fc2ブログ
nao.のたまに行くならこんな店 「とんかつ成蔵 #5」
- 2022/08/11(Thu) -
IMG_2375_20220708033613c41.jpg

白い衣は淡雪のように/とんかつ成蔵


IMG_2381.jpg
プルドポーク
前菜。サクサクのクラッカーに旨味がたっぷりの温かいプルドポークが美味しく、トマトの酸味も爽やか。


IMG_2382.jpg
生パン粉
初となる「とんかつ成蔵」で使用している『生パン粉』のテイスティング。低温で上げることを考えて、砂糖を減らすことでカリッとした食感ではなく、溶ける食感になるそう。生でいただいても、驚くほどにモチモチとしていて美味しい。


IMG_2386_202207080336190cd.jpg
とんかつ①リブロースかつ(岩中豚)♡♡
包丁で切られた断面から溢れる肉汁が煌めくリブロース。確りとした脂の甘味と旨味があり、ガツンと脳を揺らす美味しさ。


IMG_2387_20220708033620092.jpg
海老フライ
時期的にアジフライやハモフライを期待していましたが、今回の海鮮系は『海老フライ』のみ。衣の抵抗がなく、まるで海老のみを食べているかのような食感で美味しい。


IMG_2389.jpg
とんかつ②シャ豚ブリアンかつ(梅山豚)♡♡
前日に入荷していた「梅山豚」のラスイチだったもの。箸で掴むだけで、肉から旨味が溢れます。表面の肉汁をズズッと啜ってから口に入れると、淡雪のように衣はシュッとなくなり、ダイレクトな旨味のパンチ、そして確りとした噛み応えの後に旨味の爆流に飲み込まれるかのよう。


IMG_2390_20220708033623550.jpg
とんかつ③ミルフィーユかつ(TOKYO-X)
前々から気になってはいましたが、今回で初となる『ミルフィーユかつ』。薄く切られた「TOKYO-X」のロース肉が何層にも重ねられて揚げられており、想像以上のとろけ方で驚きます!衣と同じくらいのとろけ方で、食べた瞬間になる感じ。


IMG_2391_20220708033625220.jpg
フレンチトースト
「とんかつ成蔵」で使っているパンで作ったフレンチトースト。香りは十分に甘いですが、食べていると甘さは控えめで、パンの旨味を全面に出した仕立て。個人的にはフルサイズを希望ですw

久しぶりにやってきた南阿佐ヶ谷にあるとんかつ店「とんかつ成蔵」。店主・三谷 成藏さんの揚げるとんかつの特徴は低糖のパン粉を使い、低温の油の中でじっくりと揚げるので、なんと言っても白いこと。淡雪のようにシュッとなくなる衣は他店のとんかつと一線を画す美味しさがあり、素晴らしい発想力と技術力だと思います。
去年から数種類のとんかつから2種又は3種を選んで定食にできるようになり、1人でも色々な種類のとんかつが食べられるようになって嬉しいかぎり。そして1番嬉しいのは、1種類ずつ揚げたてを供されるので、まさにベストなタイミングでいただくことができるので、まるでとんかつ割烹のような感じです。個人的には『シャ豚ブリアン』は必須として、あとは脂のある部位で構成するのが常ですが、今回のように同部位で銘柄違いがあったならば、食べ比べも良かったかなぁというのが今後の課題点でしょうか。しかしながら、後悔など微塵もない美味しさで大満足です。

IMG_2380.jpg


三谷さん、ご馳走様でした!梅山豚、実に美味しかったです。

とんかつ成蔵
東京都杉並区成田東4-33-9
03-6882-5214
とんかつ / 南阿佐ケ谷駅阿佐ケ谷駅新高円寺駅

昼総合点★★★★ 4.7



食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
スポンサーサイト



この記事のURL | たまに行くなら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.のたまに行くならこんな店 「きむら丼」
- 2022/08/02(Tue) -
IMG_2558_20220726090013187.jpg

ひと椀で完結する個性きむら丼

今回はやっとやってきたのは、新宿にある「きむら丼」。ここはミシュラン**に輝く二子玉川の鮨店「すし 㐂邑」の店主・木村 康司さんがプロデュースする丼専門店です。元々「きむら丼」はバンコクのみの店舗だったのですが、国内唯一の支店として2021年7月に新宿タカシマヤタイムズスクエアに期間限定店としてオープンしました。

