nao.のたまに行くならこんな店「おにぎり 浅草宿六」
- 2016/01/21(Thu) -
浅草観音裏の某店に久々に再訪と思っていたら、目的のメニューが売り切れていて、仕方なく言問通りをトボトボと歩く。
photo2-1_20160116211202890.jpg

「さて、何を食べようか?」そんな時、見たことのある店名が目に入りました。

「おにぎり 浅草宿六」

photo4-1_201601162112059c9.jpg

確かここは「東京一古いおにぎり専門店」だったはずと思って、暖簾を潜ります。店内は白木のカウンターと小上がりがあって、壁にはおにぎりの具のメニュー板とカウンターには具が入ったショーケースが置かれ、鮨店さながらの雰囲気です。

photo3-1_20160116211203d25.jpg

女将さんに「何か、飲まれますか?」と聞かれたので、「じゃ、なめこ汁を」。まずは、味噌汁の注文をするようです。ちなみに私が食べたものの他には、『ワカメ』や『しじみ』があります。

日本人のDNAを刺激するかのような赤出汁の味噌汁で、冷えた身体をあたためながら、おにぎりの具を考えます。勿論、定番の具もある中で『福神漬』や『紅生姜』などのあまり見かけないものもあり、気になります。おにぎりの具でここまで悩むとは(笑)
結局、『あみ』『福神漬』にしてみました。

photo6-1_20160116211208e0f.jpg

注文が入ると、女将さんが目の前でご飯を型に入れて、ある程度形にしてから、塩をつけた手で整える感じで握っていきます。そして、ざるに入れて沢庵と共に供されます。
パリッとした海苔の食感と香りを楽しむと、ご飯が口の中でふわりと解けて、具と絡み合います。なるほど、さすがは専門店といったところでしょうか。美味しいです。ちょっとした冒険の『福神漬』も、福神漬=カレーというイメージだったので、それだけを食べることをしなかったのですが、おにぎりの具としても十分に美味しい。

photo5-1_20160116211206e26.jpg

「ご飯だから、何にでも合うのよ」
そう言った女将さんの笑顔がとても素敵でした。また食べに来たいと思います。

おにぎり 浅草宿六
東京都台東区浅草3-9-10
03-3874-1615
おにぎり / 浅草駅(つくばEXP)浅草駅(東武・都営・メトロ)田原町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.6



ブログランキング参加中です愛のクリック、お願いしまーす


食べログ グルメブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ
スポンサーサイト
この記事のURL | たまに行くなら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<nao.のたまに行くならこんな店「かつどん屋 瑞兆」 | メイン | nao.の極上の鮨「鮨 とかみ #4」>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://lovehappydays.blog54.fc2.com/tb.php/1782-2f99227d
| メイン |