます。
まだ2つの個室解放やお弁当などのテイクアウト、本店と変わらぬ串の種類と課題は山積みで、お若い小野田さんの双肩には多大なるプレッシャーがあることと思います。その中でも、一歩一歩確実に名店への階段を登っていく男の背中が、実にカッコよく思えた夜でした。

ご馳走様でした。また宜しくお願い致します。

鳥かど
東京都目黒区目黒2-8-7 鈴木ビル B1F
050-2018-3417
焼き鳥 / 目黒駅不動前駅

夜総合点★★★★ 4.5



ブログランキング参加中です愛のクリック、お願いしまーす


食べログ グルメブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ
スポンサーサイト
この記事のURL | 魂の一串 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<nao.の至福のカフェバーメシ『フルーツサンド』-Café de Ropé GINZA- | メイン | nao.の極上の鮨「鮨 いちかわ」>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://lovehappydays.blog54.fc2.com/tb.php/1935-b43b8cba
| メイン |