nao.の最高のランチ「SALONE 2007 #4」
- 2013/11/11(Mon) -
2ヶ月ぶりの再訪となった「SALONE 2007」。今月から、第2土曜日のランチタイムは、ディナーメニューのみの提供となり、記念すべき最初の来訪者になりました。ランチタイムながらも、テーブルにはキャンドルが揺らめき、優美な空間が広がっています。そして、驚くことに、まだこの新しいシステムを認識されていないのか、貸し切り状態というなんとも贅沢な日となりました。

月替わりのメニュー構成は、いつも楽しみながら、自分の好きな食材や食べたいものが入っていると、気分も上がります。実は、11月のディナーメニューがそんな感じ♪

photo1_20131110061902398.jpg
前沢牛のスピエディーノ
いつも通りの「SALONE 2007」のプロローグメニュー。一口サイズながらも、思わず、瞳を閉じて味わう逸品。

photo2_201311100619043ec.jpg
コッパ ディ アイアーレ エ プンタレッレ
コッパとは、古代ローマ発祥のロンバルディア州ピアチェンツァ名産の豚肉の首肉で作る生ハムのこと。でも「SALONE 2007」では、肩ロース・タン・豚足・耳を使うことで、コリコリクニュクニュ食感を楽しめます。上に乗せられているのは、ローマの冬野菜を代表とするプンタレッレ。ちょっと変わった見た目ですが、シャキシャキ感がたまりません。粒マスタードにベルガモットオイルを加えたドレッシングで、いただきます。周りの赤いのは、リンゴのコンフィにエストラゴンを乗せたもの。
見た目も綺麗ですが、特筆すべきは、食感の楽しさ。ワインがすすむ一皿。

photo3_20131110061905d25.jpg
鮮魚のヴァポーレ
「SALONE 2007」のスペシャリテ。九十九里産のハマグリのみで取った濃厚なスープに、明石産のタコとその日に一番良い鮮魚を合わせたもの。今回の鮮魚は、長崎産のムツです。

photo4_2013111006190676c.jpg
クレスペッレ ヴァルドスターナ
クレスペッレとは、イタリアでのクレープのことで、ベシャメルソースと生ハムとチーズを巻いたものです。中央にある赤いのは、赤玉葱のジャムで、ポルチーニ茸のクレーマをつけていただきます。食感としては、カリカリに焼いた生ハムとヘーゼルナッツと黒ごま。
これは、美味しい!モチモチのクレープ生地に、濃厚なベシャメルソースにチーズのとろみが加わり…思い出しただけでも、美味しいです。

photo5_20131110061908e7e.jpg
鮟鱇のアル フォルノ
鮟鱇のソテーの下には、トマトのゼリーと食感でリソネロ(黒米)とナツメヤシ。ソースは、黄色いサフランソースです。モッチリとした鮟鱇に、カリッとした食感。そして、爽やかなオレガノの香りが楽しめます。
マリアージュするワインは、シチリアを代表とするワイナリー「C.O.S.」の『Rami 2011』。まるで水のような飲み口で、料理と共にすると、香りが鼻に抜けます。

photo6_201311100619403ac.jpg
キタッラ 鳩のラグー インヴェルナーレ
イタリア語でギターの意のパスタを濃厚な鳩のラグーで、混ぜたもの。上にはパルミジャーノチーズとローズマリー、下に敷かれているのはカボチャのソース。食感のアクセントには、松の実。そして、和梨のジャムが添えられています。
まずは、そのままで。そして、カボチャのソースを混ぜて、最後には和梨のジャムを加えていただきます。つまりは、3通りの味が楽しめる一皿。
私的、今日の一番。鳩のラグーは、特有の鉄っぽい味もせず、とても濃厚で、美味しい。カボチャのソースを加えると甘さが、和梨のジャムを混ぜるとコクが生まれます。もう一度、食べたい!

photo7_20131110061941cb2.jpg
蝦夷鹿のクッキアイオ
名物のワンスプーン料理。今回のメインは、ジビエの蝦夷鹿で、添えられているのは赤すぐりのジェラート・燻製した栗・ピスタチオ・マデラ酒のゼリーです。
味わいとしては、甘め。ですが、かなり大きめな蝦夷鹿のフェレのローストは、存在感バッチリで、鹿の旨味を存分に楽しめます。

photo8_20131110061943dc0.jpg
羊のアッロスト
ソースは羊から取ったジュに、チョコレートと唐辛子を加えたもの。ジャガイモのピューレを添え、横にはラディッキオのソテーとフォアグラのテリーヌとペコリーノチーズで飾られています。
羊のローストは、柔らかという感じではないですが、これが羊らしさを感じていい。お皿にある全てを同時に食べるのが、オススメ。かなり美味しいです。
マリアージュするワインは、化学農薬を用いず無肥料・不耕起で栽培をしているエミリア・ロマーニャ州のワイナリー「La Stoppa」の『Machiona 2002』です。かなり酸味のある味わいで、その余韻も長く楽しめます。

photo9_20131110061944502.jpg
プロフィットロールのプロポスタ
小さめのシュークリームをかるく積み上げ、チョコレートソースをかけたプロフィットロールを再構築したもの。下にはカシスとフランボワーズのソース、ほのかに甘いトンカ豆のジェラート、仕上げにジャンドゥイアソースというチョコレートをかけていただきます。

今回もいつもながら、味はもちろんですが、見た目も香りも楽しめ、素晴しいコースでした。またこのお店を貸し切り状態で楽しむことができるのは、今回が最初で最後でしょうね。お店には悪いですが、貴重な体験でした。
12月はクリスマスシーズンということで、既に満席で、特にランチは4月まで空いていないとか。ランチは利用しやすいCPですが、内容としてはディナーの方がCPは高いのです。ちなみに12月には、珍しく『煮込み料理』を提供されるそうです。行かれる方、楽しんで下さい。

SALONE 2007
横浜市中区山下町82-3 ベルハウス元町 1F
045-651-0113
イタリアン / 元町・中華街駅日本大通り駅石川町駅

夜総合点★★★★ 4.8

昼総合点★★★★ 4.8



ブログランキング参加中ですあなたのクリック、お待ちしております

食べログ グルメブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ
スポンサーサイト
この記事のURL | 最高のランチ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<nao.の極みの一杯『つけめん』+『味玉』+『チャーシュー』-くり山- | メイン | nao.のたまに行くならこんな店「同發 本館」>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://lovehappydays.blog54.fc2.com/tb.php/1480-aa5031cf
| メイン |