nao.の極上の鮨「すし 乃池」
- 2017/01/21(Sat) -
多くの鮨店で、最後の方に供される種の『穴子』。塩で食べたり、煮つめで食べたりとコッテリとした脂と柔らかな身は、あまり嫌いな方はいないのではないかと思います。そんな『穴子』だけでお腹いっぱいになりたくて、最近は専門店もありますが、やってきました千駄木にある「すし 乃池」です。

photo5_201608212344525cb.jpg

千駄木駅からお店に向かう間、柳の木々がゆらゆらと風になびいて、下町の風情を感じさせます。「すし 乃池」は5分とかからない場所にあり、趣のある木戸を開けると、想像よりも綺麗な店内が現れます。店主の野池 幸三さんはいらっしゃらなかったけど、優しそうな方がカウンターへ案内してくれました。メニューを見るまでもなく、注文は『穴子』が8貫のみで構成されている『名代 穴子すし』です。注文が入ると、奥の厨房で炙った『穴子』が用意され、目の前で握り、寿司下駄に全て盛られて供されます。

photo4_20160821234454916.jpg

実食

殆ど〆の1貫で食べることが多いので、8貫も並ぶと意外と圧巻です。シャリは個性的ではないけれど、穴子は炙ってあるので、香ばしさもあり、身は程よくとろけます。腹の部位や尾の部位もあり、この『名代 穴子すし』で丸々一匹分なのかもしれません。煮つめはベットリとしているので、こんなに食べるとしつこいかも?と思いましたが、見た目よりもスッキリとした味わいなので、穴子好きならばあっという間に完食できるかと。季節によってどのように『穴子』の味わいも変わるのかどうか確かめたいので、寒くなったらまた行きたいと思います。

ご馳走様でした。

すし 乃池
東京都台東区谷中3-2-3
03-3821-3943
寿司 / 千駄木駅日暮里駅根津駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7



ブログランキング参加中です愛のクリック、お願いしまーす


食べログ グルメブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ
スポンサーサイト
この記事のURL | 極上の鮨 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<nao.の極上の鮨「鮨 いちかわ」 | メイン | nao.の大人のバーガー『プレミアムフォワグラバーガー』-JAFFE JOFFER->>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://lovehappydays.blog54.fc2.com/tb.php/1872-6a16e192
| メイン |