fc2ブログ
2023 12 ≪  01月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2024 02
nao.のたまに行くならこんな店「日本橋人形町 川田 #15」
- 2024/01/31(Wed) -
IMG_0178.jpg

美しき一輪花/日本橋人形町 川田


IMG_0179_20240130225936e6b.jpg
白味噌のお雑煮
「一富士、二鷹、三茄子」を表現したお椀に入れられたお雑煮。あまり白味噌仕立ては食べる機会がありませんが、甘めの口当たりに芯のあるコクが素晴らしい美味しさ。


IMG_0180_202401302259372de.jpg
海鼠腸の飯蒸し
モチモチとした餅米にちょっと塩気が強く、強烈な旨味の海鼠腸がとても良く合います。一緒に冷酒も供されるのが、酒飲みの気持ちをグッと掴んできます。


IMG_0181.jpg
芋茎の吉野煮
今夜はここで供された通年料理の『芋茎の吉野煮』。シャクシャクと小気味良い食感の芋茎に、鮮烈な生姜の辛味がとろりとした出汁と合わさって美味しい。


IMG_0183_20240130225941c66.jpg
松葉蟹
脚の太い部位と爪の部位、そして胴の部位と蟹味噌を合わせたもの。
たまらない美味しさ。松葉蟹の甘味が口いっぱいに広がり、その余韻も長く続いて楽しめます。


IMG_0185_20240130225944b19.jpg

IMG_0184.jpg
焼き河豚♡♡
個人的に河豚は焼いたものが好きなので、供されて嬉しい。持つだけで滴る旨味のジュースを啜るように口に運びます。部位的にはカマなので、味わいも濃くて美味しい。文字通り、しゃぶるように食べちゃいます。


IMG_0187_2024013022594612b.jpg
海老芋 蕗の薹
まず海老芋はねっとりと舌に絡みつくようで、甘味の中に出汁の味わいもあり、絶品。そして、蕗の薹はまさに香りの爆弾。口の中で爆ぜる香りがまだ遠い春の息吹きを感じさせます。


IMG_0188_20240130225946ab9.jpg
河豚の白子の茶碗蒸し
ドン!と河豚の白子が鎮座している茶碗蒸し。玉子の優しいコクとクリーミーな焼き白子の旨味が口の中で合わさって、絶品。甘い食材たちをカンボジア産の黒胡椒が引き締めています。


IMG_0189_20240130225948418.jpg
河豚のお造り
極薄ではなく、やや厚みがあるので存在感が凄い。身は歯を跳ね返すような食感があり、河豚の皮「てっぴ」はとろりとして美味しい。


IMG_0190_20240130225950934.jpg
蛤真薯の薄氷椀
蛤の存在感もある真薯に鰹出汁を張り、聖護院大根を薄く切って薄氷に見立てた1月のお椀。
蛤の旨味×鰹の旨味はまさに累乗的に広がり、余韻も深くて美味しい。


IMG_0191.jpg
ホンモロコ
滋賀県琵琶湖産のホンモロコを炭火で照り焼きにしたもの。
照り焼きといっても薄味のタレにしているので、ホンモロコのほろ苦さを感じられて美味しい。


IMG_0192_20240130230256678.jpg
穴子と蕪の炊き合わせ
出汁を吸った焼き穴子と蕪の旨味が素晴らしく、特に厚みのある穴子は実山椒の香りもあってとろける美味しさ。


IMG_0193_202401302302563ec.jpg

〆ご飯は以前のように一杯ずつではなく、ご飯のお供として供されます。


IMG_0195_202401302302580a5.jpg
〆ご飯① ちりめんじゃこ
実山椒の爽やかさが駆け抜け、ご飯の美味しさが加速します。


IMG_0197_202401302302583e7.jpg
〆ご飯② 鯛の胡麻和え
ブリンブリンの鯛は背と腹の部位を盛り付けてあり、濃厚な胡麻の旨味がより鯛の旨味を押し上げているかのよう。


IMG_0198_20240130230300ef3.jpg
〆ご飯③ 桜海老の天ばら
コレは香りを味わう〆ご飯。サクッサクの桜海老はモチモチとしたご飯とよく合い、美味しい。


IMG_0199_20240130230303d22.jpg
〆ご飯④ 卵黄の醤油漬け
濃密な卵黄が醤油の旨味と香りを纏っており、コレがTKGの最高峰。


IMG_0200_20240130230303771.jpg
〆ご飯⑤ 松葉蟹の雑炊♡♡
甲羅の中でグツグツと炊かれた雑炊は、蟹の身など見えないながらも確りとした蟹の存在感を感じられます。一滴の醤油のみという味付けは、蟹の旨味を存分に引き出しています。


IMG_0201_202401302303052fb.jpg
〆ご飯⑥ 牛肉の時雨煮
時雨煮は温かいご飯の熱で牛肉の脂が蘇るようで、甘辛い味わいは日本人で良かったと心から思います。


IMG_0202_2024013023030607e.jpg
蕨餅
甘味は作りたての蕨餅。

定期的に訪問させていただいている人形町にある日本料理店「日本橋人形町 川田」に再訪。店主・川田 治司さんがお一人で調理しているにも関わらず、高級食材を見せたり、包丁すらも魅せるようなことはなく、テンポよく供される料理はどの季節も外れなく美味しい。〆ご飯の種類の多さにも定評があり、ご飯が好きな方ならばパラダイスとも言える日本料理店。今夜は4種のご飯のお供と2種の〆ご飯があり、炊き込みご飯がなかったのはちょっと残念ですが、それを考慮しても大満足な内容でした。

今年も残りの夏・秋・冬の季節に出逢える料理が楽しみです。

日本橋人形町 川田
東京都中央区日本橋人形町1-5-5 芳町ビルB1
03-6667-0329
日本料理 / 人形町駅水天宮前駅茅場町駅

夜総合点★★★★★ 5.0



食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
スポンサーサイト



この記事のURL | たまに行くなら | CM(1) | TB(0) | ▲ top
nao.の珠玉のスイーツ「苺のフルーツサンド」~喫茶サテラ~
- 2024/01/30(Tue) -
IMG_0126_2024012818305902f.jpg

渋谷で寛ぐ純喫茶/喫茶サテラ

渋谷の宮益坂上にある純喫茶の「喫茶サテラ」に再訪。今回の目的は、「喫茶サテラ」では1月の恒例というフルーツサンド。今年は『苺のフルーツサンド』と『チョコバナナのフルーツサンド』があるようです。


IMG_9567_20240128191501050.jpg
ドリア
小ぶりながらも、たっぷりのチーズと肉屋バル「bob's ribs(ボブズリブズ)」のリブソースを使っている「喫茶サテラ」唯一のフードメニュー。ブラックペッパーのガツンとした辛味と熱々なチーズのコク、肉々しいボリューミーなリブソースが美味しい。侮れない美味しさです。


IMG_0127_2024012818310031e.jpg
苺のフルーツサンド
「渋いちベーカリー」製のもっちりとした食パンに濃厚・濃密な生クリームが舌に絡みつくようで、そこに軽やかな苺の酸味が映えます。個人的にこの食パンのもっちりとした食感とこのねっとりとした生クリームと高相性と思いますが、味わい的に食パンが負けている感じがします。


IMG_0128_20240128183102af3.jpg
クリームソーダ
純喫茶の人気メニューの1つである『クリームソーダ』は勿論、ここにもあります。鮮やかな緑色のメロンソーダ・バニラアイス・レモン・チェリーが彩り、ノスタルジーを感じさせます。バニラアイスが濃厚なのでそのまま食べたり、ソーダに溶かしたりと色々と楽しめて美味しい。

2月はきっとあの限定プリンが出てくるはず。絶対に食べてみたいです。

喫茶サテラ
東京都渋谷区渋谷1-7-5 青山セブンハイツ 1F
050-5872-7131
喫茶店 / 渋谷駅表参道駅明治神宮前駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7



