「その謎、たいへんよく挽けました」 

珈琲店タレーランの事件簿また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を [ 岡崎琢磨 ]

価格:680円
(2013/1/5 02:49時点)
感想(21件)



ドラマ化や近々最新刊が発売するので、また盛り上がっている「ビブリア古書堂の事件手帖」。そのドラマ化に対しては、賛否両論がネットで飛び交っていますが、ここでは触れません。
先日書店に行って、物色していると、その「ビブリア〜」の横にあったのが、今回手にした「珈琲店タレーランの事件簿」です。

舞台は京都にある珈琲店。そこで働くバリスタ 切間美星がちょっとした日常の謎を解いていくという、俗にいう人が死なない「日常系ミステリー」です。まあ「ビブリア〜」の舞台が、珈琲店になったといえば、イメージしやすいですかね。

<個人的感想>
独特の言い回しがクドい感じもあるが、ストーリーとしては面白く、終盤のストーリーは二転三転する。最終章はサブタイトルである「また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を」を思いながら、読んでみるといい。ミステリーと思って読むと、肩すかしをくらうかもしれないので、恋愛小説のミステリー色がある作品と思った方が無難。ミステリーとして読むか、恋愛小説として読むかで、かなり感想は違ってくると思う。ミステリーとしてだと、きっと辛辣になり、恋愛小説だとアリかな?と思うでしょう。
なかなか魅力的なヒロインなので、恋愛小説として、もっと心がゆっくりと開いていく様をじっくりと見たかった。

ブログランキング参加中ですあなたのクリック、お待ちしております

食べログ グルメブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment