nao.のたまに行くならこんな店「TRATTORIA GANZO」
- 2016/01/09(Sat) -
近所に誰が住んでいるのか、はっきりと分からない日常の中で、ネットの繋がりは今や重要な意味を持っています。私も会ったことも話したこともない方とSNSでの交流が多くあり、趣味や情報の共有を楽しんでいる一人です。SNSツールとして、twitterを使うことが多く、ここにはレストランのオーナーやシェフも多くいらっしゃり、お店の情報や個人的なことを呟いています。

約1年前に知人とレストランの話をしていた最中に、割り込んでいた新宿の某レストランのシェフに

「あんな最低の食材を使っているxxxxの料理を旨いと言ってる人は、うちの店に来るな」

と、行ったこともないレストランのシェフに言われたこともあります。まあ、こんなケースは稀だと思いますが、今回訪れたのは、twitterでちょっと会話して、「是非〜」と仰ってくれたシェフのお店、銀座にあるイタリアン「TRATTORIA GANZO」です。

近年の注目されている欧州牛を提供しているお店で、メディアによく掲載されているトラットリアで、シェフは高田晋一さんという無骨で真面目な印象のある方です。店内はカウンター主体といったイメージで、手元は見えませんが、シェフの調理を直に感じられます。メインの肉料理に定評があり、特にフランス産のオーブラック牛を使ったビステッキーナが有名。私の目的も、勿論このオーブラックです。

今回はビステッキーナコースで、楽しみましょう。

photo1_20151210072034afe.jpg
アミューズ 金時人参のスープ
濃厚でありながら、人参のクセもなく、あまり人参が好きでない私も美味しくいただけます。


photo2_20151210072035e18.jpg
前菜 国産牛レバーグリルと豚のテリーヌ
テリーヌは耳やこめかみやタンなどを香草と煮て、冷やし固めたものだそうで、ピクルスペーストと共にいただきます。濃厚でありながら、ピクルスペーストと食べると、爽やかな味わいとなります。食感の異なるところも楽しい。
牛レバーは塩に黒胡椒と、とてもシンプル。クセもなく、程よく口の中でじゅわりととろけます。


photo3_2015121007203649b.jpg
パスタ アルバ産白トリュフとジャガイモのニョッキ バターソース
コースのパスタを変えていただいきました。ニョッキの量に対して、かなりの白トリュフがかけられています。さすがに鮮烈な香りはないけれど、旬の食材は気分が上がります。バターソースは非常に濃厚で、美味しい。パスタ系が美味しいと、嬉しくなります。


photo4_20151210072038897.jpg
口直し グラッパのグラニータ
アルコールは強いけど、甘みがあるので、食べやすい。


photo5_201512100720408c3.jpg
メイン フランス産オーブラック牛サーロインのグリル
これが楽しみで、このお店に訪れる方も多いのではないでしょうか。
供されると、綺麗なロゼ色が目を引きます。素晴らしい火入れ。注文から約1時間くらいかけて、オーブンから焼いては出して休ませを何度も繰り返して、仕上げてらっしゃいます。味付けはどシンプルに、塩と黒胡椒のみ。フォークを指すだけで、肉汁が溢れ、噛めば噛むほどに旨味のジュースが溢れてきます。とろけるような食感の肉よりも、肉を食べているという実感が湧くさっぱりとしたサーロイン。なるほど、美味しい。


photo6_20151210072138c11.jpg
ドルチェ キャラメルジェラート フランジェリコ
フランジェリコというヘーゼルナッツリキュールをかけて、いただきます。

日によって調理、接客をシェフがお一人でやられているみたいなので、サービスに関しては過剰な期待はせずに、大らかな気持ちでいることが無難。ただ提供や料理の説明はちゃんとして下さるので、好感が持てます。料理は片鱗しか味わっていないので、何とも言えませんが、シンプルなガッツリ系というイメージで私好み。そして、銀座でありながら、採算合うのかな?と心配になる程にリーズナブル。今回は初ということで、食べたかったオーブラック牛のコースにしましたが、次回は違った肉料理を是非食べてみたい。

お忙しいのに、お見送りまでして戴き、ありがとうございました。また是非、食べにきます。

TRATTORIA GANZO
東京都中央区銀座6-3-12 数寄屋ビル 2
03-6228-5768
イタリアン / 銀座駅日比谷駅内幸町駅

夜総合点★★★★ 4.0



ブログランキング参加中です愛のクリック、お願いしまーす


食べログ グルメブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ
スポンサーサイト
この記事のURL | たまに行くなら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<nao.のたまに行くならこんな店「SALONE 2007 #13」 | メイン | nao.の極みの一杯『名古屋コーチン 鶏白湯』-中華そば 維新商店->>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://lovehappydays.blog54.fc2.com/tb.php/1773-2c460671
| メイン |