14階のレストランフロアの一角にある「きむら丼」と書かれた藍色の暖簾の横には「㐂邑」の文字。間違いなく、ここは木村さんのお店。松・竹・梅に分けられた丼のラインナップを見ると、実店舗でもいただいたことのあるものもちらほら。そして、実店舗では絶対に食べられないであろう肉系の丼もあるので、いつかは食べてみたいところ。しかし今回は常設メニューではなく、夏の期間限定の「天風良 にい留」とのコラボ丼を注文です。


IMG_2559_2022072609001415e.jpg
「にい留」の揚げ玉雲丹いか丼
以前、実店舗である二子玉川の「すし 㐂邑」でいただいた白烏賊と「天風良 にい留」の揚げ玉を使ったコラボ鮨の丼バージョン。
「すし 㐂邑」で必ずしもこのコラボ鮨が供されるどうか分からないので、自分の意思で食べられるのはかなり嬉しい。烏賊は木村さんのような超絶技巧な切り方ではないけれど、ねっとりととろけて揚げ玉の旨味が広がり、雲丹と一緒に食べると実に幸せ。ふわっと盛られた下のご飯も確りとあの固めのアルデンテシャリで、この量で食べられるのは夢のよう。今回気付いたことですが、丼のご飯は酢飯のような少し酸味のある方が後引くさっぱり感があって、どんな具材にも合う気がします。

夜にはあの『雲丹蕎麦』を含めたコース料理もあり、一品料理には『牡蠣バター』や『穴子の山椒煮』などの皿まで舐めたくなるようなあの肴もあり、気軽に「すし 㐂邑」を体験できる素晴らしさがあります。木村さんの個性的な種とシャリがこのひと椀に収まっており、「すし 㐂邑」の価格帯を考えればとてもリーズナブルで美味しい。

きむら丼
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2 新宿タカシマヤ 14F
03-5361-2027
丼もの(その他) / 新宿駅代々木駅新宿三丁目駅

昼総合点★★★★ 4.0



食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | たまに行くなら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.のたまに行くならこんな店 「ブリル飯店 #8」
- 2022/07/29(Fri) -

ブリルな街中華/ブリル飯店


IMG_2133.jpg
赤海老の香り醤油漬け
有頭の大きな赤海老を紹興酒ベースのタレに漬けたもの。プリッとした食感の後に赤海老のトロリとした甘さが広がります。


IMG_2134_202207200539352b5.jpg
ブリル広東風チキン
ずっと売り切れで食べられなかった「ブリル飯店」のスペシャリテの1つ。最近仕込みを増やしたそうで、やっと食べることができました。胸肉と腿肉の盛り合わせで、初めは胸肉から食べることを勧められます。胸肉は究極のしっとり感でじゅわ〜と旨味が溢れ、腿肉はダイレクトに食べた瞬間にドッパーンと旨味が広がります。やはり美味しい!


IMG_2135.jpg
チャーシュータルト
忘れてはいけないもう1つのスペシャリテ。サクサクのパイ生地にトロトロのアパレイユ、そしてゴロリとした角切りチャーシューがたまらない。


IMG_2136_20220720053938e28.jpg
海老のマヨネーズソース レアチーズ添え
「海老マヨにレアチーズって…」
きっと誰でも最初はそう感じるはず。しかし、コレが非常に美味しい。マヨネーズの酸味にレアチーズの確りとしたコクが合わさり、エビマヨ好きにはたまらない未体験の美味しさ。


IMG_2137.jpg
"旬"の青菜炒め 富乳ソース
さほど興味はなかったのですが、高橋料理長が「今日のは食べて行って!静岡県産の空芯菜だから!」とお薦めされたので、注文。
シンプルに空芯菜のみの炒めですが、ニンニクと富乳のパンチある味わいの中でシャリシャリとした空芯菜の食感が実に美味しい。食べて正解の料理でした。