食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 珠玉のスイーツ | CM(1) | TB(0) | ▲ top
nao.の最高のランチ「La Clairirere #17」
- 2024/01/29(Mon) -
IMG_0130_2024012819381639d.jpg

五感で味わう祈りのようなフレンチ/La Clairière

前回の「青首鴨」に引き続き、食材リクエストをさせていただいて再訪したのは、白金高輪にあるフレンチレストラン「La Clairière」。オーナーシェフの柴田 秀之さんの料理に対する熱量は半端なく、皿を通して感じられる食材への敬意や感謝がとても伝わり、何よりも美味しい。今回の食材リクエストは、ジビエの王様である「べキャス」。去年もいただいて感動した料理で、また今年もご縁いただいたことに感謝です。


IMG_0131_20240128193819f51.jpg
食材紹介
スコットランド産 べキャス、老鶏 荒間鶏、山形県産 芹、イタリア産 プンタレラ、福岡県産 流川蓮根、北海道長万部産 北寄貝、長崎県産 小長井牡蠣、山口県萩産 天然虎河豚の白子、ペリゴール産 トリュフ、栃木県産 おかトマト、グラニースミスと紅玉、イタリア産 タルティーボ。


IMG_0135_20240128193821d89.jpg

IMG_0137_20240128193824505.jpg

IMG_0138_20240128193824806.jpg
アミューズ
パテドカンパーニュ & ブーダンノワール
前回もいただいたアミューズ。やはり中でも『ブーダンノワール』は私の琴線に触れる美味しさ。


IMG_0141_20240128193827795.jpg
虎河豚の白子 松葉蟹 芹
厨房から漂う蟹の香り…。供されると、松葉蟹のコンソメの香りに包まれます。ひと口で感じる蟹の圧倒的な味わいの濃さ、その中で焼いた虎河豚の白子の甘味と黒トリュフの香り、そして芹の仄かな苦味がよりこの料理の味わいを引き締めています。


IMG_0146_2024012819403492e.jpg
小長井牡蠣 北寄貝 タルティーボ・フェンネル♡♡
バターで温めるように火入れされた真牡蠣・帆立・北寄貝・ムール貝を荒間鶏の出汁・貝の出汁・キャビアの白ワインソースで。上にはディルと蜜柑で香りを付けたタルティーボとフェンネルのサラダ。
ひと口で一気に引き込まれるような味わい。様々な貝の食感の中にシャキシャキとしたタルティーボとフェンネルのサラダが食感のコントラストを与えています。香りもディルと蜜柑の爽やかさが映え、食感と味わいには何層にも感じられる深みがあって、食べる度に美味しい!が駆け抜けます。


IMG_0148.jpg
べキャスのビスク♡♡
中には流川蓮根と舞茸を浮かべてあり、濃厚・濃密なべキャスのビスクの中でも咀嚼すると、蓮根の甘味や舞茸の香りが感じられます。それにしても、このビスクが実に美味しい。去年もいただいて衝撃的でしたが、今年はそれを超える美味しさ。柴田シェフが厳選されたべキャスは内臓や身の状態がとても良いのでしょう。この出逢いに感謝です。


IMG_0149_20240128194035dc6.jpg
べキャスの内臓♡♡
べキャスの醍醐味である内臓。それをふわりとしたホイップ状のような感じでしてあり、それをパンに乗せたもの。
どこか魚のような感じもしつつ、濃厚な味わいはクセもなくて美味しい。余韻もとても長く、食べ終えても口の中ではまだべキャスの香りと旨味が留まっており、何度でも美味しいを楽しめます。


IMG_0132_20240128193821f07.jpg

IMG_0142_2024012819403074c.jpg

IMG_0151_202401281940385ac.jpg
べキャスのロースト♡♡
べキャスの出汁とアルマニャックのソースがたっぷりとかけられており、艶めく色っぽさ。どこかアンチョビのような感じするのが特徴的なジビエですが…それが全くと感じさせず、ただただ濃厚であり重厚な味わいですが、重たいとは感じさせない軽やかさもあります。べキャスは脂肪も少なくて、肉も薄いはずなのにとても柔らかくてジューシー。特にササミの部位は口に入れた瞬間に溶けるほどの美味しさで、柴田シェフの火入れの妙が感じられます。ジビエは個体差がある食材であるのに、この味わいは素晴らしいとしか言いようがありません。


IMG_0154_202401281940381e5.jpg
金柑
構成は…金柑コンポート、フレッシュチーズアムース、日本酒ジュレ、フレッシュ金柑、カラマンシーパウダーアイス。
金柑の爽やかな酸味や甘味がフレッシュチーズムースのベールに包まれているようなデザート。芯を感じられるコクの中で、口の中は爽やかになります。


IMG_0158_20240128194041d54.jpg
タルトタタン♡♡
紅玉とグラニースミスのタルトタタンは表面にきび糖をまぶしてキャラメリゼ。添えてあるのは、富士山麓の桂と桜の落ち葉のアイスとバニラシャンティクリーム。
サクサクのタルト生地にはフランボワーズを忍ばせており、更なる酸味がより2種の林檎の甘味を引き出しています。そして、驚いたのはミルクで桂と桜の落ち葉を煮出したという落ち葉のアイス。「このシェフに、このパティシエールあり」、そんなことを感じさせる野田 美希さんのヘンタイぶりが素晴らしい。


IMG_0160_20240128194040543.jpg
ミニャルディーズ
左から苺とマール、カヌレ、ベルガモットタルト、ナッツのフィナンシェ。
最後もフルサイズで食べたいほどの完成度。

少量多皿なフレンチもいいかもしれませんが、ひと皿ひと皿のポーションもボリューミーで、その全てが感動できる味わいの方がいいと思いませんか?まさにそれが柴田シェフの料理であり、「La Clairière」の魅力の1つだと思います。旨味×旨味の重厚感のありつつも、後味は軽やかであり、口の中で余韻長く続く。そんな味わいの料理が今回も多く、ただただ美味しいが全身を駆け巡る感覚で素晴らしかったです。

La Clairirere
東京都港区白金3-14-10 ベルパラーゾシロカネ 1F
03-5422-6606
フレンチ / 白金高輪駅白金台駅広尾駅

昼総合点★★★★★ 5.0



ブログランキング参加中です愛のクリック、お願いしまーす

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 最高のランチ | CM(1) | TB(0) | ▲ top
nao.の珠玉のスイーツ「クレープ・フレーズ・ベルジュニー & チョコバナナ」~EQUALLY~
- 2024/01/28(Sun) -
IMG_0124_202401281830575c7.jpg

クレープと綴る旬果のストーリー/EQUALLY

豪徳寺での実店舗開店準備に伴い、青山での間借り営業を今月で終了する「EQUALLY」に再訪。店主・友納 滉一さんが作り出すストーリー性のあるクレープに惚れ込み、また奥様と作り出すほんわかとした雰囲気に沼って、2022年4月のオープンからマンスリークレープはコンプリートしてしまいました。青山ラストのマンスリークレープは、王道の「苺×クレープ」の組み合わせです。


IMG_0121_20240128183054920.jpg
クレープ・フレーズ・ベルジュニー~ Crêpe fraise Belle journée~♡♡
構成は…いちごフロマージュブランクリーム、フレッシュいちご、柚子・アーモンド・ホワイトチョコのクランチ、フランボワーズコンフィチュール、ホワイトチョコガナッシュ、デザートワインジュレ、プラリネノワゼット・アーモンドのコンカッセ、フレッシュクリームチーズ

IMG_0120_202401281830532bd.jpg

栃木県産「とちおとめ」を使ったクレープで、トップは単に甘いのではなく、まさに苺!という甘酸っぱい味わいが広がります。ミドルはホワイトチョコガナッシュの確りとした甘味の中で、デザートワインジュレの大人な甘味と苺の酸味が映えて、香ばしいアーモンドのガリガリ感と存在感のある大きさの苺のフレッシュ感とフランボワーズの甘酸っぱさがあります。全体的にフレッシュ苺と苺フロマージュクリームで苺感が強いクレープで、その奥にクリームチーズのコクがあって非常に美味しい。トップ・ミドル・ボトムに味わいの変化のストーリー性もあり、さすがのひと言。


