nao.のたまに行くならこんな店「うなぎ亭 友栄」
- 2017/07/25(Tue) -
真夏になる前に、アレを食べておこうと思い、とあるお店に電話。

「…ええ。1人なので、1匹で。あと肝もお願いします。なるべく早く行きますので」

IMG_8148.jpg

当日。
まだ日差しが優しい中、西湘バイパスを走らせてやってきました「うなぎ亭 友栄」です。このお店で使用している鰻は、貴重な「アオ」と呼ばれる「青うなぎ」だそうで、某口コミサイトやミシュランでも高評価を得ていて、気になっていたお店の一つです。また数ヶ月前からの予約は不要で、席の予約はできないにしても鰻の取り置きができるので、思い立ったら行けるところも重要なポイントです。
開店は11時なのですが、10:30くらいから案内を始めるそうで、早めに到着してみると…あっという間に店前の駐車場は埋まってしまいました。あとお店に到着したら、「I'm here !」とお店の方に伝えておくことを忘れずに。

実食

IMG_8147.jpg
『青うなぎ 割きたてのきも』
タレとわさび醤油の2種があるのですが、今回はタレで。まずは、そのまま食べてみる。濃厚な甘辛タレの中で、確りとした肝の食感。こ、これは美味しい!更にタレには卵黄が添えられており、これを絡めて食べると、悶絶クラスの美味しさです。


FullSizeRender 67
『上うな重』
うな重には、3つの喜びがある。それは「待つ喜び」「開ける喜び」、そして「食べる喜び」。
朱の蓋を開けることが、こんなにも嬉しいことがあったでしょうか?開けると、ご飯が見えないくらいに鰻が重なって敷き詰められており、その鰻の厚いこと厚いこと。さて、食べてみる。

IMG_8047 2

!!!

IMG_8149.jpg

関東風なので、確かに柔らかい。ですが、ちゃんと魚の食感があり、「ああ、鰻を食べているぅ」という実感が湧いてきます。そして、タレの味。『肝焼き』が濃厚だったので、濃い味なのかな?と思っていましたが、タレは鰻本来の脂や旨みを逃がさないコーティングのような感じ。実に素晴らしく美味しい。この鰻なら、是非『白焼き』も食べてみたい。

お店は綺麗だし、接客も心地いい。そして、何と言ってもCPが素晴らしい。都内では「青うなぎ」をこの味で、この値段で食べることはまずできないしょう。絶対にまた行きたい!食べたい!心からそう思えるお店でした。

うなぎ亭 友栄
神奈川県小田原市風祭122
0465-23-1011
うなぎ / 風祭駅入生田駅

昼総合点★★★★ 4.8



ブログランキング参加中です愛のクリック、お願いしまーす

食べログ グルメブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ
スポンサーサイト
この記事のURL | たまに行くなら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<nao.のたまに行くならこんな店「丸一」 | メイン | nao.の珠玉のスイーツ『夏いちご埜庵』-埜庵->>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://lovehappydays.blog54.fc2.com/tb.php/1934-9df8cd3f
| メイン |