IMG_2139.jpg
冷やし海鮮酸辣湯麺
「コレもゼッタイ美味しいから食べ行って!」と強く薦められたので、既に注文していた〆を変えて注文。
酸っぱ辛いあの酸辣麺の冷やしバージョンで、ちょうど訪問時はジメジメとした季節だったので、実に爽快感のある味わいが身体を巡ります。チャーシューの煮汁の味玉や蟹肉、車海老、鰹と豪華な具材で盛り付けられ、スープも想像以上に酸っぱ辛くなく、実に美味しい。

ルミネ横浜のレストランフロアにある「ブリル飯店」は、穴場だ。程よく照明を落とし、木の温もりを感じられる広々としたテーブル席で食べられるのは、所謂モダンチャイニーズと呼ばれるちょっとオシャレな中国料理。デートは勿論のこと、1人客から女子会まで様々なニーズに応えられる懐の広さがあり、ホールをハイテンションで接客してらっしゃる高橋 啓剛さんが作り出す料理はどこか独創的であり、しかしながらハズレなく美味しい。グランドメニューの料理もいいですが、別紙にある旬の料理が実にお薦めです。

ブリル飯店
横浜市西区高島2-16-1 ルミネ横浜 708
050-5872-2310
中華料理 / 横浜駅新高島駅高島町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.9



食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | たまに行くなら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.のたまに行くならこんな店「日本橋人形町 川田 #10」
- 2022/07/12(Tue) -
IMG_1833.jpg

美しき一輪花/日本橋人形町 川田


IMG_1836_202206030444230a1.jpg
芋茎の吉野煮
生姜がいいアクセントになっており、出汁の旨味と芋茎のシャキシャキとした食感が心地よい。


IMG_1837.jpg
鯛と胡麻の飯蒸し
供された時点で立ち上る胡麻の香り。胡麻が濃厚でありながらも咀嚼の度に広がる鯛の旨味の濃さに驚きます。


IMG_1838_202206030444246e8.jpg
無花果の田楽
青柚香るトロリとした無花果の甘味と上にかけられた味噌の軽やかな酸味が口の中に広がります。


IMG_1840_2022060304442496f.jpg
穴子の八幡巻き
香ばしく焼かれた穴子の香りと力強い牛蒡の香りが素晴らしい。口の中で広がる海と山の共演。


IMG_1841.jpg
じゅんさい
粒の大きく、口の中を洗い流す一陣の風が吹くような爽やかさ。


IMG_1842_20220603044427709.jpg
太刀魚と鮑♡♡
からりと揚げられたふわりとした太刀魚とモチっとした鮑は、それぞれ旨味と甘味が実に美味しい。特に太刀魚は焼物とは違う食感と旨味が感じられて、新しい一面を垣間見たような感じ。


IMG_1844_20220603044429411.jpg
鯛の煮凝りと雲丹
上品な鯛の煮凝りの旨味に濃厚な雲丹の甘味が合わさる口の中で完成する味わい。いつもながら、器の中の雲丹の量に驚きます。


IMG_1845.jpg

IMG_1846_202206030446591f9.jpg
鯛と鳥貝♡♡
背と腹の部位が盛られた鯛は咀嚼の度に旨味と甘味が溢れ、軽く炙られた鳥貝は強烈な甘味と潮の香りがふわりと広がります。


IMG_1847_20220603044700348.jpg
虎魚の丸仕立て♡♡
椀の中で葛打ちされた虎魚はトロリととろけるようで、力強くも嫌味な濃度ではない鰹出汁の旨味が心響く美味しさ。


IMG_1848_20220603044702b30.jpg
喉黒
口に入れると。まるで液体だったかのようにシュッととろけます。ただ脂っこいのではなく、確りと喉黒の旨味や甘味も感じられて美味しい。


IMG_1849.jpg
ぜんまいの信田巻き
ぜんまいを油揚げで巻いたもので、ジュワッとした油揚げとザクっとするぜんまいの食感の中で、上品な出汁の旨味が口いっぱいに広がります。


IMG_1852_2022060304470321c.jpg
賀茂茄子と伏見唐辛子
旨味と甘味がある出汁の中で、トロリとした賀茂茄子が絶妙に美味しい。決して映える料理ではありませんが、心の琴線に触れる料理です。


IMG_1853_202206030447059ed.jpg
〆ご飯①新生姜の炊き込みご飯
サクサクとした新生姜の食感が食べる度に小気味よく、ピリッとした爽やかな味わい。


