nao.のたまに行くならこんな店「SALONE 2007 #6」
- 2014/04/14(Mon) -
桜も咲いて、春めいた日。恋するキモチを伝えに、山下町にある横浜でも屈指のイタリアン「SALONE 2007」に再訪です。いつも新しい月になると、お店のHPでその月のディナーコースの内容を見ているのですが、今月からちょっとメニュー表記が変わったようです。以前は料理名だけだったのに対して、今月からその料理のコンセプトと素材が明記されるようになりました。4月のメニューの中で、「?」と思う一皿があります。メインなんだろうけど、素材も明記されておらず、全くわかりません。気になる⋯。

実食。

photo1_20140406012632994.jpg
『INIZIO~序章』
勿論、あのA5サーロインのスピエディーノです。一口ながら、いつもながらのインパクトは美味しいですね。

photo2_2014040601263356e.jpg
『DUE STANZE~2つの部屋』
フォワグラとマンゴーのマリアージュを「温」と「冷」で味わうのが、このコンセプトだそうです。右にあるのがフォワグラテリーヌをカンパリマンゴージュレで覆い、ウエハースに乗せた「冷」もの。左にあるのがフォワグラのフランにマンゴー鴨ソースをかけた「温」のもの。
どちらもフォワグラの濃厚さにとマンゴーの爽やかさが合います。冷たいのはマンゴーがより前に出て、温かいのはフォワグラがより前に出ています。

photo3_201404060126348c7.jpg
『FILOSOFIA~哲学』
新しく『フィロソフィア』という名になった『鮮魚のヴァポーレ』。今回は、静岡産の金目鯛です。
火入れ、それによる食感と出汁の旨味とその温度に拘るこのお店のスペシャリテです。

photo4_2014040601263522d.jpg
『TIEPIDO~適温』
温かいと冷たいの間の温度で、あえて食べるというのがコンセプト。キャラメルの包み紙をイメージしたパスタのカラメッレの中には濃厚なペコリーノチーズ、ソースは泡状の胡椒と今が旬の空豆のピューレに、塩気としてカリカリに焼いたパンチェッタをあしらったパスタです。
今回の私のお気に入り。素晴しく、美味しいです♡残ったソースも、パンにつけて食べちゃいました。

photo5_20140406012637417.jpg
『GIAPPONESE IN ITALIA~イタリアで感じる日本の味覚』
イタリアで感じる「和」がテーマの不思議な一皿。こってりとしたリードヴォーとジロール茸のソテーに、ウイキョウのクレマとリクリツィアソース、イチゴの白バルサミコマリネを加えたもの。口に入れると、磯の香りがブワッとして、イチゴの爽やかな酸味がいいアクセントになっています。


photo_20140406013004898.jpg
『SENSUALITA~官能的な旨味』
太いスパゲティで、特徴は表面がザラザラとしているヴェネトの数少ないオリジナルパスタであるビーゴリを濃厚なウズラのラグーであえたもの。中心には旨味の強いパキーノトマトを入れ、クルミとペコリーノチーズを乗せたもの。
いつもながら、このお店のラグーは実に濃厚で美味しい。もっと欲しいです♡

photo6_20140406012738559.jpg
『RISTRETTO~味覚の濃縮』
『クッキアイオ』から『リストレット(濃縮)』という名前に変わりました。名物のワンスプーン料理です。
構成は鹿の肩ロース・ボナイユートチョコレート(カカオと砂糖とスパイスのみ作られるチョコレート)・松の実・タイム・西洋わさびのセミフレット・赤スグリジャム。
意外にも西洋わさびがガツンときて、鹿の旨味が赤スグリジャムの甘酸っぱさに溶け、ボナイユートチョコレートのジャリジャリとした食感が楽しめます。

photo7_201404060127383f6.jpg
『FINTO~模造』
これが今月のメニューの中で、唯一素材も明記されていない一皿。今月はイースターということで、「卵」をイメージした料理だそうで、その正体は…猪のサルシッチャをイカのミンチで包んだものです。下には豚のジュ、鳥の巣をイメージしたガダイフ、横に添えられた酸葉の下にリンゴのジャムが隠されています。
意外にもしっかりとした食感があり、全体的にどっしりとした味わいなので、酸葉と交互に食べることで、飽きずに食べることができます。

photo8_20140406012740aa1.jpg
『RINASCITA~再構築』
クレームブリュレのプロポスタ。ピスタチオのクレームブリュレの下には、バナナのキャラメリゼとヨーグルトジェラード、周りには塩サブレがあります。
かなり濃厚に甘いので、塩サブレと共に食べるとちょうどいい感じ。最後のドルチェも抜かりなく。

メニュー表記の変更に伴って、今まで見た目・味・香り・食感を楽しませてもらっていた料理に、「コンセプトから料理を想像する」という新しい要素が加わり、より楽しくなっています。内藤さんが南青山の「IL TEATRINO DA SALONE」に異動したため、新しく山下さんが凱旋されました。元々、「SALONE 2007」にいらっしゃったそうで、懐かしく思われる方もいらっしゃるのでは?
次回の予約は、初夏。楽しみです。

SALONE 2007
横浜市中区山下町82-3 ベルハウス元町 1F
045-651-0113
イタリアン / 元町・中華街駅日本大通り駅石川町駅

夜総合点★★★★ 4.8

昼総合点★★★★ 4.8



ブログランキング参加中ですあなたのクリック、お待ちしております

食べログ グルメブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ
スポンサーサイト
この記事のURL | たまに行くなら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<nao.の極みの一杯『塩の青唐辛痛麺』+『味玉』-麺や 勝治- | メイン | nao.の神のグラス『Apple Martini』-The Bar CASABLANCA->>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://lovehappydays.blog54.fc2.com/tb.php/1511-44d1d288
| メイン |