IMG_0122_20240128183056a2a.jpg
チョコバナナ+北海道生クリーム♡♡
構成は…ヴァローナのクーベルチュール/ジャンドゥーヤ/バナナのキャラメリゼ/ナッツ。

クレープとしては、王道中の王道である「バナナ×チョコレート」という組み合わせ。単に相性の良さだけではなく、コレは甘味と酸味のバランスを楽しむクレープです。バナナのねっとりとした甘味と仄かな酸味、チョコレートの濃厚な甘味と酸味、2種のアーモンドによる香ばしさとコクと食感がこのワンプレートに詰まっています。今回は『北海道産生クリーム』をトッピングしたので、円やかなコクもプラスされてまさに至福の味わい。

IMG_0117_202401281830512f9.jpg

明日がこの店舗での最後の営業だそうですが、2月・3月・4月と催事が控えてらっしゃり、GW明けくらいには新店舗での営業を予定されているそうです。今年もまだまだ「EQUALLY熱」は冷めそうにありません。

EQUALLY
東京都渋谷区渋谷2-2-4 青山アルコーブ 204
クレープ・ガレット / 表参道駅渋谷駅

昼総合点★★★☆☆ 3.9



食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 珠玉のスイーツ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.のたまに行くならこんな店 「かつれつ 四谷たけだ #4」
- 2024/01/27(Sat) -
IMG_9559_20231213225147e38.jpg

冬の醍醐味の1つ、四谷にある洋食店「かつれつ 四谷たけだ」の『カキバター焼』がついに解禁されたと知り、再訪。

きっと並んでいるに違いない…

IMG_9553_20231213225138486.jpg

IMG_9554.jpg

と思って、土日を外して平日の昼過ぎくらい。それでもR405沿いの蕎麦チェーン店までの行列。並んでいる間に注文を取ってくれるので、店内に入れば比較的にすぐ料理にありつけます。今回は30分くらいでしょうか。無事に『カキバター焼定食』と再会です。


IMG_9555_20231213225141aaa.jpg
カキバター焼定食
小麦粉の薄衣を纏い、バターのコクと醤油の香りを存分に吸った牡蠣はプックリとしていてジューシー。「バター+醤油」という和と洋の鉄板の組み合わせは、日本人のDNAを擽ります。勿論、ご飯に合わないことはなく、モリモリとご飯が進みます。添えてあるレモンを搾って酸味を、ベーコンと一緒に食べることで塩味をそれぞれプラスでき、更なる美味しさを味わえるので、お勧め。『カキバター焼』は4月まで提供しているそうなので、シーズン中にはもう何回は食べたいひと皿。


IMG_9556_20231213225144ee3.jpg

IMG_9558_20231213225144877.jpg
ミニサーモンフライ♡
メニューにはないですが、+500円で出来るそうなので注文。サクサク衣にジューシーなサーモンの旨味とたっぷりタルタルソースで、コレもまたご飯が進む味わい。

全料理を制覇しているわけではないですが、どの料理を選んだとしても幸せになれるに違いないものばかり。
「次は何食べよっかなあ」
退店してすぐにそんなことを考えてしまうお店です。

かつれつ 四谷たけだ
東京都新宿区四谷1-4-2 峯村ビル 1F
03-3357-6004
食堂 / 四ツ谷駅麹町駅四谷三丁目駅

昼総合点★★★☆☆ 3.8



食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | たまに行くなら | CM(1) | TB(0) | ▲ top
nao.の魂の一串「炭火串焼き ほっ田」
- 2024/01/24(Wed) -
IMG_0075_20240124213102be6.jpg

静炎/炭火串焼き ほっ田

JR逗子駅から徒歩5分くらいの場所に銀座の名店「銀座バードランド」出身の方が焼鳥店を出されたと知り、近くまできたのでやってきました。店名は「炭火串焼き ほっ田」といい、大きな提灯が揺れるのを横目に階段で2階へと上がります。

IMG_0077_2024012421310591b.jpg

店内はカウンター6席と子連れでも楽しめるような奥まった3卓のテーブル席もある地域密着型な焼鳥店のようです。今回は初ということで、まずは『本日の大将おまかせ6本串』を注文し、後から追加する形にしました。

IMG_0078_202401242131054a5.jpg
レバーパテ
店主の修業先である「銀座バードランド」を彷彿させる『レバーパテ』は微塵のクセもなく、濃厚な旨味のみが強調されていて実に美味しい。そして、たっぷりとバケットに乗せても余るこのボリュームが嬉しい。


IMG_0080_20240124213108af9.jpg
わさび
擦りたての静岡県産の山葵の鮮烈さが駆け抜け、やや確り目に火入れされた胸肉から旨味が広がります。


IMG_0083_2024012421310889c.jpg
砂肝
小粒ながらも丁寧に焼かれた砂肝は、小気味よいサクサク感があり、塩で引き出された甘味が映えます。


IMG_0085.jpg
ボンボチ
余分な脂は落としつつも、濃厚な旨味をじっくりと味わえます。


IMG_0086_20240124213110fb3.jpg
正肉
最初はザクッとした食感ですが、あとからふわっとした食感に変わる正肉。少々、塩が強めかな。


IMG_0088_202401242131133f8.jpg
せせり
タレ。ザクザクと歯を入れる毎に音立てるような肉質で、辛めのタレと鶏の旨味が口の中で融合します。


IMG_0092_20240124213116c41.jpg
ハラミ*♡
ずっと噛んでいたくなるほどに咀嚼する毎に旨味が溢れます。


IMG_0093_20240124213116781.jpg
ソリ*♡
じっくりじっくりと焼かれて、皮はパリッとして身は歯を跳ね返すような弾力。それでいて固いということはなく、柔らかで美味しい。


IMG_0094_20240124213118228.jpg
つくね
かなり確りと練られており、まるで『つくね』という部位のよう。ジューシーさよりも鶏の旨味を味わう感じ。


IMG_0097_20240124213119bc4.jpg
レバー
プリプリとした身から溢れる肉汁で口の中が洪水になるようなレバー。


IMG_0098_20240124213122918.jpg
ハツ
サクサクと小気味良い食感と甘味が広がります。


IMG_0099_20240124213125c78.jpg
焼きおにぎり
炭の上で温めたというイメージで、1つが確りとしたボリュームがあります。表面はカリッとし、中心部はふわふわ。


IMG_0100_20240124213125cea.jpg
鶏スープ
白濁した白湯スープ。濃度はさほど強くなく、上品な感じ。でも少し塩気が強めかな。

IMG_0091_202401242131131bc.jpg

使用しているのは山梨県八ヶ岳「中村農場」で養鶏されている「甲斐路軍鶏」という鶏で、それを丸鶏のまま仕入れて、店で捌いてらっしゃるそうです。なので、今回運良くいただいた『ソリ』や『ハラミ』などの希少部位は本当に少ないみたい。焼鳥も「銀座バードランド」を彷彿とさせる形であり、内臓少なめの部位の種類であり、鶏は違えど味わいも似ており、全体的にあっさりとしています。軍鶏だから固いのかと思いつつも、歯を入れる瞬間だけ抵抗を感じますが、肉質は柔らかで食べやすい。個人的にはもっと塩を弱くした方が好みであり、内臓系LOVEな私としては少し物足りなさを感じてしまいます。ただ博多を感じさせる『かご焼き』や冬季限定の『水炊き』は、興味あるところ。ふらりと入れる気軽さの中で、このクオリティはアリだと思います。

炭火串焼き ほっ田
神奈川県逗子市逗子1-11-12 八木ビル2 2F
046-854-6600
焼き鳥 / 逗子駅逗子・葉山駅

夜総合点★★★☆☆ 3.7



食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 魂の一串 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.のたまに行くならこんな店「sou+」
- 2024/01/23(Tue) -
IMG_0073_20240123234323f55.jpg