IMG_1854_202206030447070f2.jpg
〆ご飯②生海苔の佃煮
炊き立ての銀シャリに生海苔の佃煮。これだけで絶対に美味しいと感じるのは、日本人のDNAに刻まれている記憶だと思います。


IMG_1855_2022060304470892e.jpg
〆ご飯③卵黄の醤油漬け
醤油漬けにすることで脱水と浸透で、旨味がより濃厚になった卵黄は究極のTKG。


IMG_1856_20220603044710e9a.jpg
〆ご飯④ちりめん山椒
鮮烈な実山椒が決め手のちりめん山椒は、炊き立て銀シャリの熱で香りも立ち、実山椒のピリッとした辛味とちりめんじゃこの旨味がたまりません。


IMG_1857_202206030447110c1.jpg
〆ご飯⑤牛肉の時雨煮
絶妙な甘辛な炊き具合で、口の中でジュワッと溢れる肉の旨味が実に美味しい。いつも思うことですが、お土産に欲しい…。


IMG_1858.jpg
わらび餅
目の前で川田さんが作る自家製わらび餅。いつもよりも弾力が豊かでモチモチ。

初夏の味わいを楽しみに人形町にある「日本橋人形町 川田」へ再訪。季節が巡るのは早く、店主・川田 治司さんの料理に出逢って、既に3回目の夏。「この料理は以前にお出ししましたね」と川田さんの言葉と共に味わう料理は、当時のことを思い出させてくれます。瞬く間に時代は流れて、コロナ禍で生活がガラリと一変した中、またこのお店で川田さんの料理をこうしていただけることをとても嬉しく思います。心に沁みる美味しさをありがとうございました。

日本橋人形町 川田
東京都中央区日本橋人形町1-5-5 芳町ビルB1
03-6667-0329
割烹・小料理 / 人形町駅水天宮前駅茅場町駅

夜総合点★★★★ 4.8



食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | たまに行くなら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.の珠玉のスイーツ「プリン・ア・ラ・モード #6」~Cafe Lisette~
- 2022/07/08(Fri) -
IMG_1899_20220619011724fbd.jpg

IMG_1898_202206190117232c1.jpg

二子玉川にあるCafe Lisetteは、季節によって上に盛られるフルーツが変わるプリン・ア・ラ・モードが有名で、初夏の今はアメリカンチェリー。確りとした堅めのプリンの周りに半分に切られたアメリカンチェリーが盛られており、横から見ても真上から見ても可愛い。

Cafe Lisette
東京都世田谷区玉川3-9-7
03-5717-3779
カフェ / 二子玉川駅二子新地駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7



食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | たまに行くなら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.のたまに行くならこんな店「イチリンハナレ #10」
- 2022/07/03(Sun) -
IMG_1766.jpg

心響く、味と空間/イチリンハナレ

IMG_1769.jpg


IMG_1770.jpg
シマアジ
梶谷農園のマイクロハーブで彩った下には、シマアジ・クラゲ・春キャベツが入っており、玉葱の黒酢ソースでいただきます。
コクのある爽やかな黒酢ソースの中で、クラゲのコリコリ感と春キャベツのシャキシャキ感が楽しく、その中でシマアジの旨味がグッときます。


IMG_1771.jpg
渡り蟹
内子のオレンジ色が煌めく渡蟹の紹興酒漬け。身と内子の旨味と甘味の後にふわりと香る紹興酒の甘味がたまらなく、夢中でしゃぶりつく美味しさ。


IMG_1773.jpg

IMG_1774.jpg
豚足と脆皮鶏♡♡
予めリクエストしていた脆皮鶏と他の客のリクエストだったという豚足の唐揚げの盛り合わせ。極上のパリパリ加減の脆皮鶏は咀嚼の度に旨味が溢れ、舌に絡みつくようなトロトロの豚足が美味しすぎます。


IMG_1776_20220525090537c97.jpg
丹波高坂地鶏
「イチリンハナレ」のスペシャリテである丹波高坂地鶏を使った『よだれ鶏』。旨辛なタレにどっぷりと付けても旨味が確りとしている丹波高坂地鶏のポテンシャルも素晴らしく、万能とも呼べる『よだれ鶏』のタレが美味しい。


