fc2ブログ
2023 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2023 12
nao.のたまに行くならこんな店 「酒肴あおもん #2」
- 2023/11/24(Fri) -
IMG_8881_2023103122011520c.jpg

青は藍に変わりゆく/酒肴あおもん

五反田にある青魚専門店「酒肴あおもん」に再訪。お店は地下にありつつも天井が高く、圧迫感のない空間で、鯖を代表とするような青魚にフォーカスした料理と店主・渡辺 慎一郎さんが考える「これがいい、これでいい」という思いを具現化したような料理が楽しめます。


あおもん名物全盛コース

IMG_8885_20231031220118253.jpg
もずく酢
本日の先付はもずく酢・れんこんのきんぴら・豆腐食堂うの花から選ぶことができ、その中から『もずく酢』を。なかなか太いもずくで、食べ応えもボリュームもあり。


IMG_8886.jpg
へしこのポテサラ & しその実トマト
ポテサラに入っている「へしこ」とは、青魚に塩を振って塩漬けにし、さらに糠漬けにした若狭地方および京都府丹後半島の伝統料理。もっと塩っぱいと思っていましたが、甘いポテサラの中で良いアクセントになっています。


IMG_8887.jpg
黒毛和牛の肉豆腐
青魚だけではなく、確りと肉料理もあります。使っているのはA5ランクの黒毛和牛だそうで、ジュワッと口溶ける肉の旨味が美味しい。


IMG_8890_20231031220121a93.jpg
青盛
今回は〆鯖の生海苔和え、鰹、めだい、間八、真鯛、鰊の切り込み。
前回に感動した『本鯖の胡麻和え』はなく、残念。この中では『〆鯖の生海苔』が生海苔の良い香りがして美味しい。


IMG_8891.jpg
名物重さゼロのアジフライ♡♡
自家製無添加タルタルソースと赤酢キャベツを添えて。
「酒肴あおもん」を代表するシグネチャー料理。まずは揚げ時間30秒という『半熟』が供され、食べ比べとして揚げ時間60秒の『完熟』が供されます。山葵醬油・ニラ醤油・タルタルソースでいただきますが、ちなみに私のお勧めはニラ醤油。まるで刺身のような『半熟』とホクホクとジューシーな『完熟』、それぞれの良さがあり甲乙付け難い美味しさ。


IMG_8892_20231031220124d95.jpg
いちじくと生ハムのフライ
衣がからりと揚がっており、とろりとするいちじくと生ハムの塩気が絶妙。個人的にはもっと薄い生ハムの方が衣と一体感が生まれて好きかも。


IMG_8893.jpg
極上炙り鯖寿司
赤酢がビシッと効いたシャリに炙って旨味が溢れている鯖がよく合います。ただ前回の方が鯖の旨味が強くて美味しかったので、ちょっと残念。


IMG_8894_20231031220130327.jpg
青魚出汁煮麺
青魚の骨を白濁するまで煮込んだスープは供されると、器から青魚の香りがプンプンとしますが、驚くほどに優しい味わい。〆には抜群の美味しさ。


IMG_8895.jpg
SAKEアイス
その名の通り、お酒の味が確りとするアイス。最後まで酒肴。

今回は魚の入荷のタイミングや時期的なこともあったのか、前回ほどの感動は感じられずに不完全燃焼。個人的には鯵や鯖だけでなく、鰯や秋刀魚など青魚をもっと多く使って欲しいです。ただ店主・渡辺さんがいらっしゃらないにも関わらず、店をまわしているまさに「あおもん」と呼べる若いスタッフ達のサービスがとても心地よく、素晴らしかったです。

また季節を変えて、脂が乗った青魚を堪能させてください。

酒肴あおもん
東京都品川区西五反田2-31-4 KKビル B1F
03-6417-0636
居酒屋 / 大崎広小路駅五反田駅不動前駅

夜総合点★★★★ 4.2



食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
スポンサーサイト



この記事のURL | たまに行くなら | CM(1) | TB(0) | ▲ top
| メイン |