nao.のたまに行くならこんな店「金陵 #2」 

風が冷たくなってきた夕方、中華街。関帝廟通りを歩いていると、店先にまだ焼物が豊富にある…念の為2階で食べれるかと尋ねると、OKとのこと。じゃ、久しぶりに夕飯は「金陵」です。

photo1_201510270808365dc.jpg

1923年創業の広東式の焼物の老舗で、店先には焼豚などが吊るされており、量り売りで買うことは勿論ですが、2階が食堂となっていて、『焼物の盛り合わせ』や『丼』などを食べることができます。『丼』には、12種の中から2種の焼物を選べるものもあり、今回は全ての焼物があるとのことで、『皮付焼豚』『焼きあひる』を選びました。

photo2_20151027080837362.jpg

実食

ご飯が見えないくらいに焼物で覆われており、かなりボリューミーであり、とてもシンプルな丼。ご飯には焼物に使っているタレが少しかけられており、合わないわけがない。『皮付焼豚』は皮目がパリパリとして、肉の部分は脂の甘さがあります。『焼きあひる』は少々骨っぽいですが、身が締まっていて美味しい。
今回は肉系ばかりでしたが、『ハチノス』などのモツ系を選んでもいいかも。遅くなると、焼物がなくなってしまうので、ご注意を。

金陵
横浜市中区山下町132
045-681-2967
広東料理 / 元町・中華街駅石川町駅日本大通り駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7



ブログランキング参加中です愛のクリック、お願いしまーす


食べログ グルメブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment