nao.の魂の一串「鳥さわ」
- 2015/06/21(Sun) -
photo1_201506072252331e9.jpg

駅裏からはホルモンの焼ける匂いがする亀戸駅の喧騒から逃げるような立地にある、黒い壁に白い長暖簾と風鈴の奏でる音色が特徴のどこかで見たことのある焼鳥店に初訪問。店名は「鳥さわ」といい、そうあの目黒の店名「鳥しき」で修行され、その後、鶏の卸問屋で解体を学んだ35歳の若い店主・中澤章さんが開いたお店です。

photo2_20150607225234263.jpg

洋楽の流れる店内は外観と同じように、何処と無く凛とした雰囲気がある一枚板のカウンター8席のみで、目の前には焼き場(見えない)と厨房があり、奥には日本酒などの冷蔵庫があります。ご主人の背には檜のメニュー板があり、お好みでもいいそうですが、内臓多めのお任せで注文です。

本日の献立

photo3_2015060722523663b.jpg
さびやき
スタートは、やはりコレ。すりたての山葵がレアの身によく合います。


photo4_20150607225238c08.jpg
かしわ
「鳥しき」によく似ている。甘さの少ないタレと弾力があり、美味しい。


photo5_20150607225239e55.jpg
血肝
僅かなクセは残るけど、とろける感じは素晴らしい火入れです。


photo6_20150607225334511.jpg
白玉
黄身が固まるか固まらないかのギリギリの感じ。これもとろけます。


photo7_2015060722533518c.jpg
背肝
「レアな内臓あります?」と言ったら、出してくれました。溶けてく中で、プチっと弾ける所が楽しい。


photo8_201506072253379ca.jpg
食道
凄いボリュームのある串で、シャコシャコとした歯応えがたまりません。


photo9_201506072253390d2.jpg
椎茸
椎茸汁溢れる、溢れる。


photo1 2
せせり
これも凄いボリューム。心地よいかみごたえがあり、脂もあります。好きな部位の一つです。


photo2 2
はつもと
ほどよい弾力で、溢れる肉汁。


photo3 2
金針菜
ユリの蕾。中華食材ですが、近年、焼鳥店でも見かけるようになりました。アスパラに似た歯応えで、後味にほんのりとした苦味があります。


photo4 2
合鴨のささみ
素晴らしい火入れ。最初に供されたさびやきに比べて、味が濃くて美味しい。


photo5 2
砂肝
サックサックです。


photo6 2
丸はつ
出てくるとは思わなかった部位。ご主人は小さめだと言いますが、それでもサクッとした歯応えで、弾力の中で肉汁に溺れます。


photo7 2
ちょうちん
これも「鳥しき」によく似てます。素晴らしい味わい。


photo8 2
つくね
焼く前に串入れしています。多めに入れられた軟骨がコリコリとし、刻んだ大葉が爽やかです。


ご主人が食材出しやお客の対応などもしているので大変そうですが、焼きに集中している時の火入れは素晴らしいの一言。コンセプトの違う「鳥しき」の姉妹店である「ガルス」よりも、使っている銘柄鶏も同じこともあり、とても「鳥しき」に似た味わいがあります。逆に言えば、似すぎていて「鳥さわ」らしさを出すのが難しいのだろうなぁと思います。サービスも丁寧で、心地いい。
帰り際に「予約は月初ですか?」と聞いてみると、「うちは人気店ではないので、空いていますよ」と謙遜してらっしゃいましたが、予約が取れなくなる必至だと思います。

鳥さわ
東京都江東区亀戸2-24-13
03-3682-6473
焼き鳥 / 亀戸駅錦糸町駅亀戸水神駅

夜総合点★★★★ 4.5



ブログランキング参加中です愛のクリック、お願いしまーす


食べログ グルメブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ
スポンサーサイト
この記事のURL | 魂の一串 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<nao.のたまに行くならこんな店「SALONE 2007 #11」 | メイン | nao.の大人のバーガー『アメリカンハラペーニョバーガー』-JAFFE JOFFER->>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://lovehappydays.blog54.fc2.com/tb.php/1704-40e376af
| メイン |