2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
nao.のたまに行くならこんな店「中勢以 内店」
- 2017/11/19(Sun) -
IMG_9219.jpg

茗荷谷駅を降りて、春日通りを後楽園方面に歩いていくと、播磨坂の並木道が現れます。その坂を下っていくと、程なくしてたどり着くのが「中勢以 内店」です。熟成肉の名店「中勢以」が「食べられる中勢以」として2013年にオープンした精肉店を併設したレストランです。

IMG_9217.jpg

今回で3回目の訪問となります。しばらく行ってなかった間に、ランチタイムでも好きな部位を選ぶことができるようになったようなので、今回は初のランチタイムでの利用です。レストランのオープンは11:30ですが、精肉店はもうオープンしていたのでショーケースを眺めさせていただきました。並んでいる多くの熟成肉の部位の塊はとても綺麗で、どれも美味しそう。時間になり、店内に案内されます。レストランは精肉店の奥にあり、余計な飾りのないシンプルな店内は変わらないみたい。


実食


IMG_9233.jpg
自家製ピクルス
肉が焼きあがるまでの箸休めとしてオーダー。想像よりも多くの種類の野菜があり、どれも美味しい。


IMG_9236.jpg
ビーフシチュー
新しくランチタイムでも提供するようになったそうで、オーダー。供されると、まず肉が凄く大きいので、ファーストインプレッションで驚きます。肉は2種使っており、手前には霜降りの部位で、奥には赤身の部位があります。 どちらも柔らかいですが、個人的にやはり赤身肉のビーフシチュー好きではない。ビーフシチューとしての完成度はそれほどでもなく、デミグラスソースは薄く、脂っこく、更に言うならば肉との一体感が感じられません。霜降りの部位だけを言えば、肉としては美味しかったです。


IMG_9230.jpg

IMG_9242.jpg

IMG_9243.jpg
シャトーブリアン
店頭にはあまり並ばないという部位だそうですが、事前に頼んであったので、無事に出逢うことができました。ステーキは精肉店での1.3倍の値段で食べることができ、グリルor鉄板焼きを選ぶことができます。昔と変わらずに、グリルがオススメとのことで、グリルでミディアムレアにしてもらいました。
別料金で醤油などもあるのですが、肉本来の味を楽しみたかったので、そのままで。ナイフを入れるとサクッと切れるシャトーブリアンを口に入れれば、表面の香ばしい香りを楽しんだ後、噛み締める度に肉の甘味と旨味がじわじわと溢れ出してきます。味付けはごく少量の塩のみなので、肉の風味を存分に感じることができ、後味も軽くて、実に美味しかった♡

有名精肉店なので、肉は抜群に美味しく、おそらくは街場のステーキ店よりはずっとリーズナブルだと思います。思い切ったことをするならば、好きな部位を好きな量だけステーキにして、ご飯と味噌汁で食べるってことも出来ちゃいます。ただレストランとして考えると、肉のレベルが高いので、他の一品料理とのクオリティの差が感じられるかもしれません。肉以外にも完璧な味の料理を求める方にはここは向かないかと思いますが、私は気取らずに好きな部位を好きな量だけ食べることができるので、大好きなお店です。次回は霜降り肉と赤身肉の食べ比べか、余計な料理を注文せずに好きな部位だけをガッツリと食べようかと思います。

中勢以 内店
東京都文京区小石川5-10-18
03-3830-0490
ステーキ / 茗荷谷駅江戸川橋駅

昼総合点★★★★ 4.7



ブログランキング参加中です愛のクリック、お願いしまーす


食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
スポンサーサイト
この記事のURL | たまに行くなら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.のたまに行くならこんな店「Felicelina」
- 2017/11/13(Mon) -
IMG_9152.jpg

ブログやTwitterなどのSNSをやっていると、レストランの方と繋がることもあります。未訪問ながらもRTや何らかのアクションをして下さるお店は、やはり興味が湧くのは必然的なことでしょう。特に今回訪れたお店は、母が亡くなった時に優しい言葉をかけて下さったこともあり、行きたいと思いつつも予約が取れなかったりと、何だかんだと約半年が過ぎてしまいました。申し訳ありません。

IMG_9151.jpg

久しぶりに来る中目黒駅から、歩くこと5分くらい。「幸せ」と言う名のお店「Felicelina」。初訪問ということでランチ利用で、電話予約の際にあらかじめ6800円のスペシャリテコースをお願いしておきました。
シェフズテーブルもあるようですが、ほとんどは窓側を向いているカウンターのみというちょっと変わった造りのイタリアンで、窓から陽の光がいっぱいに差し込む明るい店内がとても印象的。案内された席には、メッセージカードが置かれており、きめ細やかな心遣いが嬉しい。


実食


IMG_9147.jpg
アミューズ
底から南瓜ムース・生しらす・海胆、そして特製コンソメジュレがかけられた冷菜。南瓜の甘さが濃いかと思いましたが、甘味と塩味のバランスか絶妙です。


IMG_9148.jpg
鰤のカルパッチョ仕立て
濃厚な鰤をかなり厚めに切りつけ、爽やかなトマトやオレンジなどで彩り、焼き茄子ピューレを添えて。塩味と甘味で、濃厚なはずの鰤がここまで爽やかになるとは!


IMG_9150.jpg
フォカッチャとグリッシーニ


IMG_9149.jpg
白子のフリット
釧路産という白子は、かなり大きい。その上から白トリュフをこれでもかと削りかけられています。なので、写真を撮る為に乗り出すと、白トリュフの香りが凄い。ナイフを入れると、熱々の白子が顔を出し、ザクザクの衣とクリーミーな白子に恍惚的な白トリュフの香りでノックアウトです。


IMG_9157.jpg
ズワイガニとカラスミのスパゲッティ
ズワイガニを使ったオープン当初からのスペシャリテだそう。上からパスタが見えなくなるほどに、カラスミがかけられています。勿論、ズワイガニもたっぷりと入っていて、ドライトマトの酸味とカラスミの塩味がクセになる味わい。少量ながらも、実にインパクトのあるパスタ。


IMG_9159.jpg
イタリア産ポルチーニ茸と鴨のラグーのパッパルデッレ
パスタの2皿目は前皿の海のパスタに対して、山のガツンとした肉系パスタ。手打ちのパッパルデッレはモチモチ食感で、鴨のラグーもたっぷりと入っていて存在感があります。そして、生のブラウンマッシュルームとイタリア産のポルチーニ茸がお皿一面に盛られていて香りも良く、牛蒡の食感のアクセントもいい。店内はおしゃれですが、男っぽい力強い料理が多いですね。


IMG_9158.jpg
レモンのグラニテ


IMG_9163.jpg
十勝産ハーブ牛 ハラミの炭火焼き
メインディッシュは、シンプルに炭火焼きされた肉のハラミです。ハラミというワイルドな噛みごたえのある部位は、噛み締める度に肉の味わいを感じられます。トリュフやカラスミなどの高級食材を色々と供してきて、最後はシンプルな調理法という緩急のあるコース編成は好み。


IMG_9164.jpg
ドルチェ
ほうじ茶アイスの上からほうじ茶ケーキを上から削ったという、丸ごとほうじ茶を使ったドルチェ。横に添えてあるのは、紅玉のケーキ。意外と最後のドルチェは、シブい。

これで6800円とは、素晴らしいCP。どの料理も季節を確りと感じられる素材を使っていて、力強く、何よりも美味しい。昼のスペシャリテコースでどんな料理が供されるのかとワクワクするのもいいですが、夜のプリフィックスコースで食材を選んで、好みのコースに仕上げるのも捨てがたい。評判通りの素晴らしいお店でした。また伺わせていただきます。

Felicelina
東京都目黒区青葉台1-15-2 AK-3 building 2-a
03-6416-1731
イタリアン / 中目黒駅代官山駅

昼総合点★★★★ 4.6



ブログランキング参加中です愛のクリック、お願いしまーす


食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | たまに行くなら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.のたまに行くならこんな店「お好み焼き きじ 品川店 #2」
- 2017/10/21(Sat) -
FullSizeRender 86