素材・調理・想い、重ねて/sou+


IMG_0047_202401232343075b3.jpg

個人的に「青春と母との思い出」が詰まった街である逗子。そんな逗子に横浜を代表するイタリアン「SALONE2007」の元シェフである細田 健太郎さんが独立されたと知り、早速やってきました。お店の名前は「sou+」。カウンター6席と2卓のテーブル席があるこじんまりとしたお店で、JR逗子駅から1分という駅チカの立地にも関わらず、どこか隠れ家的。料理はコースのみの「SALONE2007」とはガラリと変わって、アラカルトオンリーで、好きな料理を選んで食べられるのがとても嬉しい。


IMG_0049_202401232343074da.jpg
フライドポテト ローズマリー風味
揚げたてのフライドポテトにたっぷりと羊乳のペコリーノチーズをかけて。供されるとローズマリーの香りがふわりと立ち上ります。ホクホクとした食感の中、パンチのあるニンニクとじゃがいもの甘味が感じられて美味しい。


IMG_0051_20240123234310090.jpg
泥障烏賊のグリル
メニューにはありませんでしたが、本日のお勧めということで注文。グリルパンで表面を押し付けてサッと炙るように焼かれた泥障烏賊。厚みのある身からは甘味が溢れ、舌にねっとりと吸い付くような感じがあり、美味しい。上からかけられたイタリア版魚醤の「コラトゥーラ」が味の決め手。


IMG_0055_20240123234315be9.jpg
あさりのボンゴレビアンコ♡♡
浅蜊・蜆・ホンビノス貝・昆布から抽出した出汁を吸ったパスタがオレンジオイルを纏い、絶妙。具が豪華なパスタは映えますが、「パスタはやはりソース」という細田さんの思いが全面に出されており、目には見えない貝の確りとした旨味の骨格が素晴らしい美味しさを感じさせます。幾重にも重なり合って旨味の「層」をより厚く形成するこの味わいこそ、「sou+」の真骨頂なのでしょう。


IMG_0056_20240123234317470.jpg
sou+パン
小ぶりながらも濃密。表面のカリカリ感に中心部のモッチリ感がたまらなく、咀嚼の度に甘味が溢れるのも美味しい。


IMG_0057_20240123234317de1.jpg
焼きたてフォカッチャ
「SALONE2007」でも出していたフォカッチャだそうで、コレも濃密。塩気も強めなので、コレだけでお酒が進みます。


IMG_0062_20240123234320c40.jpg

IMG_0072_202401232343232e3.jpg
師匠のタコじゃが♡♡
「SALONEグループ」の統括総料理長・樋口 敬洋さん直伝の料理。たっぷりの魚の出汁で炊いたじゃがいもとサッと炊いたタコを合わせた料理で、コレが最高に美味しい。プリプリとしたタコは咀嚼の度に旨味が溢れ、トロトロのじゃがいもは単体でもメインを張れるくらいの美味しさ。

やはり「SALONE2007」仕込みの細田さんの料理、どれもハズレなく美味しい。更にシェアできるボリュームなので、コレを独り占めできるとなると…更に嬉しい。基本的なメニューは変わらないそうですが、これからドルチェなども増えるそうで、まだまだこれからが楽しみな進化の途中のお店です。ワインはイタリアに拘らず、色々な国のナチュールワインを揃えてらっしゃるそうで、ゴクゴクと飲んでしまいます。またクラフトビールもかなり希少なものを置いてらっしゃるそうで、明るいうちの昼飲みや仕事終わりの一杯などと使い勝手も◯

IMG_0054_2024012323431336c.jpg

細田さん、奥様。色々とありがとうございました!また絶対に伺います。


今夜出逢ったお酒


image.jpeg
yummy 3rd Barrel Brewery


IMG_0050_20240123234310b61.jpg
De Fermo Concrete Bianco


IMG_0052.jpg
humus Branco Curtimenta


IMG_0058_202401232343206fb.jpg
Juntos Tinto

sou+
神奈川県逗子市逗子1-5-20
046-854-9854
イタリアン / 逗子駅逗子・葉山駅

夜総合点★★★★ 4.6



食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | たまに行くなら | CM(1) | TB(0) | ▲ top
nao.のたまに行くならこんな店 「香港焼味酒家 赤坂璃宮 #4」
- 2024/01/21(Sun) -
IMG_9440_202401082132572c2.jpg

虎ノ門横丁にある「香港焼味酒家 赤坂璃宮」でサク飲み。ここは店名にあるように、故・譚 彦彬さんの中国料理の名店「赤坂璃宮」が手がける焼物に特化したお店で、焼物の他に香港を感じられるような料理を堪能できるお店です。


IMG_9442_20240108214455c65.jpg
璃宮特製焼物三種
璃宮特製ゆで鶏・広東式ダックの釜焼き・皮付き豚バラのクリスピー焼き。
ここに来たら、絶対に食べるべき焼物。今回のセレクトのコンセプトは、皮。ゆで鶏は皮のプルプル感と身のしっとり感のコントラスト、ダックの釜焼きは身と皮の間の旨味、豚バラ肉はカリッジュワッとした甘味、どれも皮が印象的な味わいで美味しい。


IMG_9443_20240108214458b08.jpg
岩手県産 生カキのニンニク蒸し
限定5つという言葉に惹かれて注文。剥きたての牡蠣をニンニク醤油と共に蒸して、仕上げに熱々のピーナッツ油かけたもの。
サイコー!まさかこれほど大きな牡蠣が出てくるとは。ギリギリ火が通ったくらいの絶妙な蒸し加減で、牡蠣の風味を活かしつつも生っぽさもありません。そして、下に敷かれた春雨が旨味を全て吸い込んでいるかのようで、実に美味しい。さらっと壁に貼ってある海鮮メニューですが、「赤坂璃宮」の名に恥じないレベルの高さを感じられるひと品。

IMG_9441_20240108213257325.jpg

このレベルの料理をサク飲みで堪能できるなんて素晴らしいの一言。特に海鮮系が侮れないので、食べるべきひと品です。

香港焼味酒家 赤坂璃宮
東京都港区虎ノ門1-17-1 虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー 3F 虎ノ門横丁
03-6812-7154
中華料理 / 虎ノ門ヒルズ駅虎ノ門駅内幸町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.7



食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | たまに行くなら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.の魂の一串「やきとりshira #3」
- 2024/01/20(Sat) -
IMG_0003_20240120213529287.jpg

双頭の鶏/やきとり shira

梅ヶ丘にあるちょっと強面の白柳 公之さんが店主を担う「やきとり shira」に再訪。このお店で取り扱うのは、滋賀県「淡海地鶏」の雌と静岡県「天城軍鶏」の雄のみという拘りぶり。初めに日替わりの8品のお決まりコースをいただいて、追加していくシステムです。追加できる串もなかなか豊富で、メニューには記載されていない部位もあったりと期待が高まります。


IMG_0006_20240120213532ffc.jpg
天城軍鶏 胸肉
皮はパリッとし、炭の香りを纏った身は舌に吸い付くようにネットリ。鮮烈な山葵の香りと塩で引き出される鶏の甘味が美味しい。


IMG_0007_2024012021353574b.jpg
ねぎま
葱を胸肉で巻き、間に獅子唐を挟んでおり、供されると葱の良い香りが鼻を擽ります。葱の甘味と鶏の旨味が口に広がり、獅子唐の辛味で口をリフレッシュして、また頬張る。素晴らしいストーリーです。


IMG_0009_20240120213535e2e.jpg
天城軍鶏 砂肝
小粒ながらも、ザクザクと口の中で弾けるよう。咀嚼から引き出される甘味が秀逸。


IMG_0011_202401202135379bc.jpg
はらみ
歯を跳ね返すような弾力とその先ある甘味ある旨味が実に美味しい。


IMG_0012_20240120213538f19.jpg
鶏刺し*♡
内容は…砂肝、丸肝、とかさ。コリコリ、トロトロ、プリプリと三者三様の食感があり、中でも丸肝(脾臓)のとろりととろけて甘味を感じるのが恍惚な瞬間。


