nao.のたまに行くならこんな店『赤坂 一龍 別館』
- 2014/02/10(Mon) -
ある日、赤坂ブリッツでの約4時間のライブを終え、時計を見ると21時を回っている。めぼしいお店もそろそろ閉店の兆しorz どこに行こうと悩んで、歩いていると、思い出したお店があります。そこは24時間で、かなりリーズナブルな価格で食べることができる「赤坂 一龍 別館」です。

photo4_201312300602250dd.jpg photo3_2013123006022416b.jpg

ここは『ソルロンタン』(雪濃湯)の専門店。この『ソルロンタン』とは、韓国の代表的な料理のひとつで、牛肉・牛骨を長時間煮込んで作られる乳白色のシンプルなスープ料理のことです。最近、ラーメンなどで注目されている牛骨スープですが、あまり日本人には馴染みがなく、臭いのでは?という先入観のもと、敬遠されがちなスープの一つ。肉だと牛→豚→鳥の順で人気なのに、スープになると鳥→豚→牛と逆になるところが面白いですね。

photo2_20131230060222951.jpg

店内に入って、メニューを見ると、さすがは専門店だけあって『ソルロンタン』とサイドメニューが3つのみという潔さ。もちろん、『ソルロンタン』を注文。

photo1_20131230060221b0d.jpg

実食。
まず、『ソルロンタン』が出される前にテーブルに並んだのは、キムチやカクテキなどの韓国を代表する料理の小皿。キムチやカクテキは、絶妙な辛さと漬かり具合で、美味しい。
そして、『ソルロンタン』。白濁のスープには、牛筋を柔らかく茹でたものと韓国春雨のタンミョンが入っており、味は卓上にある塩とコショウを使い、自分で調節します。濃厚ながらも、アッサリとしているスープは、冷えた身体に染み渡るような美味しさがあります。

ちなみに、この『ソルロンタン』の正式な食べ方をご存知でしょうか?ご飯はキムチなどで食べ、『ソルロンタン』をスープとして飲むのではありません。この白濁スープの中にご飯と冷たくならない程度にキムチなどを入れ、いわゆる「猫まんま」みたいな感じで食べるのが、本当らしい。言われてみれば、その方が美味しそうな感じがしますが、実際にやられてる方は1人しかいませんでした。私もやりませんでしたけど、次回は正式な食べ方で味わいたいと思っています。

赤坂 一龍 別館
東京都港区赤坂2-13-17 シントミ赤坂第2ビル1F
03-3582-7008
韓国料理 / 赤坂駅溜池山王駅国会議事堂前駅

夜総合点★★★☆☆ 3.6



ブログランキング参加中ですあなたのクリック、お待ちしております

食べログ グルメブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ
スポンサーサイト
この記事のURL | たまに行くなら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<nao.の珠玉のスイーツ『オランジュ & ショーコラ・マール・ド・シャンパーニュ』-VANILLABEANS みなみみらい店- | メイン | nao.の珠玉のスイーツ『フルーツクリームホットケーキ』-ホットケーキパーラー Fru-Full->>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://lovehappydays.blog54.fc2.com/tb.php/1494-b772cd72
| メイン |