夕方からの所用の為に品川へ。ちょっと遅めのランチでやってきたのは、「きじ 品川店」です。粉もん文化の大阪が誇るお好み焼きの老舗である「きじ」の支店であるここでは、スタッフの方々も関西の方なので、本場と同じクオリティで食べることができます。私は関西人ではありませんが、無性にソースが恋しくなる時があります。勿論、お好み焼きをおかずにご飯も食べることができますよ。

何となくですが、お好み焼きというのも1人では行きづらいお店ではないでしょうか?またこの「きじ」は人気があり、フラリと来て食べられるわけもないので、狙い目は開店直後。今回は開店5分後に入店しましたが、既にテーブル席は埋まっており、やはり人気は衰えていないようです。無事にカウンター席に座り、『豚玉』『焼きそば』を注文。
1番人気はたっぷりとスジが入った『スジ焼き』なのですが、前々回も前回も食べたので、今回は王道ものを食べたくて、基本の『豚玉』です。


実食

IMG_8405.jpg

お好み焼きは自分で焼くスタイルも楽しいですが、やっぱりプロに焼いてもらうのが1番です。豚肉はカリカリに焼かれていて、生地はふんわり。中に忍ばせてある大葉が爽やかさを演出しています。甘めのソースが非常に好みで、重すぎることもなく、ペロリと食べることができました。

IMG_8407.jpg

続いて、焼きそば。メニューには具材が豪華そうな焼きそばもありましたが、今回初なのでノーマルの焼きそば。でも、大きな豚肉が数枚入っているのが嬉しい。確りと焼かれたそばはモチモチカリカリの食感が楽しく、味のインパクトもあります。それはソースの味の濃さではない天かすなどの脇役たちが、かなりいい味を出しているからかな。

最後はちょっと苦しかったですが、無事に完食。駅から近いので、またソースが恋しくなったら行こうかと。次回はちょっと気になる『モダン焼き』を食べてみたい。

お好み焼き きじ 品川店
東京都港区港南2-3-13 品川フロントビル 2F
03-6712-0256
お好み焼き / 品川駅北品川駅天王洲アイル駅

夜総合点★★★☆☆ 3.6



ブログランキング参加中です愛のクリック、お願いしまーす


食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | たまに行くなら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.のたまに行くならこんな店「CHIUnE」
- 2017/10/15(Sun) -
IMG_8801.jpg

「引き算の美しさ」

元々、日本にはこの思想が根付いています。例えば、華やかな調度品に囲まれた空間よりも、余計なものが何もない部屋に飾られた一輪の花に空間の美しさを感じる方も多いはずです。今回訪れたお店は、まさにそんな美しさを料理で表現されている「CHIUnE」です。

IMG_8800.jpg

余計なものが一切ない広めのカウンターは6席。夜は17:30〜と21:00〜の2回転し、メニューは25000円のお任せコースのみ。かなり高額の設定なれど、かなり先のまで予約でいっぱいだという。さて、初のイノベーティブ・フュージョン料理とは?


今夜の献立


IMG_8802.jpg
京甘鯛のロワイヤル
皮目をパリッと焼かれた京甘鯛を乗せた洋風の茶碗蒸し。茶碗蒸し自体の味もしっかりとしながらも、甘鯛の味わいもちゃんと感じられます。


IMG_8798.jpg
セップ茸の冷たいビーフン
奈良県産のセップ茸をビーフンで和えた冷菜。固めに茹でられたビーフンの食感とセップ茸の香りがとても心地よい。


IMG_8796.jpg
神戸牛のチョリソー
神戸牛で作ったチョリソーの下には、滑らかなジャガイモのソースとエキストラヴァージンオイル、上には生のマッシュルーム。
チョリソーを崩す際も、ちょっと力を入れないと崩れないくらいの弾力があり、味わいも肉本来の甘さを感じられて、美味しい。ジャガイモのソースも肉の旨味を引き立ています。


IMG_8795.jpg
白トリュフ入りコンソメスープ ♡♡
薄くスライスした白トリュフを入れた3種のハムから抽出した金色のコンソメスープ。自分で蓋を開けて、香りを楽しむ演出も素晴らしく、コンソメスープは雲一つない青空を彷彿させるようなクリアさで、身体に染み渡るような美味しさ。香りと味で恍惚させる素晴らしいスープ。


