nao.のたまに行くならこんな店「うぶか」
- 2014/09/11(Thu) -
photo1_201408280436482e6.jpg
四谷・荒木町。行ってみたいお店はいっぱいありますが、まず予約入れたのは「うぶか」です。中華の名店「Chinese Tapas Renge」から独立され、和食をベースに海老や蟹の甲殻類を専門に提供するちょっと変わったお店。お店は店主は加藤邦彦さんとソムリエールの奥様との2人でなさっていて、サービスも行き届く14席くらいの程よい感じです。料理は1コースのみなので、私が選ぶのはお酒くらい。それでもソムリエールがいらっしゃるのだからお任せです。

photo2_20140828043650d12.jpg
まずはワイン。ポルトガルを代表する「緑のワイン」と呼ばれる『ヴィーニョ・ヴェルデ』の『トレス・マリアス』という白ワインを選んでいただきました。アルコールはかなり低め、軽い酸味と発泡しているかのような爽やかさがあって、さすがに美味しい。

photo3_201408280436511f7.jpg
一品 『昆布森産毛蟹 利尻産雲丹 昆布出汁ジュレ』
最初から↑な料理。たっぷりと盛られた毛蟹と雲丹の濃厚さが美味しい。ちなみに白ワインだと負けるかと思いましたが、ベストマッチ♪さすがです。

photo4_20140828043653c40.jpg
先付 『鱧の焼き霜 寿都産甘海老 自家製ポン酢』
鱧も美味しかったですが、やはり甘海老。このプリプリ感はあまり味わえないです。

photo5_201408280436546f1.jpg
腕物 『ずわい蟹真蒸 ズッキーニ 鮑 青柚子』
蓋を外すと、柚子のいい香りがブワッと立ち上ります。大きく切られた鮑も柔らかく、ずわい蟹の存在感もバッチリです。

photo6_20140828043839af5.jpg
ワインを飲み終えたので、次の料理からは日本酒がオススメとのことで、選んでいただきました。秋田の『阿櫻』というもの。

photo7_201408280438403c5.jpg
刺身 『才巻き海老 真鯛 紅蔘 花穂 山葵 煎り酒』
ここでも光るのは、海老のプリプリ感。活海老よりも固くなくて、程よい食感です。

photo8_20140828043842e85.jpg
温物 『賀茂茄子海老味噌田楽 新銀杏』
ハフハフいいながら、ほうばる賀茂茄子はジューシーで、海老味噌の甘さが広がります。美味しい♥︎

photo9_20140828043843bc7.jpg
揚物 『海老フライ 実山椒のタルタルソース』
このお店のスペシャリテ。左側のプックリとした部分には、なんと海老味噌がたっぷりと入っています。ここは塩で、身の部分は実山椒のタルタルソースでいただきます。このタルタルソース、大人な感じ。

photo1-1_20140828043845d90.jpg
飯物 『花咲蟹 夕顔』
炊きたてをご主人自ら持ってきて、見せてくれます。立ち上る湯気も美味しいです♥︎蟹も存在感あって、程よい塩気が食事の〆としてはピッタリです。
食べきれない時は、俵型のおにぎりにしてくれるので、持ち帰ることができます。

photo3-1_20140828043953c42.jpg
水物 『桃のソルベ バジルの香り』
桃のソルベに泡状にしたバジルが香ります。最後まで抜かりのない技が光ります。

勿論、一人での訪問でしたが、心地よいサービスと料理を堪能できました。提供の早さも食べるスピードを見てらっしゃるので、変な間が空くことがなく、楽しめました。

お忙しい中のお見送り、ありがとうございました。また寄らせていただきます。

うぶか
東京都新宿区荒木町2-14 アイエス2 ビル 1F
03-3356-7270
かに / 四谷三丁目駅曙橋駅四ツ谷駅

夜総合点★★★★ 4.7



ブログランキング参加中ですあなたのクリック、お待ちしております

食べログ グルメブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ
スポンサーサイト
この記事のURL | たまに行くなら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<nao.のたまに行くならこんな店「Osteria Austro #14」 | メイン | nao.の魂の一串「鳥しき #9」>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://lovehappydays.blog54.fc2.com/tb.php/1612-c0fa91e9
| メイン |