nao.の珠玉のスイーツ『濃姫のストロベリーパフェ』-資生堂パーラー サロン・ド・カフェ-
- 2015/03/02(Mon) -
2月の最数日。
私は『姫』に逢う為に、銀座にやってきました。「姫ってなんのこと?」と思われる方も多いでしょう。私が逢いたい『姫』とは、『まりひめ』という生産量の関係で、まだ県外では食べることが難しいとされている和歌山県が作り出したのことです。そんな『まりひめ』をたっぷりと使ったパフェが食べられると知り、向かうのは銀座に創業して110年を超える老舗の「資生堂パーラー サロン・ド・カフェ」です。

photo1_20150301141005aa3.jpg

「資生堂パーラー銀座本店」の3F にある「サロン・ド・カフェ」では、1月より「2015こだわりの“苺”フェア」というイベントを3ヶ月に渡り開催しており、『まりひめ』はその第2弾のスペシャルパフェになります。

数量限定ということもあり、開店同時に行こうと思っていたのですが、まさかの寝坊!お店についたのは、11:50くらいだったでしょうか。エレベーターを降りると目に入るのは、「まりひめ、本日分終了」の文字orz 「早いですね」と聞くと、通常でも8食しかなく、更に今日は入荷の関係で6食だったそうです。パフェとしては高価だと思うのですが、さすが銀座!10分での瞬殺。ひ、姫…む、無念で…ござる…orz

同じ目的で来店する方も多く、そして乗ってきたエレベーターで帰る方もいましたが、もう一つの『姫』はあるとのことなので、私は入店しました。オーダーは『岐阜県揖斐郡産 濃姫のストロベリーパフェ』

photo2_20150301141007d86.jpg photo3_20150301141008bcb.jpg

実食
『濃姫』。
戦国時代を生きた織田信長の正室で、美濃(岐阜県)の有名な女性。その名前を付けられた苺は、その名の通り岐阜県のオリジナル品種で、「アイベリー」に「女峰」を交配して作られたそうです。現在では「女峰」から切り替えられて作られており、そろそろ街場のお店でも見かけるようになると思います。
パフェグラスに咲く花のように盛られて供されたパフェは、下からストロベリーソース・バニラアイス・生クリーム・ストロベリーアイスで層をなしており、ソースやアイスは全て『濃姫』を使ったという存分にこの苺を堪能できる贅沢なパフェ。フレッシュの『濃姫』は適度な硬さと瑞々しさがあり、柔らかな酸味と甘みがあります。苺らしい苺という感じでしょうか。『まりひめ』は残念でしたが、やはりこれはこれで美味しい♡

最後となる第3弾には、『やよい姫』と『美濃娘』を使ったパフェが登場するそうです。今度こそは!必ず!姫に逢いに行きます!

資生堂パーラー サロン・ド・カフェ 銀座本店
東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル3F
03-5537-6231
カフェ / 新橋駅銀座駅東銀座駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7



ブログランキング参加中です愛のクリック、お願いしまーす


食べログ グルメブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ
スポンサーサイト
この記事のURL | 珠玉のスイーツ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<nao.のたまに行くならこんな店「日本橋 よし町」 | メイン | nao.の魂の一串「炭焼 鳥佳 #5」>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://lovehappydays.blog54.fc2.com/tb.php/1673-9fb6106c
| メイン |