IMG_8794.jpg
喉黒の炭火焼き
高知産の喉黒を3日間寝かせて、全体的に脂を行き渡せたものを炭火焼きに。ソースは数種の貝からとった出汁にニンニクを加えてパンチを効かせています。ソースというか、クラムチャウダー的なスープです。
喉黒の脂に貝の風味がプラスされて、美味しい。欲を言うならば、ソース?スープ?を最後の一滴まで飲み干したかった。


IMG_8793.jpg

IMG_8786.jpg
フランス リムーザン産 羊の炭火焼き
聞き慣れないフランス・リムーザン産の羊は、月齢が長いながらも臭みが少なく、味は確りしているのだそう。そんな羊を塊のまま炭火焼きした後、下にはナメコのソース、上に10年物の熟成赤酢ソースをかけて、供されます。
ナイフを入れるだけで分かる素晴らしく柔らかな肉質。そして、滴る脂の甘みと香りを邪魔しない仕上げ方は、素晴らしい。


IMG_8792.jpg

IMG_8787.jpg
天城黒豚の郡上味噌漬け
この「CHIUnE」のスペシャリテらしい。丸い甘みのある岐阜県郡上地方独特の味噌を使い、バスク産の唐辛子とフルーツなどで2週間漬けこんだ黒豚を炭火焼きで。
炭火の香りを纏い、確りと漬けているはずなのにさほど味噌は感じず、なんといっても肉の脂の甘さを存分に堪能できる味わい。売っていたら、絶対に買いたい。


IMG_8791.jpg

IMG_8790.jpg
黒鮑のメロッソ
メロッソ(おじや)にしても確りとした食感のある米は岐阜産の「龍の瞳」という粒の大きなものを使い、「爽屋 まつもと 守破離」で酒蒸しした黒鮑と炊き上げたもの。肝とバターで奥行きのあるメロッソに仕上げています。


IMG_8789.jpg
紹興酒アイス
特別なものは使わない。今日届いた牛乳と卵と紹興酒を使って、たった今出来上がったアイス。紹興酒はフワリと鼻を抜ける程度で、後味もいい。


IMG_8788.jpg
白茶
最後は中国茶の白茶。

素材と素材を積み上げて生み出す足し算や掛け算の料理が、洋食と思っていました。ですが、この「CHIUnE」の料理は、余計なものを削ぎ落とし、素材の味を邪魔しない最小限の味付けで、素材そのものを活かす。まさに、引き算の料理法。広いカウンターはシェフズテーブルにもなり、そこで仕上げられる盛り付けも極限にシンプル。「CHIUnE」の料理は、まるで短歌や俳句のような料理だと思います。短歌は31文字、俳句に至っては17文字の中に込められた想いは、余計な言葉を削り取った究極の想い。「CHIUnE」の料理も、そんな感じがするのです。

シェフの古田愉史さんは、岐阜のご出身。「私は岐阜の生まれなので、海よりは山の素材を使った料理が多いんですよ。今のところは(笑)」と仰っており、岐阜の郡上味噌を使っているのをみると、銀座に来られても確りと岐阜を愛してらっしゃるみたい。その思いは店名の「CHIUnE」からも伝わります。漢字では「千畝」と書くそうで、岐阜の方言で「棚田」という意味らしい。「棚田」は、山や丘などの斜面に階段状につくられた小さな田んぼのことで、私は生で見たことはありませんが、画像で見てもどこか安らぐような日本の原風景というとこでしょうか。空気や水、全てが違う東京は、古田シェフの目にはどう映っているのだろう?