IMG_0013_20240120213539767.jpg
つくね♡♡
粗めに惹かれており、口の中での肉の存在感が確りと感じられ、口の中が肉汁でいっぱいになります。


IMG_0014_20240120213541db5.jpg
春菊と青唐辛子のなめろう
春菊のほろ苦さ、青唐辛子の辛味がお酒を呼びます。


IMG_0016_20240120213542d20.jpg
レバーパテ
クセなどは微塵もなく、ハーブの香りが鮮烈。瞬でなくなる美味しさ。


IMG_0017_20240120214252b9c.jpg
天城軍鶏 もも肉♡♡
皮目は極上のパリパリ感、身も極上のプリプリ感。このひと串に天城軍鶏の良さをギュッと濃縮したような味わい。


IMG_0018_2024012021425419f.jpg
レバー♡♡
舌に絡みつくのではなく、瞬時にとけるという驚愕のレバー。


IMG_0019_20240120214255a93.jpg
はつ*♡
開いているタイプ。サクサクと小気味良い食感があり、甘味と旨味が素晴らしい。


IMG_0021_2024012021541650b.jpg
*♡
まさかの腰皮。厚みのある皮をじっくりと脂を落として焼かれており、パリパリとして旨味が濃い。


IMG_0022_20240120213846df9.jpg
ジャンボマッシュルーム*♡
なんという厚み。鼻に近づけるだけで、ふわっとする香りがいい。滴るジュースも素晴らしい美味しさ。


IMG_0023_202401202138499dd.jpg
白子*♡♡
素晴らしい大きさで、口の中でプチッと弾けてとてもクリーミー。


IMG_0024_202401202138496d6.jpg
ストロー*♡
甘味のあるタレを存分に纏い、バリバリとした食感が映えるさえずりの部位。食感フェチにはたまらないひと串。


IMG_0025_2024012021385206d.jpg
はつもと*♡♡
とろりととろけて、溢れ出る旨味と甘味が素晴らしい。メニューにはありませんが、あるならば絶対に食べるべき部位。


IMG_0026_202401202138520a0.jpg
そり*♡
変わったフォルムのそりは、皮の美味しさを存分に楽しめるようにという仕立て。弾むような身とカリカリに焼かれた皮が


IMG_0027_20240120213853ffa.jpg
背肝*♡♡
レバーのような食感がありますが、この背肝は異次元。一旦止まるようにとろけ、その一瞬に溢れる甘味が秀逸。


IMG_0028_2024012021385632f.jpg
天城軍鶏 手羽先*♡
皮目はゼラチン質があってねっとり。身は確りと締まっており、旨味爆裂。


IMG_0029_20240120213858393.jpg
チーズ焼き カチョカヴァロ*♡
何気にお気に入りな『チーズ焼き』。とろりととろけるチーズは映えるし、シコシコとしたチーズの食感もたまりません。


IMG_0030_20240120213858996.jpg
鳥そば*♡
全粒粉の麺を使っているので、舌の上でザラリとする食感が印象的。そして、鶏油の旨味全開のスープはラーメン店を凌駕する美味しさ。


IMG_0031_20240120213901e8c.jpg
親子丼*♡
確りとした肉の食感、白身のプルプル感、そしてコクのある黄身は出汁の旨味を得て、ご飯と混ざって温かいTKGのようになります。


IMG_0032_202401202139013f9.jpg
鳥スープ
濃厚な『鳥そば』のスープとは違い、鶏の骨格もありつつ上品な味わい。

IMG_0004_2024012021353260a.jpg

久しぶりの白柳さんの焼鳥、堪能させていただきました。地鶏ならではの確りと締まった身質の肉は、咀嚼する度に溢れる旨味と甘味がとても美味しい。そして、貴重な内臓の数々は鶏自身が健康体というのが伝わるカドが立っており、濃密な甘味を感じられます。今回も入荷がなかった『アレ』を食べられる日を夢見ています。
今夜も長居させていただき、ありがとうございました。


今夜出逢ったお酒

IMG_0005_20240120214257513.jpg
Paul Garaudet Cremant de Bourgogne


IMG_0010_20240120214300d96.jpg
Chablis Premier Cru


IMG_0015_202401202143003de.jpg
開運 無濾過純米


IMG_0020_20240120214303fe4.jpg
奥播磨 純米 袋しぼり 仕込第二十九號

やきとりshira
東京都世田谷区梅丘1-22-1 y'sステート B1F
03-5450-8808
焼き鳥 / 梅ケ丘駅豪徳寺駅山下駅

夜総合点★★★★ 4.8



食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 魂の一串 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
nao.のたまに行くならこんな店 「こんが」
- 2024/01/19(Fri) -
IMG_8921_2023102911012191d.jpg

空前のおにぎりブームの中、やってきたのは京急蒲田駅そばにある「こんが」。このお店はおにぎりブームのパイオニアの一軒でもある「大塚ぼんご」監修のおにぎり専門店です。テイクアウト主体のようですが、イートイン席も6席ほどあり、今回はそちらでいただきます。

IMG_8917.jpg

「大塚ぼんご」と同様におにぎりの具は豊富で、組み合わすこともできるので無限とも思える味わいの迷宮に迷い込みます。その中で、私が今回選んだのは…お勧めな『卵黄の醤油漬け+肉そぼろ』と珍しい『明太クリームチーズ』です。

IMG_8919_2023102911011838d.jpg

「大塚ぼんご」と同じように握らないおにぎりで、型の上にご飯を盛り、具材を入れ、ご飯で覆い、そして手に塩をつけて、海苔を巻いて転がすといった握り方。なので、口に入れるとふわっとご飯がほぐれるのがとても印象的です。そして、たっぷりの具材がまた嬉しい。『卵黄の醤油漬け+肉そぼろ』は口に入れると、濃密な卵黄がジュワッと溢れて肉そぼろに絡み、それを白米が全て吸い込むような感じ。『明太クリームチーズ』は、さほど明太子が主張せずにクリームチーズのドン!という濃厚な味わい。色々な具材の味わいと組み合わせで、自分なりの最高を見つけてみたい。

こんが
東京都大田区蒲田4-18-27 エリア蒲田 101
050-5571-1260
日本料理 / 京急蒲田駅蒲田駅梅屋敷駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7



食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | たまに行くなら | CM(1) | TB(0) | ▲ top
nao.の珠玉のスイーツ「あまおうパフェ」~果実園リーベル 東京店~
- 2024/01/16(Tue) -
IMG_9919_202401142004434a1.jpg

歓喜のパフェ~あまおう~/果実園リーベル 東京店


IMG_9917.jpg

東京駅のグランスタの八重北食堂内にある「果実園リーベル 東京店」に再訪。個人的にフルーツ系のパフェを食べるならば、「果実園リーベル」が1番好み。旬果+生クリーム+バニラアイスというどシンプルな構成なので、フルーツ好きには刺さるパフェだと思います。

IMG_9918_20240114200440f09.jpg

今回選んだのは、『あまおうパフェ』。この時期の定番といえるフルーツパフェです。あまおうのひと粒ひと粒は小さいながらも、凄く甘味があって美味しい。そして、粒が小さいからか、「ひとパックくらい入ってそう…」と思うほどに、グラスの底の底までビッシリと詰められており、トップは花のように美しい。練乳も添えられており、『あまおう』をこれでもかと堪能できるパフェでした。

果実園リーベル 東京店
東京都千代田区丸の内1-9-1 八重北食堂内
03-5220-4567
フルーツパーラー / 東京駅大手町駅日本橋駅

昼総合点★★★☆☆ 3.8



食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 珠玉のスイーツ | CM(1) | TB(0) | ▲ top
nao.のたまに行くならこんな店 「鎌倉 北じま #4」
- 2024/01/14(Sun) -
IMG_9921_2024011418592278f.jpg

