nao.の魂の一串「たて森」
- 2014/05/02(Fri) -
photo7_20140419211656dc2.jpg

近年、焼鳥というと目黒の「鳥しき」ばかりだったので、予約も取りにくい(電話するのを忘れる)ので、新規開拓をと思い、某グルメ雑誌をめくると、銀座にある「たて森」というお店が掲載されていたので、早速予約。

当日。
お店の外観は「何料理のお店?」と思うくらいにスタイリッシュで、看板などはないまさに隠れ家。ガラスの扉を押して、奥に進むと、白木のカウンターが現れます。取り扱っている鶏は、『高坂和鶏』という養鶏家の高坂 英樹さんが特別な農法によって育てた鶏をこのお店のために改良したものだそうで、地鶏でもブロイラーでもない食べたことの鶏なので、楽しみ。
店主は建守 護さん。海外の有名和食店の料理長も務められた懐石料理に精通された方だそうです。

注文ですが、3500円・4300円・5200円の3価格帯のお任せコースがあり、オススメとのことで、12品からなる5200円のお任せコースをベースに、何品かを追加しました。

実食

photo1-1_201404192116586dc.jpg
『鳥刺し盛り合わせ』
内容は『もものたたき』『はつ』『砂肝』『白レバー』。臭みやクセなどが全くなく、とても鮮度がいいことがよくわかります。特に『もものたたき』は、素晴らしい火入れで美味しい。

photo2-1_201404192116595b8.jpg
『肝わさ』(追加)
限定ということで、追加。火入れしてから、冷やしたレバーを大葉と山葵で和えて、甘さの残る醤油でいただきます。これもなかなか美味しい。

photo3-1_2014041921170010b.jpg
『レバー』
火入れの感じは、生よりも火が入り、プリプリとした食感。

photo4-1_20140419211702893.jpg
『もも』
これは美味しい。『高坂鶏』という美味しいをダイレクトに味わえます。ジュワリとした旨味に、歯を押し返すような肉の弾力感が素晴らしい。

photo5-1_20140419211820e7a.jpg
『つなぎ』
はつとレバーの繋ぎ目の部位だそう。コリコリクニュクニュとした食感が面白く、脂も濃厚。

photo6-1_20140419211822b1d.jpg
『はつ』
特筆なし。

photo7-1_201404192118237de.jpg
『アスパラ』
特筆なし。

photo8-1_20140419211824f39.jpg
『うずらのたまご』
特筆なし。

photo9_20140419211825c04.jpg
『合鴨のねぎ巻き』
特筆なし。おそらくは、タレよりも塩の方が美味しいと思う。

photo1-2_20140419211941f1d.jpg
『蒸しつくね』
肉は柔らかな酸味のゆずポン酢で食べ、スープはそのまま飲みます。フワリとしたつくねに、出汁の効いた濃厚な鳥スープは美味しい。

photo2-2_201404192119437b2.jpg
『ささみ』
特筆なし。

photo3-2_20140419211945a90.jpg
『鳥胸肉の肝巻き』(追加)
他店ではあまり見ないので、追加。口の中でとろけた肝と胸肉が合わさり、美味しい。

photo4-2_201404192119461ad.jpg
『ぼんじり』(追加)
特筆なし。

photo5-2_2014041921194762b.jpg
『焼きニラめし』
食事は『焼きニラめし』『鳥出汁ネギうどん』『たまご掛けごはん』『肝めし』の4種から好きなものを選べるようです。私は『焼きニラめし』にしました。これはご飯の上に蒸した鳥そぼろを乗せ、タレをつけて焼いたニラを乗せたものです。
そぼろが濃い味付けではないので、あっさりといただけます。

全体的に美味しいけど、焼鳥店としてはどうなのかと思います。例えば、焼鳥を供される皿は、タレと塩で別れているのに、取り皿が同じというのはちょっと疑問が残ります。そのまま食べればいいじゃないかと思うかもしれませんが、私としては供される皿から直接食べるとしてはちょっと遠い。『もものたたき』が美味しかったので、後の焼き物にも期待をしたが、コレは!という品は少なかった。ただ5/15から鳥料理を中心としたお店に生まれ変わるようです。このお店は、きっとその方がしっくりとくると思います。落ち着いた頃に、再訪してみたいです。

たて森
東京都中央区銀座2-14-8 伊藤ビル1F
03-6278-7759/050-5871-2413
焼き鳥 / 東銀座駅新富町駅築地駅

夜総合点★★★☆☆ 3.6



ブログランキング参加中ですあなたのクリック、お待ちしております

食べログ グルメブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ
スポンサーサイト
この記事のURL | 魂の一串 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<nao.のたまに行くならこんな店「金陵」 | メイン | nao.のたまに行くならこんな店「清風楼 #2」>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://lovehappydays.blog54.fc2.com/tb.php/1550-ef7a331c
| メイン |