次回は、来年の12月。ジビエもお得意とのことで、是非とも究極の鴨を食べてみたい。

CHIUnE
東京都中央区銀座1-22-12 マドリガル銀座 1F
03-6228-6928
イノベーティブ・フュージョン / 新富町駅銀座一丁目駅東銀座駅

夜総合点★★★★ 4.7



ブログランキング参加中です愛のクリック、お願いしまーす


食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | たまに行くなら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.のたまに行くならこんな店「Sisiliya #2」
- 2017/10/12(Thu) -
FullSizeRender 70

土曜日 17:10、関内駅。

口がチーズを欲している。予約もしていないし、どうかな?と思ったのですが、久しぶりに「Sisiliya」へ。当然のごとく、店内は満席だったのですが、10分ほどで案内できるそう。ラッキー♡

IMG_8208.jpg

3年ぶりの「Sisiliya」。2001年にオープンした「ナポリピッツァ」を提供している老舗店で、薪窯で焼き上げるスタイルは今も変わりません。まずは誰もが注文する『マルゲリータ』を。
「バジリコの緑、モッツァレラチーズの白、トマトソースの赤がまるでイタリアの国旗を表しているようだ」と表現されるように具材は3種のみ。シンプルだからこそ、生地の美味しさがよくわかります。創業からの生地への拘り(①機械を使わずに手で捏ねる ②生地は前日に仕込む) は、伊達じゃない!焦げまで、本当に美味しい!

IMG_8210.jpg

2枚目は『クアットロ フォルマッジ』が鉄板らしいのですが、前から食べて見たかった『マリナーラ スペシャル』を注文。ニンニク・アンチョビのペースト・チーズ・オレガノのパンチのあるピッツァで、一緒に飲んでいたビールにぴったり。

次回はベースのピッツァにトッピングをして楽しんでみたい。

Sisiliya
横浜市中区相生町1丁目7
045-671-0465
ピザ / 日本大通り駅関内駅馬車道駅

夜総合点★★★☆☆ 3.8



ブログランキング参加中です愛のクリック、お願いしまーす


食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | たまに行くなら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.のたまに行くならこんな店「とんかつ 八千代」
- 2017/10/06(Fri) -
FullSizeRender 64

久しぶりに休日前の早上がり。次はいつになるか分からないので、行こう!ってことで、朝ごはんを食べに友達と築地へ。
朝ごはんとなると、お店は限られてくるのですが、今回は前々から行ってみたかった「とんかつ 八千代」を狙います。相変わらず「寿司 大」は絶望的な行列が出来ていましたが、「とんかつ 八千代」は外待ち2人。これは行ける!ってことで、並んでいると、タイミングよくすぐに案内されました。

店名の通り、食べるべきは『とんかつ』なの?いえいえ、ここは築地。刺身でも食べられるほどに新鮮な魚を使った魚介系フライを食べましょう。そして、火・木・土限定の名物メニュー『チャーシューエッグ』も捨てがたい。ということで、『大車海老・アジ・ホタテフライ定食』と注文したのですが、「今日は、大車海老ないのよー」って悲しい返答が。じゃ、『車海老・アジ・ホタテフライ定食』『チャーシューエッグ単品』で注文。ちなみに『チャーシューエッグ』は、お友達とシェアです。

IMG_8061.jpg

まずは供されたのは、『チャーシューエッグ』。玉子二つを使った目玉焼きの上に、大きなチャーシューが乗せられた名物料理。2日かけて作られるチャーシューは確かに箸でも崩れるような柔らかさですが、部位によってはパサパサ感もあって、コレは!という程でもなく、友達も前と違う…と絶句。
そして、フライ。衣には粉チーズを混ぜてるらしく、衣だけでも濃厚なインパクトのある味わい。車海老・アジ・ホタテの中では、小ぶりながらもサックサックの衣にホクホクとしたジューシーな身のアジがとても美味しかったです。

IMG_8060.jpg

個人的な感想から言えば、仕事などで築地にいる方で食べるならば、量やCP的にも秀逸かと思いますが、わざわざ早く起きてまで来て食べる価値はないかなと思います。ちょっと期待大だったので、残念な気持ちは抑えきれない。

