nao.のたまに行くならこんな店「Cote d'or」
- 2016/05/01(Sun) -
高校、大学、バイト先には勿論、友達と呼べる人達がいた。けれど社会人になり、仕事や結婚などをきっかけに疎遠となっていく人が殆どで、一緒に何かをする友達はいないのかもしれない。それでも年に1、2回地元でもない私がいる街に遊びに来てくれる友達がいる。今夜はそんな友達とお食事。

photo1-1_20160413152722b13.jpg

白金高輪駅から10分くらい。住宅街のマンションの1階という稀有な立地にあるフレンチレストラン「Cote d'or」。「東京のクラシックなフレンチが食べたい」という友達のリクエストに私が選んだお店です。オーナーシェフの斉須政雄さんが作り出す料理は、変化球などない渾身のストレート的なものと聞いていたので、クラシックフレンチが好みの私もいつか食べに行こうと考えていたお店なのです。

photo2_201604131527238fc.jpg

お店の外には今夜のメニューが貼り出されていて、友達と眺めていると、木の扉が開けられて、にこやかに中へと誘ってくれました。店内は程よく照明を落とし、ムーディーな雰囲気が漂い、ガラス張りの壁からは中庭が見渡せる。きっと昼は明るくて、開放的なんだろうと思います。席に案内され、メニューを見る。基本的にアラカルトオーダーのようですが、昼と夜共にお任せコースがあるそうです。今回はアラカルトで、オーダー。

実食


photo3_20160413152725b61.jpg
『桜海老のトースト』
アミューズ。ふわりと桜海老の香りがして、春らしさを感じます。


photo4_20160413152726d50.jpg
『青森下北産 サクラマスの燻製 紅心大根と共に』
偶然にも友達と一緒。友達曰く「量がおかしい…」というくらいに、前菜としてはかなりのボリュームです。このサクラマス、薄くないんですよ?それぞれが5ミリくらいはあります。
燻製といっても、ふわりと香りを纏わせた程度で、脂をたたえた身はとてもジューシーで美味しい。


photo5_20160413152728598.jpg
『国産牛しっぽの煮込み 赤ワインソース』
私は来る前から、この料理が非常に食べたかった。ストレートな料理ならば、きっと!その想像通りなお皿です。
勿論、テールはナイフを入れるだけでホロリと崩れて、肉汁が滴ります。それでいて脂はしつこくなくて、赤ワインソースもあっさり。付け合わせの人参のピューレと共に食べると、濃厚さが増して味に深みが出て、非常に美味しい。


photo6_20160413152830d46.jpg
友達は『ランド産 鳩のロースト』。丸々一羽かな?「ホントに量がおかしい…」と言いながら、食べておりました(笑)


photo7_201604131528315dd.jpg
『甘夏のスフレ』
ホントは『イチゴのスープ』を飲んでみたかったのだけど、なかったので。2人前からのオーダーだそうで、1人で来たら食べられないと思い、友達と一緒にオーダー。
口の中で淡雪の如く消える食感を楽しむと、「ホント、甘夏だ」と口を揃えて言った程に、しっかりとした味が残ります。

サービスは付かず離れずの心地よい感じで、聞けば何でも答えてくれる和やかな雰囲気が店内にはあります。お客さんもドレスアップしている方やシャツ一枚というラフな感じの方もいらして、いい意味でこの土地に溶け込んでいるといった印象を受けました。
料理は申し分なく美味しいし、私好み。次回は秋か初冬にふらりと寄って、ストレートな美味しさに浸りたいと思います。

Cote d'or
東京都港区三田5-2-18 三田ハウス 1F
03-3455-5145
フレンチ / 白金高輪駅三田駅田町駅

夜総合点★★★★ 4.9



ブログランキング参加中です愛のクリック、お願いしまーす


食べログ グルメブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ
スポンサーサイト
この記事のURL | たまに行くなら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<nao.の誘惑のカレー「テラ盛りビーフ角切りカレー」-秋葉原カレー専門店 BENGAL- | メイン | nao.の大人のバーガー『スナップガーリックバーガー』-JAFFE JOFFER->>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://lovehappydays.blog54.fc2.com/tb.php/1823-dd0d3833
| メイン |