2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
nao.の魅惑のオムライス『資生堂パーラー 横浜そごう店 #2』
- 2013/10/04(Fri) -
photo8_20130826044215b9d.jpg・品名:オムライス 1680円
・卵:半熟
・ライス:チキンライス
・ソース:トマトソース
・好み:★★★★★

私は、オムライスが好き。意外と、色々なお店を食べ歩いています。その中で、美味しいということは勿論ですが、美しいと思えるオムライスがあります。それが「資生堂パーラー」の『オムライス』です。

まるでドレスを纏ったようなオムライスを提供しているお店もあるそうですが、私の考える美しさとは、ちょっと違うのです。私の考えるオムライスの美しさとは、①「タマゴで包んだ伝統的なスタイル」②「タマゴの表面には、焦げや皺がない」③「シンメトリー」④「皿の白、タマゴの黄、ソースの赤の配色」。以上の4点と、更にもう1点。ここ「資生堂パーラー」ならではの拘りがあるので、私は美しいと思うのです。

銀座本店へと思いましたが、地元の横浜には2店舗もあり、比較的にリーズナブルに食べることが出来るので、「資生堂パーラー 横浜そごう店」に再訪です。ただ一つ気になることがあります。銀座本店以外で、あの拘りがちゃんと分かるのか?ということです。

とりあえず、入店して、即オーダー。最後までナプキン類が提供されないという「資生堂パーラー」らしからぬこともありましたが、しばらくして目の前に出された『オムライス』がコレです。
①〜④までは見事にクリア。そして、あの拘りはというと…やはり分からないorz うーむ、銀座本店じゃないとダメみたいですね。

実食。
かなり小ぶりなオムライスですが、ちょっと厚めのタマゴで包まれた中身のチキンライスは、具である鶏肉も大きく、全体的にしっかりとした味わいです。やはり、フライパンの中で具・ライス・ケチャップを混ぜるのではなく、あらかじめ具をケチャップとトマトペーストで煮込んだタネをライスと混ぜているからなんでしょうね。そして、たっぷりとかけられたフォン・ド・ヴォライユベースのトマトソースの優しい酸味が、私は大好きなのです。添えられているパセリもちゃんとグリルされているところが、老舗洋食店の意地を感じるところ。

銀座本店もいいけど、ちょくちょく利用できるのは、きっとこの横浜の2店舗。また再訪しようと思います。

資生堂パーラー 横浜そごう店
横浜市西区高島2-18-1 そごう横浜店2F
045-465-5733
洋食 / 横浜駅新高島駅神奈川駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



ブログランキング参加中ですあなたのクリック、お待ちしております

食べログ グルメブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ
スポンサーサイト
この記事のURL | 魅惑のオムライス | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<nao.の大人のバーガー『スモーキーハロウィンバーガー』-JAFFE JOFFER- | メイン | nao.のたまに行くならこんな店『洋食 キムラ』>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://lovehappydays.blog54.fc2.com/tb.php/1450-71e73a0a
| メイン |