IMG_1778.jpg

IMG_1779_20220525090912315.jpg
からの 餃子/からの 麺
パリッと焼かれた皮はモチモチの肉汁を確りと閉じ込めている餃子をこの旨辛なタレに付けていただきます。そして、最後は山椒を練り込んだ山椒麺を入れて、タレの旨味を味わいます。どちらもこのタレの良さを十分に楽しめる良さがあり、何よりも美味しい。


IMG_1780_2022052509091549e.jpg
フカヒレ
特大のフカヒレは焼くことで香ばしさをプラスして、濃厚な鶏白湯の中でも確りとした存在感を示しています。それにしても大きくて、厚みのあるフカヒレなので、繊維の1本1本が太くてパリッとした食感が口の中で響きます。


IMG_1782.jpg
からの おじや
同じ餡で炊いたおじや。少量ながらも嬉しい演出。勿論、美味しい♡


IMG_1783_202205250909177c6.jpg
帆立
一度ソテーしてから、葱と四川山椒ソースで。火を入れることで、帆立の甘味をグッと引き出しており、葱と四川山椒がその甘味の輪郭をはっきりとさせて、甘味の余韻の長く続くような味わい。


IMG_1784.jpg
しらす
(おそらく和歌山の老舗しらす屋「しらす創り山利」の)しらすと大葉を使った春巻。想像よりもずっとしらす感が凄く、この春巻そのものがしらすという感じ。しらすも一匹一匹が大きくて存在感もあり、旨味も強くて美味しい。


IMG_1787_20220525090919c78.jpg
ラムチョップ
ラムチョップを使った唐辛子炒め。唐辛子と山椒の爽やかな刺激の中で、ラムチョップはとても柔らかく、いい意味でも悪い意味でも羊らしさがないので、羊独特の香りが苦手な方でも食べられるような味わい。個人的には羊が好きなので羊らしさがないのは、どこか物足りなくなる感じ。


IMG_1788_202205250909212ae.jpg
カツサンド盛り合わせ♡♡
コクのある黒酢ソースとプチプチとしたエゴマシードが印象的な牛と豚を使ったカツサンドを今回は牛には牛の、豚には豚の良さを再確認できるような食べ比べ。


IMG_1791_2022052509092219b.jpg
水蓮菜 鳥貝
コレは食感のパレードのよう。台湾の野菜である水蓮菜と葱のシャキシャキとした食感と鳥貝のシャクシャクとした食感の異なる3種がとても心地よく響き、ナンプラーのアクセントが美味しい。


IMG_1792_202205250909245dc.jpg

IMG_1793_20220525090925f0c.jpg
やきそば お粥
香港麺を使った黄韮やきそばとジャスミンライスを使った鶏粥。「交互に食べた方が美味しいよ!」という斉藤シェフの勧め通りに食べてみると、確かにこちらの方が断然美味しい。どちらも単調な味わいなので、交互に食べることで口の中で完成する旨味の調和が素晴らしい。


IMG_1794.jpg
ライチ トマト
兵庫県のフルーツトマトの『フルーティカ』を浮かべたタピオカ入りライチ。芳醇なライチの中で驚くほどのトマトの甘味が凄い。


IMG_1795_2022052509092855b.jpg
茶菓子
左から東方美人クッキー・山椒ガトーショコラ・胡麻生キャラメル・花梨ジャム・チョコレートマカデミアナッツ。

街よりも緑が濃い古都・鎌倉にあるヌーベルシノワ「イチリンハナレ」に再訪。オーナーシェフの斉藤 宏文さん望月 康弘さんを中心とした少数精鋭の料理人たち(今夜も山口 浩平さんにお世話になりました)が織りなす美食の時間に酔いしれます。特に今は陽が長くなったので開店と同時に入店すれば、カウンター越しに感じられる日本庭園に帷が落ちる瞬間も感じられ、料理に自然というスパイスを得て、より素敵になること間違いなしです。

今夜もたくさん食べさせていただきました。確固たる技術力の中で、中国料理らしいダイナミックさや素材の旨味を活かす繊細さもあり、素晴らしい料理の数々でした。また季節を変えて伺う日が楽しみです。

イチリンハナレ
鎌倉市扇ガ谷2-17-6
0467-84-7530
四川料理 / 鎌倉駅

夜総合点★★★★ 4.9



食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | たまに行くなら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.のたまに行くならこんな店「美かさ #6」
- 2022/06/29(Wed) -
IMG_1714_20220515225954741.jpg

出逢えるならば、何度でも/美かさ


IMG_1715_202205152259558bf.jpg
お造り
今回は鮪。添えてある山芋とオクラを一緒に食べれば、ちょっとした鮪の山かけに。


IMG_1717_20220515225956c96.jpg
海老足・百合根・トマト・蚕豆・胡桃
素材の味わいを活かしているサクリとした衣が美味しい。


IMG_1718_202205152259587c3.jpg
海老①
薄衣に包まれた海老はねっとりとして甘味が素晴らしい。


IMG_1719_20220515230000e7a.jpg
海老②
2本目は海老味噌付き。海老味噌の濃厚な風味がより海老の旨味を高めさせます。


IMG_1720_202205152300010eb.jpg
アスパラ
穂先と軸の2種を供されます。青い香りが鼻から抜けて、ジューシーな甘味が広がります。


IMG_1721_202205152300020f5.jpg

開いたのを畳んで揚げており、身のフワフワ感と天つゆにどっぷりとつけても尚感じる鱚の甘味が素晴らしい。


IMG_1722_20220515230004379.jpg
椎茸
酢橘と塩を勧められる椎茸には、なんと明太子が入れられています。驚きの発想力。


IMG_1723.jpg
渡蟹の湯葉巻き
中には蟹味噌も入っており、旨味は抜群。驚くのが湯葉巻きにすることで、衣と蟹の境界線をなくしており、まるで蟹そのものを食べているかのような感覚です。


IMG_1724_20220515230336b78.jpg
コシアブラ
サクリとした食感の後に広がる山の清々しい香り。


IMG_1725_20220515230338328.jpg

口に入れた瞬間に溶けるような素晴らしい柔らかさ。


IMG_1727_20220515230339c80.jpg

名残りの筍。ザクザクとした小気味良い食感となんと言っても香りが凄い。


IMG_1728_20220515230340c0d.jpg
女鯒♡♡
貴重な江戸前のメゴチ。肉厚でとてもジューシー。塩で食べることで、旨味と甘味の輪郭が確りとして至福の美味しさ。


IMG_1729_202205152303428cb.jpg
丸茄子
ギリギリ噛んで食感があるくらいの火入れで、ひと噛みすると茄子の旨味がジュワッと溢れます。


IMG_1730_20220515230343f10.jpg
雲丹
大根で巻いた雲丹は衣のサクサク感と大根のシャリシャリ感が同時に味わえ、口に残るのは雲丹の甘味のみ。


IMG_1731_20220515230345ab6.jpg
タラの芽
苦味などは微塵もなく、仄かに感じられる甘味が愛しい。


IMG_1732_202205152303473b5.jpg
鯛の白子♡♡
酢橘を搾り、天つゆで。酢橘の酸味でより映える白子の甘味が秀逸で、トロリと溶ける様は素晴らしい。


IMG_1734_20220515230348486.jpg
穴子♡♡
活け穴子を目の前で捌く土肥さんのライブを鑑賞後に揚げられます。そして、目の前に供されて、菜箸で半分に割る約5秒のショーを見られます。たっぷりと天つゆにつけて食べると、揚げてもまだ生きているような身は口の中でとろけます。


IMG_1736_20220515230350f69.jpg
かき揚げ丼
海老と小柱のみのシンプルなかき揚げを使った丼。今夜は小柱の入荷が少なかったそうで、海老多めなかき揚げ。丼つゆに潜らせても尚サクリとする衣が実に美味しい。


IMG_1737.jpg
わらび餅
ちょっと固めな(おそらく)自家製のわらび餅。

宮崎台にある神奈川県が誇る天麩羅の至宝「美かさ」。店主・土肥さんの揚げる天麩羅はなんと言っても口の中でシュッとなくなるような衣の軽さが好きです。

「鮨で言うならば、油がシャリ。今食べているのがネタね」

個人的には衣がシャリと思っていたので、土肥さんの言葉に目から鱗でした。衣と素材が一体化する天麩羅はどの食材もその味わいや香りを感じられて美味しい。今回供された『椎茸』には明太子を入れたり、以前供された『墨烏賊』には烏賊墨を入れたりと美味への探求にまだまだ余念のない土肥さん。ご高齢ながらも、油の入った分厚い銅鍋をひょいと持ち上げてらっしゃる姿に安心感を覚え、また出逢える日が楽しみになるのです。

美かさ
川崎市宮前区宮崎2-9-15
044-853-1819
天ぷら / 宮崎台駅宮前平駅

夜総合点★★★★ 4.7



食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | たまに行くなら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.のたまに行くならこんな店 「LA FIGLIA DEL PRESIDENTE」
- 2022/06/05(Sun) -
IMG_1424.jpg

土曜日の昼。
口がチーズを求めている…。出来るならば、ピザではなくて、ピッツァが食べたい。で、やってきたのは関内・馬車道にある「LA FIGLIA DEL PRESIDENTE」
1994年イタリア・ナポリで開かれたG7サミットで、当時のアメリカ大統領クリントン氏が食べていたナポリピッツァを焼いていたのがピッツァイウオーロのエルネスト・カチャッリ。メディアの力もあって、ナポリピッツァ界で一躍有名になり、その技術を受け継いだ娘のマリア・カチャッリのお店「Figlia del Presidente」の日本第一号店がこのお店だそうです。2019 年ナポリのピッツァコンテスト「プルチネッラ・トロフェオ」で優勝経験もあるピッツァイウオーロ・今井 憲さんがナポリの名店の味を引き継いでいます。

店内は薪で焼く窯を見ながら食べられるカウンターと2階のテーブル席があり、今回は2階へ。予約なしで入れたのが奇跡なくらいにかなり賑わっており、土曜日のランチタイムでもワインを片手に楽しんでいる方が多かったです。


IMG_1426_20220503052017675.jpg
ナポリ名物ザッポリーネ
ピザ生地に青海苔を混ぜたフリットで、モチモチとした食感の中で香る青海苔が心地よい。かなりの量があったので、ちょっとびっくり。


IMG_1427_20220503052019055.jpg
生ハムサラミの盛り合わせ
生ハム・ミラノサラミ・ナポリサラミの盛り合わせ。特に生ハムが常温でトロリとしていて、美味しい。


IMG_1428_20220503052020b8b.jpg
マルゲリータ・ブッファリーネ
30センチはあろうかという大きさで、モチっとした生地の上にトマトソース・水牛のモッツァレラ・バジリコが乗った定番の中の定番ピッツァ。たっぷりとあるトマトソースはやや酸味のある味わいで、とろけているモッツァレラチーズと合わさって、滴るような感じ。

横浜でも窯焼きピッツァを提供できるしているお店は増えてきており、必ずしもこのお店じゃないと!いう価値観はないのですが、次回訪れたら、名物という揚げピッツァの『ピッツァ フリッタ』を食べてみたい。

LA FIGLIA DEL PRESIDENTE
横浜市中区常盤町5-59
045-228-8846
ピザ / 馬車道駅関内駅桜木町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7



食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | たまに行くなら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.のたまに行くならこんな店 「ブリル飯店 #7」
- 2022/05/30(Mon) -
IMG_1489_20220507230959963.jpg

ブリルな街中華/ブリル飯店


IMG_1491_202205072310017f2.jpg
生ホタルイカの醤油漬け
生臭さもあまりなく、程よい塩分で肴にはもってこい。


IMG_1492_2022050723100256b.jpg
真鯛の昆布〆 葱山椒ソース
昆布〆してある真鯛は切りつけの厚くて、程よく脱水されていてモチッとした食感があります。葱の青い部分・山椒・塩を作った緑色のソースをかけると、確りと中華料理になります。


IMG_1493_2022050723100396a.jpg
白海老の香り揚げ
サクサク感がたまらなく、スナック菓子のように食べてしまいます。


IMG_1494_20220507231005478.jpg
カラスミビーフン
ずっと気になっていた前菜の1つをやっと注文。茹でたビーフンに香港の特製調味料で和えてカラスミをかけたものですが、絶妙な塩味と風味が美味しい。