とんかつ 八千代
東京都中央区築地5-2-1 築地市場6号館
03-3547-6762
とんかつ / 築地市場駅築地駅東銀座駅

昼総合点★★★☆☆ 3.4



ブログランキング参加中です愛のクリック、お願いしまーす


食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | たまに行くなら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.のたまに行くならこんな店「陳麻婆豆腐 クイーンズスクエア店 #4」
- 2017/09/27(Wed) -
休日。中華気分で、絶対に混んでる中華街を避けて、やってきたのはみなとみらい クイーズスクエア。ここには美味しいと思うのですが、大抵いつも空いている稀有な中華料理店があります。そのお店は「陳麻婆豆腐 クイーンズスクエア店」と言い、店名の通り『麻婆豆腐』がイチオシなのですが、あまり食べたことがない…(笑)では、何を食べているのかと言うと、決まって『本場四川省のエビチリ』を食べています。

さて、今夜は…。


IMG_7402.jpg
本場四川省のバンバンジー
まずはコレです。このお店のバンバンジーは、なんと激辛。そして、ほぼ鶏肉という素晴らしい一品です。コレだけでご飯も食べれちゃいます。


IMG_7365.jpg
本場四川省のエビチリ
やっぱり頼んじゃう、コレ。海老は値段以上に入っており、一緒に炒めてある挽肉も立派なおかずになります。そして、全く辛くないので「辛い四川料理はムリっ」って方にも安心な一品です。


IMG_7401.jpg
四川風のチャーハン
初めて注文したチャーハン。ご飯全体に挽肉がたっぷりと混ぜられており、ピリ辛で美味しい。このお店もハズレがないかもしれないです。

今回はちょっと冒険して、いつもと違う料理を食べてみましたが、やはり美味しくて今後の注文を考えなきゃと思いました。メニューもかなり豊富なので、全てを食べるにはかなりの時間を要すると思いますが、ゆっくりと食べてみようと思います。

陳麻婆豆腐 横浜クイーンズスクエア店
横浜市西区みなとみらい2-3-4 クイーンズスクエア横浜 アット!ステーションコア B1
045-682-2866
四川料理 / みなとみらい駅馬車道駅桜木町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.7



ブログランキング参加中です愛のクリック、お願いしまーす


食べログ グルメブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | たまに行くなら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.のたまに行くならこんな店「SALONE 2007 #20」
- 2017/09/15(Fri) -
夏のフィナーレが感じられるようになって、食材もそろそろ秋めいてきたかな?そんな時期に「SALONE 2007」へ再訪。


CENA Corso di 9 piatti


IMG_8697.jpg
Inizio/ 序章 A5サーロイン・メークイン
最初のインパクトは、いつも通り。毎回もうちょっと食べたいと思います。でも食べ終わると、この量がベストであるといつも感じる料理です。


IMG_8699.jpg
Stagione/ 訪れ 鰹・ナス・ビーツ
旬を迎えた脂のある戻り鰹と秋を代表する野菜の茄子、ビーツと共にサッパリといただく料理。ピューレ状の茄子とマリネした茄子のスライスが鰹とよく合います。甘みのあるビーツのソースが全体を包み込むよう、そしてピスタチオの食感のアクセントが心地よく響きます。


IMG_8700.jpg
Filosofia/ 哲学 鮮魚・タコ・ハマグリ
「SALONE 2007」のスペシャリテ。今回は真鯛。このお店は、どの料理も五感を刺激します。この料理で言えば、供される時のオレンジの香りは1番に鮮烈。そして、絶妙な温度の中で、暴れる蛸の食感が楽しくも美味しい。


IMG_8703.jpg
Armonia/ 協奏 リゾット・ペペローニ・ホタテ・ミント
甘めに仕上げた赤ピーマンのリゾットをバーニャカウダソースでギュッ引き締めた「SALONE 2007」では珍しいリゾット。北イタリアの料理がベースだそうで、合わせてあるチーズも燻製したリコッタチーズで、少量ながらも極濃厚なリゾット。この量がベストな料理。


IMG_8706.jpg
Regionale/ 郷土 太刀魚・クルミ・ジェノベーゼ
絶妙な火入れでフワフワに仕上げた太刀魚の身に濃厚なクルミソースを挟んで、ジェノベーゼソースでいただく爽やかな一皿。バジルとレモンの香りが爽やかさを加速させ、口の中で混ざり合う2種のソースが素晴らしい。


