nao.の極上の鮨「くろ崎」
- 2016/03/18(Fri) -
photo1_20160306233828564.jpg

「静かな場所で、ここに来るまでの間も意識したかった」

そう、若き親方は笑顔で仰った。

今回、訪れたのは「渋谷」。2015年の2月にオープンして、この鮨の不毛地帯とも呼べる街で、本物の鮨を提供している「くろ崎」です。親方は黒崎一希さん、30代半ばの爽やかな好青年と呼べる方です。
店内は京都の裏路地を意識したという黒を基調とするシックな感じで、LEDに照らされた白木のカウンターと板場は同じ高さになっており、親方の所作も間近で見ることができ、臨場感もあります。親方から来店のお挨拶と好みの有無、つまみと握りを交互に提供する旨を聞き、スタートです。

photo2_20160306233658d1f.jpg
船橋産 蛤と九州産 筍
蛤はかなり大きめですが、程よく柔らか。筍が春の訪れを感じさせます。


photo3_201603062336595c9.jpg
天草産 鯛と福岡産 石鯛


photo4_201603062337005e4.jpg
今治産 赤貝
かなりの肉厚で、香りも十分。


photo5_2016030623370205e.jpg
津軽海峡産 桜鱒
桜の葉でしめているそうで、口に入れるとフワリと桜の香りがします。脂も濃厚で、美味しい。


photo6_20160306233703312.jpg
宮城産 皮剥
酒塩でしめた肝と浅葱を挟んで、握っています。


photo7_20160306233830a2c.jpg
天草産 小鰭


photo8_20160306233832585.jpg
小柴産 太刀魚の酒蒸し


photo9_20160306233833683.jpg
気仙沼産 赤身


photo1_201603062340125ab.jpg
気仙沼産 中トロ
鮪は1番初めに切りつけ、常温に戻してから握っているので、口溶けもいい。


photo2_20160306234014448.jpg
噴火湾産 毛蟹のととろ蒸し
小さな器ですが、蟹がたっぷりと入っています。出汁も美味しい。


photo3_2016030623401661e.jpg
長崎産 車海老
レアな火入れなので、甘さも映えます。


photo4_20160306234017fb8.jpg
愛知産 鳥貝
初物の生鳥貝。握る際にまな板に叩きつけることで、身がうねります。広島の塩を少しつけて。


photo5_20160306234019790.jpg
琵琶湖産 稚鮎のペースト
初物の稚鮎を山椒と炊いて、全てを裏ごしして、ペーストにしたもの。ほのかな苦味と甘味がお酒を誘います。


photo6_20160306234155ecb.jpg
出雲産 墨烏賊の昆布締め
サクサク感とネットリ感も味わえ、口に入れた瞬間に真昆布の旨みがちゃんとします。


photo7_20160306234156fc8.jpg
虎河豚の白子と羅臼産 馬糞海胆
お客さんが皆盛り上がった一品。当初は、白子のみで握っていたのを進化させたそうです。淡白な白子に海胆の甘さがよく合います。


photo8_201603062341589d0.jpg
車海老の頭焼き
先程食べた車海老の頭。頭を切って、味噌を握りに活かしてなかったので、どうするのかと思っていましたら、こう来ました。


北海道野付産 帆立の磯辺巻き
手渡しだったので、写真はなし。かなりの肉厚な帆立を丸々1個に煮切り醤油を付け、軽く炙った後に海苔を巻いて提供されます。海苔の香りと帆立の甘味が程よく、美味しい。


photo9_201603062341598a3.jpg
鹿児島産 鯵
かなり肉厚に切りつけ、芽ネギを叩いて、生姜の絞り汁を合わせたものを上にちょこんと乗せてあります。


photo1_20160306234334472.jpg
対馬産 穴子
継ぎ足している煮汁でさっと炊き上げたもの。ねっとりと舌に纏わりつきます。


干瓢の手巻き
手渡しの為、写真なし。この干瓢は実に美味しい。甘く炊き上げた干瓢に、山葵の鮮烈な香りが素晴らしい。


photo2_20160306234335b6c.jpg
浅利と蜆の出汁

追加

photo3_20160306234338af9.jpg
今治産 赤貝
「今が1番いいですよ」と親方。赤貝は大好きです♡


photo4_20160306234339a06.jpg
津軽海峡産 桜鱒
つまみで提供された際に「握りでも食べられますか?」と聞き、出していただきました。つまみで美味しいのだから、握りで不味いわけがない。本日の私的な1番です。


photo5_2016030623434025b.jpg


親方の所作や提供時の説明はとても丁寧であり、タネの温度や口溶けをよく計算してらっしゃる。煮切りも淡白なものと濃厚なものとで使い分け、シャリも水に浸す時間を秒単位で管理して炊き上げて、砂糖を使わずに3種の酢をブレンドしているなど、細部にまで拘りを感じられます。素材勝負のタネが多い気がしましたが、新鮮な素材が手に入る現代の鮨として、それもアリかと思います。
しかし気になる点が一つ。よい雰囲気を邪魔しているバイトと思われる女性店員さん。まだ慣れていないようで、親方の動線を乱していることが多々あり、サービスの面ではまだまだ難ありかな。
季節の先駆けの素材を提供されるので江戸前の粋を感じられ、黒崎親方は若いながらも物腰柔らかく、奢りもなく、研究熱心。近々、予約困難になりうるお店だと思います。とりあえず、次回の予約はまだ入れていませんが、夏にどうしても食べたいものがあるので、6〜7月頃に再訪したいと考えています。

黒崎親方、ご丁寧にお名刺までいただき、ありがとうございました。
ご馳走様です。

くろ崎
東京都渋谷区渋谷1-5-9
03-6427-7189
寿司 / 渋谷駅表参道駅明治神宮前駅

夜総合点★★★★ 4.4



ブログランキング参加中です愛のクリック、お願いしまーす


食べログ グルメブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ
スポンサーサイト
この記事のURL | 極上の鮨 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<nao.の極上の鮨「鮨 とかみ #5」 | メイン | nao.の至福のカフェバーメシ『ストリーマーラテ』-STREAMER COFFEE COMPANY->>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://lovehappydays.blog54.fc2.com/tb.php/1806-c9d923fc
| メイン |