IMG_1495_20220507231006fac.jpg
元祖チャーシュータルト
やはり外せないこの料理。サクサクのパイ生地、トロトロのアパレイユ、旨味溢れる角切りチャーシューが日に美味しい。


IMG_1496_20220507231008c26.jpg
ラム肉の旨辛よだれ水餃子
パクチーとラム肉。どちらもクセがあり、万人受けする食材ではないですが、この2つが合わさると…なんて美味しいのでしょう。


IMG_1497_20220507231009c1c.jpg
焼丸餃子
コレは水餃子を焼いた感じで、カリッと焼かれた焼き目とモチモチとした厚めの皮が美味しく、肉汁が迸ります。


IMG_1498_202205072310110ea.jpg
ロメインレタスの回鍋肉
供された瞬間から香る美味しそうな匂い。カリッと焼かれた豚バラにシャキシャキとしたロメインレタスの食感がたまらない。焦げた味噌とニンニクのパンチのある風味が「思わずご飯をくれ〜!」と叫びたくなる味わい。


IMG_1499_20220507231013944.jpg
四川風エビチリ
単品の『海老の濃厚チリソース』とはまた違うセットメニュー限定のエビチリ。四川風なので後から追いかけるようなピリリとした辛味があります。玉子で円やかになっているので、全体的にさほど辛くはなくてプリッとしたエビに大きいな茄子が美味しい。ご飯が進む味わいです。

今夜もクラフト紹興酒を片手に「ブリル飯店」でのブリル飲みを楽しませていただきました。そして、今回も既に売り切れていたスペシャリテの1つ『ブリル風広東チキン』。早めに入店するか、予め予約しておかないと食べられなくなってしまったみたい。しかしながら、予約なしでフラッと立ち寄れる気軽さと料理の美味しさは実に使い勝手の良いお店だと思います。料理長の鈴木 啓剛さんが考える「今月のおすすめ」は、特に旬の食材を使っている料理ばかりなので要チェックです。確りとした昼・晩ご飯に私のようなブリル飲みと楽しみ方は色々とできるので、今後も通うことは間違いないお店の1つです。

ブリル飯店
横浜市西区高島2-16-1 ルミネ横浜 708
050-5872-2310店
中華料理 / 横浜駅新高島駅高島町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.9



食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | たまに行くなら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.のたまに行くならこんな店 「とんかつ檍のカレー屋 いっぺこっぺ 新橋店」
- 2022/05/27(Fri) -
IMG_1376.jpg

以前、蒲田にある「とんかつ檍」のかつカレー専門店である「いっぺこっぺ」で『特ロースかつカレー』を食べた時に感じた

間違いなく美味しいけど、かつカレーはこうじゃない…

IMG_1378_2022041800564014b.jpg

という気持ちがあって、「いっぺこっぺ」には全く足が向かなかったのですが…今回やってきたのは、新橋にあるニュー新橋ビルに新しくオープンした「とんかつ檍のカレー屋 いっぺこっぺ 新橋店」
かつカレーも食べられますが、なんと夢にまで見た「とんかつ檍」のロースかつを使った『檍のかつ丼』を食べられるのは、この新橋店だけです。勿論、とんかつはオーダー毎に揚げる妥協ないスタイルで、揚げたてとんかつを包丁で切る時のサクサクという音が小気味良い。かつカレーは垂直に切るのに対して、かつ丼は肉の表面積を広くして割下の味わいを染み込ませやすくする為に削ぎ切りにしています。

IMG_1377.jpg

お待たせしました!

供された大きな白い器に中には、玉子でとじたお手本のようなビジュアルのかつ丼。味わいも甘辛いつゆが染み込んだロースかつ、トロリとした玉子がご飯に絶妙にマッチして美味しい。ご飯は俗に言う汁だくになっているので、最後まで確りとした味わいが楽しめるようになっており、箸よりもスプーンで食べるのがオススメです。かつカレーは普通・上・特とランクがあるのに対して、かつ丼はロースとヒレの部位による違いのみ。個人的には上ロースや特ロースを使ったものも食べてみたい。

とんかつ檍のカレー屋 いっぺこっぺ 新橋店
東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル 1F
03-6206-7300
カレーライス / 新橋駅内幸町駅汐留駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7



食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | たまに行くなら | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