2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
nao.のたまに行くならこんな店「Osteria Austro #19」
- 2015/12/11(Fri) -
本格的なジビエ猟の解禁の前に、「Osteria Austro」では天然キノコが入荷します。毎年、この時期はなかなか行く機会がなくて、食べ逃していたのですが、たまたま予約していた日に『天然舞茸』が入荷するとメールをいただきました。勿論、取り置きをしてもらって、入店です。

メニューを見ると、ジビエも『青首鴨』『小鴨』『猪』『穴熊』と本格的な到来を感じさせる賑わい。今回の目的食材の『天然舞茸』もアンティパストで2種、プリモ・ピアットで1種ありましたが、竹内シェフがオススメというアンティパストでオーダー。

実食

photo1_2015112308125948d.jpg
『天然舞茸のフリット』
提供されて、驚く。その大きさと肉厚さに。山で見つけたら、舞うように喜ぶことから、舞茸と名付けられたと聞きますが、その気持ちもわかる気がします。ナイフを入れると、キノコからじゅわりと肉汁(?)が溢れ、香りも良く、山の息吹を感じるかのよう。美味しい♡

photo2_20151123081301c97.jpg
『香箱蟹とルッコラのタリオリーニ カニみそ風味』
濃厚な蟹味噌にたっぷりの身と内子・外子も入っています。クセなどもなく、卵のプチプチ感とパスタのモチモチ感も楽しめ、実に美味しい。

photo3_2015112308130356f.jpg
『千倉直送 エボダイのグリル』
魚も食べたいなと思って、オーダーしたのですが…まさかの丸々一匹。エラの部分にニンニクを入れ、ローズマリーなどの香草と焼き上げています。適度な脂もあり、ほろりとほぐれる身質は美味しい。エボダイは干物で馴染みがあり、大好きな魚ですが、生やこのような形でも好みの魚でした。

photo4_20151123081304a9f.jpg
『青首鴨のロースト』
猟が解禁したばかりの『青首鴨』。いつもは丸々一匹を味わえるような内容なのですが、今回は胸肉のみにしてもらいました。フレッシュな身質は、ジビエならではの余分な脂がなく、しっとりとした感じ。これから色々な鴨が入荷するそうなので、楽しみです。

今回は何と言っても『天然舞茸』が、実に美味しかったです。銀座の某店で、『半天然舞茸』を見かけていたのですが食べられず、心残りだったのですが、まさかここで出会えるとは。帰り際、自然の豊かとその恵みについて、ちょっと会話。年明けに入荷するであろうあの食材も楽しみです。

Osteria Austro
横浜市中区北仲通3-34-2 1F
045-212-1465
イタリアン / 馬車道駅日本大通り駅関内駅

夜総合点★★★★ 4.6



ブログランキング参加中ですあなたのクリック、お待ちしております

食べログ グルメブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ
スポンサーサイト
この記事のURL | たまに行くなら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<nao.の神のグラス『Black Velvet』-CASABLANCA 片野酒類販売- | メイン | nao.の神のグラス『Pumpkin Cocktail』-The Bar CASABLANCA->>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://lovehappydays.blog54.fc2.com/tb.php/1734-97fe5426
| メイン |