食材・料理人・客が繋ぐ愛/鎌倉 北じま

2021年5月に京都「和久傳各店」や「丹」で研鑽を積まれた北嶋 靖憲さんが故郷である鎌倉の地にオープンさせた日本料理店「鎌倉 北じま」に再訪。ここでは北嶋さんが信頼を寄せる「さかな人」長谷川 大樹さんから届けられる食材を使い、「相模湾で獲れた魚介と地野菜で、鎌倉でしか出来ない旬味」の料理が楽しめます。


IMG_9922_20240114185925964.jpg
小寒


IMG_9924_20240114185924b97.jpg
梅昆布水
ウェルカムドリンクは縁起の良い昆布を入れた大福茶のよう。旨味と酸味がじんわりと染み渡ります。


IMG_9928_20240114185927934.jpg
お雑煮
京都・清水五条にある老舗味噌店「山利商店」の白味噌を使ったお雑煮で、中にはくわい、日の出人参、自家製餅。食べ慣れない白味噌仕立てですが、白味噌の絶妙な甘味と旨味が実に美味しい。


IMG_9930_20240114193028d47.jpg
蛸の天麩羅と神馬草
神奈川県佐島産の蛸は一度炊いてから揚げているそうで、コレが蛸?と疑うほどの知らない食感。聞き慣れない神馬草の磯の香りが強烈に口の中に広がります。


IMG_9931_20240114193028897.jpg
歯鰹
静岡県伊東産。鰹という名前ですが、その味わいは鰹と鰆のハイブリッドのような感じ。ねっとりと歯に吸い付くような身からゆっくり溢れ出す甘味がとても秀逸。


IMG_9941_20240114185933f13.jpg
赤鯥 & 泥障烏賊
さっきまで泳いでいたという赤鯥と泥障烏賊をお造りで。
赤鯥は皮目だけに炭を押し当てることで、皮と身の間にある脂を溶かし、泥障烏賊は舌に当たる面だけに隠し包丁を入れることでより甘味を感じられます。地元で揚がった魚だからこその鮮度があり、クリアな甘味と旨味が一段と素晴らしい。


IMG_9943.jpg
異次元鮟鱇のお椀♡♡
雪輪蓮根を浮かべて。「さかな人」長谷川 大樹さんが海水の中で神経〆した鮟鱇を使ったお椀。
鮟鱇は箸で割れるような身質ではなく、ガブッとかぶりついても尚、ブリブリとした食感が凄い。そしてその旨味が素晴らしく、まさに異次元の鮟鱇と言わしめる美味しさ。


IMG_9946_20240114193025b75.jpg
柚子
柚子の皮でイバラガニモドキと河豚白子を包んで。
柚子の皮を箸で割くと柚子の香りがふわりとし、口に入れると柚子の苦味がイバラガニモドキと白子の甘味の輪郭をよりはっきりとさせます。


IMG_9947_20240114185941fc4.jpg

IMG_9948.jpg
干し数の子の天麩羅♡♡
10日くらいかけて戻した干し数の子を薄衣で揚げたもの。
「どうぞ」と手渡されるものは丸々一本という贅沢さで、パリパリとした食感に干して生まれた濃縮した旨味がたまらない。


IMG_9949.jpg
たたき牛蒡と黒人参 & 春菊と蓮根の鮟肝和え
中でも白眉なのは、春菊と蓮根の鮟肝和え。鮟肝もとてもクリアな味わいであっさりとしたコクがあり、その中でシャリシャリとした蓮根や春菊のほろ苦さ、黒豆の甘味とも合わさって美味しい。


IMG_9951_20240114185948fb5.jpg

IMG_9950.jpg
三浦大根とばちこ
京都の聖護院大根と違って甘味が少ない分、ミネラル分豊富な三浦大根をたっぷりの鰹出汁で炊いており、半生のばちこと一緒にいただくと至福の美味しさ。


IMG_9956_20240114185951035.jpg
〆ご飯①イバラガニモドキの炊き込みご飯♡♡
固めに炊かれた米のひと粒ひと粒に蟹の旨味が乗っているようで、それが素晴らしく美味しい。


IMG_9958_20240114190410577.jpg
〆ご飯②真鯵の棒鮨♡♡
真鯵の旨味と甘味がシャリの仄かな酸味でより輪郭を成し、口の中で爆ぜる旨味が最高。鯖よりも脂はないですが、上品な脂と旨味があって感動できる美味しさ。


IMG_9960_20240114190413735.jpg
〆ご飯③ミンク鯨のラーメン♡♡
「このラーメンで店が出せる」と思わせるようなほどに淡麗の極みのようなラーメン。


IMG_9961.jpg
〆ご飯④鴨の玉締め丼♡♡
トロトロの玉子綴じは玉子やご飯の味わいも楽しめるような出汁の濃さで、実に美味しい。ロゼ色の鴨と山椒の実と共にかき込めば、至福の味わい。


IMG_9962.jpg
〆ご飯⑤異次元鮟鱇雑炊♡♡
先程の異次元鮟鱇を使った雑炊。ここでもまた鮟鱇の身がブリブリとし、抽出した出汁が最高に美味しい。


IMG_9963_202401141904160f6.jpg
くろもじ茶ゼリーとチェリモヤ ヨーグルトがけ
くろもじ茶の爽やかさとチェリモヤのねっとり感が日本料理の枠を外して出逢った美味しさ。


IMG_9964_20240114193936c88.jpg
雲を得るが如く
黒小豆と小松菜を入れた上用菓子。


IMG_9965_20240114190419b7c.jpg
お抹茶
最後は北嶋さんが点ててくださるお抹茶でほっこりと。

IMG_9945_202401141859388c2.jpg

約5ヶ月ぶりの再訪でしたが、更にスタッフが増えており、それが料理にいい影響を与えているかのよう。色々なジャンルの料理人達が刺激し合い生まれる化学反応のようなものを北嶋さんが確りと日本料理として昇華させてらっしゃり、来店の度に美味しさが増していると思います。北嶋さんと長谷川さんを通して感じられる神奈川や相模湾の食材の豊富さとその美味しさは、「鎌倉 北じま」をより輝かせるものであり、地元人の誇りです。

今夜もありがとうございました。


今夜出逢ったお酒

IMG_9927_20240114185928eb4.jpg
黒龍 干支ボトル 辰年


IMG_9932_20240114185933fcc.jpg
NOTO 純米大吟醸


IMG_9942_20240114185936b07.jpg
産土 山田錦


IMG_9953.jpg
山川光男 2023 ふゆ

鎌倉 北じま
神奈川県鎌倉市大町4-3-18
0467-73-7320
日本料理 / 鎌倉駅

夜総合点★★★★ 4.9



食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | たまに行くなら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.の最高のランチ「北島亭 #12」
- 2024/01/13(Sat) -
IMG_9894_202401132159158ab.jpg

知らない幸福、知る不幸/北島亭


IMG_9897.jpg

「北島亭」を知らないことは、ある意味幸せなのかもしれない。知ってしまえば、その味の虜になってしまうのだから。


IMG_9898.jpg
下仁田葱のキッシュ
ザクザクのパイにトロトロなアパレイユの食感の中で、下仁田葱の香りと甘味が映えます。


IMG_9899.jpg
牡丹海老のビスク
スープに近づくと、香草の香りが鼻を擽り、牡丹海老の香りと旨味が凝縮したスープが実に美味しい。


IMG_9900_20240113215924071.jpg
黒毛和牛のタルタルステーキ
口の中で存在感を示す牛肉が体温でゆっくりと溶けていき、旨味が溢れてきます。タルタルステーキにケッパーが入っているので、全くしつこいことはないですが、添えてあるサラダの酸味と苦味で口の中をリフレッシュできるのもポイント。最後の最後まで実に美味しい。


IMG_9902_20240113215927c24.jpg
北海道産 真鱈の白子ソテー トマトソース
とろりとした真鱈の白子のクリーミーさを軽やかなトマトの酸味とケッパーの確りとした酸味が受け止めており、より白子の甘味が際立ちます。ただ甘いだけはなく、トマトの旨味が加わることで、白子の旨味に奥行きが生まれているかのよう。