IMG_8709.jpg
Ristretto/ 味覚の濃縮 ムール貝・羊サルシッチャ・サフラン
噛み始めると、羊サルシッチャのスパイシーさとパイナップルの酸味が際立ち、徐々に濃厚なモンサンミッシェル産ムール貝のコクが顔を出します。目で楽しみ、口の中で完成する料理。「SALONE 2007」を代表する料理の1つです。


IMG_8712.jpg
Combinazione/ 組み合わせ リガテッリ・牡蠣・豚
「山と海の食材の出逢い」がこの料理のテーマ。山の食材は、豚肉。海の食材は、牡蠣。牡蠣はソース状になっていますが、確りと存在感があり、シャキシャキとしたケールとサクサク食感のパン粉が食べていても楽しい。ソースが極旨なので、パンで拭って食べることをオススメします。


IMG_8715.jpg
Materico/ 対峙 蝦夷鹿・炭・ブラックベリー
これは美味しい。ナイフで切ると、鹿肉が目覚めるように肉汁が溢れ出します。素晴らしく柔らかで、肉本来の香りもいい。ソースは酸味のあるブラックベリーで、肉の甘みを引き立てています。


IMG_8719.jpg
Proposta/ 提案 栗・ローズマリー・赤スグリ
栗はイタリアの名産だそうで、この季節ならではの栗を使ったドルチェ。ドルチェ自体は甘くなく、赤すぐりの酸味がキュッと引き締めており、大人のドルチェです。


IMG_8725.jpg
Binario/ プラットホーム 小菓子
なんとずっと変わらなかった小菓子の盛り合わせであるプラットホームが、これを最後になくなるらしいです。次回からは1種になって、量が増えるそうです。


IMG_8724.jpg
Caffè o Tè カフェまたはティー
恒例となっている「SALONE 2007」のラテアート。日高さん、ありがとうございます。今回は中秋の名月ということで、うさちゃん。下に「salone」と描かれており、ラテアートの技術も上がってます。

IMG_8723.jpg

もう1つ寂しいお知らせが。いつも最後にいただける料理の詳細がイラストではなくなり、写真に変わってしまいました。少し寂しい気がしますが、全店舗共通らしいので、時代の流れというやつでしょうか。

次回は、スペシャルなディナーにお誘いいただきました。懐かしい方々もいらっしゃるとのことで、料理と共に楽しみです。

SALONE 2007
横浜市中区山下町36-1 B1
045-651-0113
イタリアン / 元町・中華街駅日本大通り駅石川町駅

夜総合点★★★★ 4.8



ブログランキング参加中ですあなたのクリック、お待ちしております

食べログ グルメブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | たまに行くなら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.のたまに行くならこんな店「とんかつ大門 檍 」
- 2017/08/31(Thu) -
最近、何だかとんかつが食べたくなる。とんかつは大きく分けて、「ロース」と「ヒレ」に派閥分けできると思いますが、私は「ロース」派。なので、極上のロースかつが食べたい!未訪問で行ってみたいお店は、蒲田にある「とんかつ 檍」。以前、訪問した浅草橋にある「丸山吉平」の店主の修行店だそうで、都内でも屈指の名店の一つです。最近、蒲田店の他にも大門に支店を出されたそうで、今回はその大門店である「とんかつ大門 檍 」に訪問。

IMG_7801.jpg

FullSizeRender 60

第一京浜線から一本路地に入った閑静な場所にあり、時折吹く心地よい風が白い暖簾を揺らしています。先日行った蒲田の某店のように開店前から行列を成すのかと思って、開店40分前に来ましたが誰もおらず。…結局、開店前に来られた方は私を入れて5人。土曜日は狙い目なのか?あのお店が異常なのか?その真意は不明ですが、ともあれ1回転目で入店できたので良かったです。

FullSizeRender 58

「丸山吉平」と同じく、使っている豚は 「林SPF」 という特定の菌を持たないブランド豚で、揚げ上がりはややレアで提供するというのが特徴らしい。メニューを見ると、ロースかつは『上ロースかつ』『特上ロースかつ』『カタロースかつ』『リブロースかつ』があり、今回は『リブロースかつ』をがっつりといただきますっ!開店の5分くらいになると、店員さんが注文を取りに来てくれて、たいてい「リブロース!」「リブロース!」で人気の高さがうかがえます。

