nao.の最高のランチ『SALONE 2007』
- 2013/06/17(Mon) -
photo3-1_20130616042931.jpg

きっと、恋は、人を強くする。
逢いたいと思う気持ちは、勇気を与えてくれる。

今回、ランチで訪れたのは、横浜・山下町にあるイタリアン「SALONE 2007」。横浜でも予約困難なお店の一つで、私も約2ヶ月前に予約をし、楽しみにしていたお店です。リストランテクラスのお店なので、さすがに一人では行けなそうな雰囲気で、ずっと躊躇していたのですが…意外にも一人客も多いらしい。

ランチコースは、3003円と5000円の2種。
3003円のコースは、前菜、スープ、プリモピアット(パスタ3種類の中から1品選択)、セコンドピアット(肉、魚2種類から1品選択)、ポモドーロのスパゲティをお好きな量で、デザート、カフェという内容。
5000円コースになると、3003円のコースに、ディナーで提供している1口サイズのスピエディーノ(串焼き)とクッキアイオ(スプーン料理)が追加され、プリモピアットは2品になり、セコンドピアットは肉と魚の両方をハーフポーションでの提供となります。
ここは、当然、5000円のコースでお願いしました。

photo1_20130616042755.jpg
『山形牛サーロインのスピエディーノ』
さて、スタート。山形牛のA5ランクのサーロインで、ピューレ状にしたジャガイモをくるりと巻き、白トリュフの香りを纏わせた串焼き。一口サイズですが、目を閉じてしまうほどに美味しい。

photo2_20130616042754.jpg
『トマトの冷製スープ』
柔らかな酸味のあるトマトで、この季節らしい爽やかなスープ。

photo3_20130616042754.jpg
『前菜5種盛り』
低温で火入れした信玄鶏 トマトの味を加えた玉葱のソース添え、チーズと共にトロトロに煮込まれたナス チョコレートソース添え、塩のみで焼いたズッキーニ種、カブ その葉のソース、ヒラメ。

photo4_20130616042753.jpg
『チカティエッリ カラスミと白身魚のラグー』
細長い貝殻のような形をしたモチモチとした食感で、パスタのくぼみに海老の風味をつけたソースが絡んで美味しい。ラグーの白身魚も存在感のある大きさです。

photo5_20130616042753.jpg
『羊のカッペレッティ ブッロ エ マジョラーナ』
小さな帽子を意味するラビオリのようなものを、トウモロコシみたいな甘さのあるイタリアングリンピースのソースでいただきます。このソースがとてもグリンピースらしくなくて、美味しい。

photo6_20130616042752.jpg
『雲丹とサマートリュフのクッキアイオ』
サマートリュフ、エストラゴン、ウニ、ホタテ、メレンゲ状のもの、胡椒を練り込んだチーズ、バルサミコという構成。「一口でどうぞ」の言葉通りに、パクリと。これが、素晴らしく美味しい。ウニの濃厚さとホタテの甘み、サクサクとした食感が噛むたびに一体となって、思い出しただけでも美味しさに溺れます。

photo7_20130616042825.jpg
『マダイのアッロスト バルバビエトラのサルサ』
プリッとしたマダイにアーモンドの食感、バルバビエトラ(ビーツ)の柔らかな甘みのあるソースと周りにあるレモンの泡状のソースがいい酸味のアクセントになってます。

photo8_20130616042825.jpg
『コトレッタ ディ マイアーレ』
低温で火入れした豚肉の表面にパン粉のようなものをつけ、オーブンで焼いたもの。下にはハチミツ入りのマヨネーズソース、トマトとニンニクが効いたサルサケッカ、リンゴジャムのようなソースが添えてあります。
1口サイズですが、ジュワリと溢れる肉汁がなかなかのインパクトがあります。正直、もっと食べたい(笑)

photo9_20130616042824.jpg
『スパゲッティ アル ポモドーロ』
好きな量で注文することができるという「SALONE 2007」のランチでの名物メニュー。具は全くなく、凝縮したトマトの旨味がとても美味しい。ベットリとした感じも、私好みです。


photo1-1_20130616042932.jpg
『小さなドルチェ』
ラズベリーのソルベ、ムースを固めたアイス、スポンジケーキ。最後まで綺麗で、美味しいです。

photo2-1_20130616042932.jpg
『小菓子』
ビスコッティ、チョコレートでコーティングしたオレンジ、???、パンナコッタ。

全体的にとても丁寧でありながら、フレンドリーな接客が心地いい。料理の説明も一つ一つ細かく、覚えられないくらいに説明してくれます。食事を終えると、料理の感想と印象に残ったメニューを聞きに、シェフやスーシェフが各テーブルに挨拶に来て下さいます。私の所には、スーシェフが来て下さり、ご丁寧に名刺まで戴いてしまいました。

料理も一皿一皿、アートのように美しく、食感のコントラストを大切にされている印象を受けました。一皿を終えると、次の一皿が楽しみになる期待感とそれ以上の美味しさがあります。今回は車で来たので、飲むことが出来なかったのですが、ソムリエールの方が選ぶワインはとても美味しそう。特に濃密な味わいだという赤みを帯びた白ワインが美味しそうだったなぁ。
一人客の常連さんも多いそうなので、7月に一席だけ空いていたディナーの予約を取り、11月から各月の第2週のランチタイムにディナーメニューを提供するそうなので、その日も予約しちゃいました。今から、楽しみです♪

SALONE 2007
横浜市中区山下町82-3 ベルハウス元町 1F
045-651-0113
イタリアン / 元町・中華街駅日本大通り駅石川町駅

昼総合点★★★★ 4.8



ブログランキング参加中ですあなたのクリック、お待ちしております

食べログ グルメブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ
スポンサーサイト
この記事のURL | 最高のランチ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<nao.の極みの一杯『醤油ラーメン』+『チャーシュー』+『味付けたまご』-支那そば 将華- | メイン | nao.の大人のバーガー『シーザーチキンバーガー』-JAFFE JOFFER->>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://lovehappydays.blog54.fc2.com/tb.php/1421-6f01c116
| メイン |