IMG_9904_20240113215927dd8.jpg
ブルガリア産 フォワグラのポワレ シェリービネガーのクリームソース
まったりとしたフォワグラの甘味と下に敷かれたトウモロコシのガレットの濃厚な甘味の異なる2種の甘味がシェリービネガーの酸味でより楽しむことができます。ここでも添えてあるサラダの酸味と苦味がいい仕事をしており、光る脇役。


IMG_9905_20240113215930b04.jpg

IMG_9906_20240113215933d91.jpg

IMG_9909_20240113215933b9d.jpg
新潟県産 真鴨まるごと1羽のロースト サルミソース♡♡
胸肉とササミ、ハツ・砂肝・レバーの内臓はサルミソースでいただき、手羽や腿肉はカリッと焼いたグリルで。
サルミソースは軽くかけられているくらいで、真鴨の美味しさをどストレートに味わうひと皿。薄い脂の下には深紅の身があり、それがビロードのような滑らかさで実に美味しい。丸々1羽というボリュームですが、するすると口に入っていきます。添えられたりんごの甘味と酸味もよりこの真鴨の美味しさを高めており、このメインを選んで一片の後悔のない味わい。


IMG_9910_20240113215936800.jpg

IMG_9911.jpg
クレーム・ブリュレ
デザートメニューから悩んだ末にいつものやつを。
横には『黒トリュフアイスクリーム』を添えて。このアイスの黒トリュフの香りが凄くて、コレだけでもメインを張れる美味しさ。定番の『クレーム・ブリュレ』は私好みの甘さで好き。


IMG_9913_20240113215939404.jpg
ミニャルディーズ
サブレ・チョコレートクッキー・ドフィノワ・クロカンオザマンド・ノワドココ・あんぽ柿。

四谷にある老舗フレンチレストラン「北島亭」に再訪。店主・北島 素幸さんはフランス料理界の先駆者であり、今も尚、最前線で駆け続けるレジェンドシェフのお一人。数年前よりもメニュー数は随分と減りましたが、供される料理にはひと皿ひと皿に研ぎ澄まされたような美味しさを感じられます。
「質実剛健」そんな言葉が「北島亭」のイメージかもしれませんが、今は「胆大心小」という言葉がピッタリだと思います。大胆でありつつ、繊細な料理はこれからもきっと多くの人の心を掴んでいくでしょう。

今回も素晴らしい時間をありがとうございました。

北島亭
東京都新宿区三栄町7 JHCビル
03-3355-6667
フレンチ / 四ツ谷駅四谷三丁目駅曙橋駅

昼総合点★★★★ 4.9



食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 最高のランチ | CM(1) | TB(0) | ▲ top
nao.の極みの一杯「海老ワンタン味噌 & 海老味噌」~地球の中華そば~
- 2024/01/11(Thu) -
IMG_9429_202312062155417bc.jpg

恋しかるらむ/地球の中華そば


IMG_9431_20231206215543fe3.jpg
海老ワンタン味噌
更に今回は豚の肩ロース・ロース肉・バラ肉をそれぞれ違う味付けで仕上げた『3種のチャーシュー』をトッピングです。
黒七味?がかけられた九条葱の緑がとても鮮やかで、相変わらず店主・樋上 正径さんが作るラーメンは美しい。スープは煮干しベースだそうですが、強い煮干し感は感じられずにスープの骨格を作っており、そこに味噌の香りと風味をプラスした感じ。前回いただいた「塩煮干し」と同様に煮干しベースのスープは実に美味しい。選べる麺では「手揉み麺」にしたので、モチップリッとした食感も楽しめて美味しい。食べ進めていると、ふわっと山椒の爽やかな香りやフライドオニオンのコクが合わさり、よりスープが美味しくなるよう。
ラーメン単体だけではなく、トッピングの具も実に美味しい。肉々しくもヒダのビラビラ感もあるワンタンやチャーシューも絶妙。全てにおいて隙がないラーメンで、何も食べれても心に刺さる美味しさ。


IMG_9482_20231212222748a6e.jpg
海老味噌
先日いただいた『味噌』が美味しかったので、限定の『海老味噌』はどうなのか?と思って再訪。
供されると、器から立ち上るのは、もうまさに海老。スープを啜ると、想像以上に海老感は強烈ではなく、デフォルトの『味噌』の煮干しベースと同様に海老が確りとした骨格を成しており、そこに味噌の香りや甘味が寄り添っている感じでしょうか。麺は新麦の北海道美瑛産「春よ恋」を使った自家製麺で、ツルツルとした喉越しにスパンッとした歯切れの良さがあって美味しい。店主・樋上 正径さんのセンスの良さが感じられる素晴らしい一杯。食べられて良かったです。

地球の中華そば
横浜市金沢区谷津町347 千輝ビル 101
ラーメン / 金沢文庫駅海の公園南口駅

夜総合点★★★☆☆ 3.8



食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | たまに行くなら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.の珠玉のスイーツ「タルトタタン」~Regalez Vous~
- 2024/01/08(Mon) -
IMG_9822.jpg

鎌倉にあるパリのエスプリ/Regalez Vous

鎌倉・御成町にある店主・佐藤 亮太郎さんが作り出すアシェットデセールが楽しめる「Regalez Vous」に再訪。ショーケースに並ぶアントルメも気になりますが、やはり食べたいのは目の前で作り出されるパフェなどのデセール。メニューを見ると、旬果の苺を使ったパフェもありましたが、今食べるべきは…


IMG_9823.jpg
タルトタタン
構成は…タルトタタン、塩バターキャラメルアイス、バニラクリーム、りんごのコンポート、セージのジュレ、シナモン。

IMG_9842_202401082110559f7.jpg

焼き立てのサクサクパイにトロトロなりんごが絶妙に美味しい。りんごは表面をキャラメリゼしているので、ちょっとしたカリッと食感もあり、パイとの食感の三重奏が楽しめます。対比のように添えてあるりんごのコンポートはシャリシャリ感を残しているのも面白い。コクがあるのに後味はスッキリとしている塩バターキャラメルアイス、濃厚なバニラクリーム、そこに爽やかなセージのジュレ。皿の上のもの全てを同時に口にいれると、食感のコントラストと味わいに奥行きが生まれてめちゃくちゃ美味しい。間違えなく、幸せになれるひと皿です。

Regalez Vous
鎌倉市御成町10-4
0467-81-3719
洋菓子(その他) / 鎌倉駅和田塚駅由比ケ浜駅

昼総合点★★★☆☆ 3.9



食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 珠玉のスイーツ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.のたまに行くならこんな店「anchoa #4」
- 2024/01/07(Sun) -
IMG_9848_2024010718322521e.jpg

香りから確信する美味しさ/anchoa


IMG_9851_20240107183228d64.jpg
子豚の丸焼きコース


IMG_9857_20240107183230d67.jpg

IMG_9852_20240107183228fe6.jpg
ピンチョス盛り合わせ/Pet-Nat Oniric Blanc
毎度のごとく、お酒が進みまくるピンチョス。食べる度に酸味・塩味・甘味がまるでジェットコースターのように押し寄せるワンダーランドです。


IMG_9862_2024010718323261e.jpg

IMG_9860_20240107183231da7.jpg
鱸のアンダルシアフリット アーモンドソース/3 Miradas Vino de Pueblo
マリネされた鱸自体に味がついているので、アーモンドソースは味というよりかはコクをプラスするようなイメージ。衣はサクサクで、鱸は驚くほどにジューシーで美味しい。


IMG_9864_20240107183235fb3.jpg

IMG_9865_20240107183237f53.jpg

IMG_9863_202401071832344c3.jpg
ピキージョ ピーマン詰め物/Tilenus Godello♡♡
「anchoa」のスペシャリテである『ピキージョ』。中に詰めているのは、通年で鱈のすり身だそう。この料理は旨味と甘味の暴力のような味わい。後から供された『パン・ダ・セージ』という柔らかなフォカッチャのようなパンで、余すことなくソースも拭っていただきます。