FullSizeRender 59

入店すると、あっという間にカウンター席は埋まったので、やはり早めの行動は正解だったみたい。
これから揚げるリブロースをちらっと見ると、ちょっとした辞書くらいの厚さがあって驚くと同時に笑える。

実食

IMG_7922.jpg

FullSizeRender 57

中心部は本当にほぼレアなので、好みは分かれるかもしれない。卓上にはパキスタンのヒマラヤ岩塩をはじめとする岩塩が4種あり、オススメはソースよりも塩らしい。なので、キャベツだけにソースをかけて、とんかつはオススメの塩で食べてみるとより肉の甘さが際立ち、美味しい。肉質は柔らかく、脂身は口に入れた途端にジュースとなる、飲み物みたいなとんかつです。「丸山吉平」の『丸山吉平』に比べると、肉の甘みはやや劣るような気もしますが、常時オンメニューしているこちらの方が使い勝手がいい。
そして、定食でついてくる豚汁。これが具だくさんで、野菜の甘みも引き出されていて、実に美味しい。定食としての完成度も秀逸です。

FullSizeRender 61

蒲田にはこのとんかつを使ったカツカレー専門店もあるそうで、是非とも行ってみたい。

とんかつ大門 檍
東京都港区浜松町1-11-12
03-5473-6403
とんかつ / 大門駅浜松町駅御成門駅

夜総合点★★★★ 4.0



ブログランキング参加中です愛のクリック、お願いしまーす


食べログ グルメブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | たまに行くなら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.のたまに行くならこんな店「丸一」
- 2017/07/28(Fri) -
雨の日。

IMG_7470.jpg

先々週くらいから、『とんかつ』が食べたくて、新橋での所用を終えて「行くならいいしかない!」と、蒲田で途中下車。蒲田にはとんかつの名店が多くありますが、今回やってきたのは「丸一」です。開店にはあと1時間くらいあるのだけど、早めの方がいいかな?と思ってやってきたのですが、正解でした。既に先客5名と、さすがに強者が多いようです。開店30分前には20人以上並んでましたので、天気が良かったらもっと早めに来ないと1回転目はムリなのかもしれません。

IMG_7469.jpg

16:50くらいに開店。注文は外で並んでいるうちに取るシステムなので、店内に入ると、既に高温に熱しられたラードの海へとダイブしているとんかつ達がいました。私が注文したのは、数に限りがあるという『極上ロースカツ』。何方かと言えばとんかつは、ヒレよりもロース派なので、このメニューを見ると『極上ロースカツ』一択となりました。揚がる前の『極上ロースカツ』らしき肉を見ると、厚さは3センチくらいはありそうで期待も膨らみます。サクッサクッと心地よい音を立てて、揚げたてのとんかつが切られている様を見ると、食べなくても美味しいと本能が訴えかけます。

IMG_7410.jpg

IMG_7409.jpg

目の前にすると凄まじく厚い、分厚い肉塊のよう。それでも柔らかく、まるでジュワッと音を立てるように肉に歯が入っていき、口の中に肉汁が溢れます。ただ柔らかいだけではなく、確りと肉としての歯応えもあり、実に美味しい。
私のとんかつの食べ方はちょっと変わっていて、ソースはとんかつにかけずに、キャベツのみにかけます。とんかつは何もかけずにそのまま食べたり、卓上にある特製ソース・醤油・塩などをかけて、一切れ毎に違う味わいを楽しむのです。せっかくのとんかつなので、ソースだけじゃ勿体無いじゃないですか。塩で肉の甘さを際立たせて食べるのもいいですが、今回は醤油がいい仕事をしてくれて、実に美味しかったです。噂に違わずさすがは名店、並ぶ価値のあるお店だと思いました。

丸一
東京都大田区蒲田5-28-12
03-3739-0156
とんかつ / 京急蒲田駅蒲田駅梅屋敷駅

夜総合点★★★★ 4.2



ブログランキング参加中です愛のクリック、お願いしまーす


食べログ グルメブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | たまに行くなら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