IMG_9867_20240107183239ee7.jpg

IMG_9870.jpg

IMG_9872_20240107183243c6e.jpg
子豚の丸焼き/BIENBEBIDO♡♡
5.5キロの乳飲み子豚を3時間かけて丸焼きして。今回のメインであり、最大の目的料理。
スペイン・セゴビアの名物料理という『子豚の丸焼き』は味付けは塩のみで、ソースの肉汁だけというごぐごくシンプルな料理。皮は極上のパリパリ感で、肉はホロリと骨から剥がれるほどに柔らかい。乳飲み子豚なので、どこかミルキーな味わいがし、咀嚼するまでもなく塩で引き出された旨味のアタックが素晴らしい。


IMG_9874_202401071832463e5.jpg

IMG_9875_2024010718324645e.jpg
パエリア♡♡
今回は『烏賊墨』と『アロス・ア・パンダ』と2種のパエリア。
旨味を全て吸い込んだ米が実に美味しく、具はないながらも存在感は抜群。別々に食べるのは勿論のこと、この日しかできない混ぜるというのもアリ。更に別皿で供されるアイオリソースを絡めれば、更に味わいは濃くなって美味しい。


IMG_9876_20240107183248765.jpg

IMG_9878_2024010718324934c.jpg
チーズケーキとコーヒー♡♡
デザートはバスクチーズケーキ。飲み物は数種類ある中で、スペイン産の『ハチミツミントティー』をチョイス。
「anchoa」のバスクチーズケーキは実に美味しい。ケーキなのか?と思うほどにトロトロで、まさにチーズそのもの。お気に入りの『ハチミツミントティー』は、その名前の通りに甘くて爽やか。

IMG_9869_20240107183240b40.jpg

2024年初の食べ始めは、鎌倉にあるスペイン料理店「anchoa」です。年始限定で『子豚の丸焼きコース』という魅力的な料理を供しており、店主・酒井 涼さんのワンオペという営業スタイル。
あまり食べ慣れないスペイン料理というのが私の舌に合っているのか、調理中に立ち上っている香りからもう美味しい!が確信できるものばかり。今回のコースは「anchoa」の良い所をギュッと凝縮したような料理ばかりで、供されるものは何一つはずれなく美味しい。中でもやはり初めていただいた『子豚の丸焼き』は、こんなにも柔らかくて美味しいのか!と驚くほど。独特な網で焼き上げる『鮮魚のゲタリア風』も捨てがたい中で、また食べたい料理が出来てしまいました。

anchoa
鎌倉市御成町2-14-3 御成ヴィレッジA棟 1階
070-1314-0406
スペイン料理 / 鎌倉駅和田塚駅由比ケ浜駅

昼総合点★★★★ 4.8



食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | たまに行くなら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.の珠玉のスイーツ「紅まどんなのパフェ」-ル・パルフェ 馬車道-
- 2024/01/05(Fri) -
IMG_9808_20240105213703e0d.jpg

紅まどんなのパフェ
構成は…紅まどんな、生クリーム、バニラアイス、紅まどんなのアイス、マスカルポーネクリーム、紅まどんなが浮かんだジュレ。

IMG_9811.jpg

IMG_9810.jpg

なんと一年ぶりにやってきたのは、馬車道にある「ル・パルフェ 馬車道」。そして、偶然にも選んだパフェは1年前と全く同じの『紅まどんまのパフェ』です。
愛媛県のオリジナル品種である「紅まどんま」の特徴は、なんといってもゼリーのようなプルプル果肉。グラスの中にはバニラアイスの他に紅まどんまアイスもあり、それが実に濃厚な味わい。まさに名前の通りに「紅まどんま」を存分に堪能できるパフェです。

ル・パルフェ 馬車道
横浜市中区住吉町5-57 馬車道会館ビル 2F
045-306-6111
カフェ / 馬車道駅関内駅桜木町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.7



食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 珠玉のスイーツ | CM(1) | TB(0) | ▲ top
nao.のたまに行くならこんな店「檍食堂 蒲田東口店」
- 2024/01/03(Wed) -
IMG_9792_202401031702238e6.jpg

年末年始で賑わう蒲田駅周辺。ここはとんかつの激戦区の1つであり、近年一気に店舗を拡大している「とんかつ檍」の聖地的な街です。JR蒲田駅前にある「いっぺこっぺ 蒲田本店」の大行列を横目にしてやってきたのは、「檍食堂 蒲田東口店」。近くにある「とん汁と玄米の店 檍食堂」の2号店で、「林SPF豚」を使った『しょうが焼き定食』など提供しているのはほぼ同じみたいですが、『リブロースしょうが焼き定食』や『海苔弁』などの弁当もあるようです。

IMG_9793_2024010317022652e.jpg

外観も店内も昭和の食堂といった感じで、緩い弧を描くカウンターのみ。さて『しょうが焼き』にも心惹かれながらも、今回は年末年始限定のカレーを。「とんかつ檍」と言えば、ロースやヒレなどが有名ですが、個人的に今食べたいのは…大ぶりな腿肉や胸肉を使ったチキンカツ。

チキンカツカレーください」

「ちょっとルウをかけすぎてごめんなさいね」と供されたカツカレーは…ササミカツ!!!
確かにチキンだし、美味しいから好きなのですが…

ちがう!そうじゃない!

IMG_9790_20240103170220f7b.jpg

…カレーは確りとスパイシーで辛く、じっくり煮込まれた肉はルウに溶けていてトロトロ。ササミカツも剣先立つ衣をザクッとすれば、溢れる肉汁が美味しい。カレーがかけられていないので、卓上の塩やソース・醤油などでも楽しめるのが嬉しい。このボリュームで1200円というのも◯

IMG_9791_20240103170223627.jpg

そして、ついでに注文した三陸赤崎産『カキフライ』は、この時期の「とんかつ檍」の名物。今年は小ぶりなカキなようで数個纏めて揚げられており、口に広がるカキの旨味でボリューム満点。

とんかつも高級志向が増える中で、このような原点回帰な「檍食堂」はどこか懐かしく、そして美味しく素晴らしいお店だと思います。

檍食堂 蒲田東口店
東京都大田区蒲田5-21-11
03-5703-0200
食堂 / 蒲田駅京急蒲田駅蓮沼駅

昼総合点★★★★ 4.2



食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | たまに行くなら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao. の今宵の止まり木「The Bar CASABLANCA」
- 2024/01/01(Mon) -
IMG_9795_20231231214936d16.jpg

2023年の締めはやはりココです。

The Bar CASABLANCA

関内にあるオーセンティックバーで、オーナーバーテンダー山本 悌地さんはフルーツカクテルの名手。日本の四季の旬果はこのお店で覚えたと言っても過言ではないくらいにフルーツカクテルをいただいています。

IMG_9796.jpg

最初のグラスは、旬果である「苺」を使ったStrawberry Cocktailをオーダー。ベースとなるジンは確りと感じつつも、苺の甘味と酸味が軽やかに感じられ、実に美味しい。


IMG_9797_202312312149392f5.jpg

次のグラスは、苺・ブルーベリー・ラズベリーを使った冬の王者であるMix Berry Cocktailをシャンパンベースに変えてオーダーです。華やぐ3種のベリーが織りなす甘味と酸味は絶妙で、そこにシャンパンの旨味とコクが加わるので、至福の美味しさ。


IMG_9798.jpg

IMG_9799_20231231214942e05.jpg

最後は毎年この時期にいただく個人的な〆のカクテルRusty Nailです。スコッチウイスキーとドランブイで作られるカクテルですが、今回はなんとDEWARS 12YEARS NE PLUS ULTRAとDRAMBUIEのオールドボトルで作っていただきました。その名の通り、まさしく「至高」の一杯。山本さんの心遣いに心より感謝です。

2023年も最後にここへ帰ってくることが出来ました。新しい年も宜しくお願い致します。

The Bar CASABLANCA
横浜市中区相生町5-79 B1
045-681-5723
バー / 馬車道駅関内駅桜木町駅

夜総合点★★★★ 4.5



ブログランキング参加中です愛のクリック、お願いしまーす

食べログ グルメブログランキング
にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 今宵の止まり木 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |