FC2ブログ
nao.の極みの一杯「鴨コンフィ麺」-らーめん 鴨 to 葱-
- 2019/05/11(Sat) -
IMG_5236.jpg

山手線の新橋〜上野あたりで、美味しい変わったラーメンが食べたいと思って探していると、御徒町『鴨』を使ったラーメンを見つけたので行ってみることに。

IMG_5241.jpg

御徒町駅北口から商店街を歩いていると、ちょした人集りがあったので、すぐに分かったラーメン店「らーめん 鴨 to 葱」。2017年にオープンした比較的に新しいお店でネットの評判も良くて、休日でも行列が絶えないらしい。私が到着したのは土曜日の15時くらいでしたが、約15人くらいの人が列を作っていたので、ネット情報は間違いないみたい。

IMG_5239.jpg

IMG_5240.jpg

このお店で提供しているのは、その名の通り『鴨』を使ったラーメンで、店頭に置いてある説明文には「鴨・葱・水」のみで作っているとのこと。メニューは『鴨らーめん』『鴨コンフィ麺』『鴨ワンタン麺』『鴨汁つけそば』の4種があり、ご飯物としては『トロたくちらし』と『小親子丼』があります。その中で、私が選んだのはいわゆるチャーシュー麺に相当する『鴨コンフィ麺』

IMG_5245.jpg

IMG_5246.jpg

店頭の券売機で食券を買ってから並ぶシステムで、グループ客もいる中でもだいたい15分待ちくらいで入店できました。比較的に回転は早いみたい。並んでいる間に、食券の回収と上に乗せる「季節の葱」を聞きにきてくれるので、入店してさほど待つことなく提供されます。柚子胡椒・自家製香り七味が置いてあるカウンターは、なんと畳張りという珍しい造り。

IMG_5247.jpg

供された『鴨コンフィ麺』がコレです。2月の「季節の葱」は、丸太葱・九条ねぎ・アーリーレッド(玉ねぎ)の中から2種類を選ぶことができます。私は無難なとこで、丸太葱と九条ねぎにしてみました。「見た目が美しいラーメンは、美味しい」というのが私の持論なので、コレはきっと美味しいはず。
鴨スープは優しい味わいながらも滋味深くあっさりとし、鶏とはやはり風味が違います。全粒粉の細麺はプツプツと心地よい歯切れを楽しめ、啜るのが楽しい。インスタ映えしそうなロゼ色の鴨肉は柔らかくてジューシーですが、個人的にはもう少し厚みがあった方が存在感が増して嬉しいところ。見た目同様に味わいも綺麗なラーメンといった感じでしょうか。鴨だけでなく、違う食材のスープを合わせれば、更に奥深い味わいになりそうですが、「鴨・水・葱」というコンセプトは潔いと思います。

らーめん 鴨 to 葱
東京都台東区上野6-4-15
ラーメン / 御徒町駅上野御徒町駅上野広小路駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7



食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
スポンサーサイト
この記事のURL | 極みの一杯 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.の極みの一杯「特製醤油らぁ麺」~麺や維新~
- 2019/05/05(Sun) -
IMG_5068.jpg

土曜日の夜に目黒をうろついていることが珍しく、食べてみたかったラーメン店があったのを思い出してやってきました。

「麺や維新」

ミシュランのビブグルマンに掲載されているラーメン店で、横浜にある姉妹店の「維新商店」には何度か行ったことがありますが、本家本元には初めてです。意外にも駅から歩いて5分くらいの所にあり、入口は狭いですが奥に長いカウンターがある凄く綺麗な店内。こういうラーメン店らしくない雰囲気のお店は、食べる前から「きっとこのお店は美味しい」と思ってしまいます。

店頭にあった限定という『味噌』や『柚子塩』も気になるところですが、初見なのでやはり『特製醤油らぁ麺』でしょう。


IMG_5067.jpg
実食

供されたラーメンは、実に美しい!味玉・ワンタン・豚と鶏のチャーシューが、まるで絵画のように盛り付けられています。
「あぁ、間違えない」
まさに淡麗。スープを飲み終えた後に、ふわりと醤油の香りが鼻から抜けます。このスープ以上に印象的なのは、麺。平打ち細麺はシコシコとした食感も心地よいですが、何よりも喉越しが素晴らしい。ツルッと喉に入っていくような感覚は、なかなか味わえない感覚です。具の中で特に私が気に入ったワンタンは肉々しくもあり、ヒダの部分が多くてちゅるんとした食感も楽しめて、実にいい。

調理工程を見ていても、凄く一つ一つ丁寧に作られていて、この一杯に注がれる情熱も感じられるかのよう。となれば、俄然気になるのが他の味。次回は『柚子塩』を食べてみようか、いや限定の『味噌』かな?未来の私は何を選ぶだろう。

麺や維新
東京都品川区上大崎3-4-1
03-3444-8480
ラーメン / 目黒駅白金台駅五反田駅

夜総合点★★★☆☆ 3.8



食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 極みの一杯 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.の極みの一杯『特製つけめん』~くり山~
- 2019/04/29(Mon) -
IMG_4101.jpg

久しぶりに『つけ麺』が食べたくなって、やってきたのは白楽にある「くり山」。まだ横浜につけ麺文化が根付いていなかった2008年に「仁鍛」としてオープンし、つけ麺ブームの火付け役である「六厘舎」から初の独立店として、2014年に店主の栗山 卓也さんの名前をとって「くり山」と屋号を変えたお店です。
昔から今も横浜のラーメンと言えば、家系ラーメンが主流。流行り廃りが早い中でも、未だに人気が衰えないのは、元々の美味しさの根底にある気配り。それは毎日でも食べられるようにと、昼はさっぱりとした中濃で、夜は濃厚と時間帯で濃度を変えているスープもその一つだと思います。

着いた時間が17:45。濃厚スープは18時からということで、今回は中濃スープ。注文は昔から変わらない『特製つけめん』です。特製のトッピングは、低温調理豚チャーシュー・鶏チャーシュー・味玉・海苔という内容。


実食

IMG_4102.jpg

実は以前にも中濃スープを食べたことがあり、その時は「昔の方が美味しかったな」という感想だったのですが、今回は…。なるほど!中濃、あっさり。鼻を刺激するような魚粉もなくて、コレはコレで美味しい。モチモチとした麺は変わらずに美味しく、オープン当初は師匠の山岸さんから譲り受けた製麺機を使っていたそうだけど、今もそうなのかな?具も流行りの低温調理は味わい深くて、美味しい。鶏チャーシューはもう少し柔らかな方が私好みだけど。〆のスープ割りは柚子の香りを添えることで、最後まであっさりと食べられました。

接客もラーメン店らしくなくて、「いらっしゃいませ」ではなく、「こんにちは」「こんばんは」と言う。お客を大切にするという師匠の教えは今もなお、脈々と息衝いていることが実感が出来るお店だと思います。

くり山
横浜市神奈川区六角橋1-147-29
045-421-0537
つけ麺 / 白楽駅東白楽駅岸根公園駅

夜総合点★★★☆☆ 3.7



食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 極みの一杯 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.の極みの一杯「特製鶏白湯SOBA」-銀座 篝 鎌倉店-
- 2019/04/15(Mon) -
IMG_5419.jpg

鎌倉「銀座 篝」がやってきたと知り、早速行ってきました。銀座に本店を構え、大手町・池袋・札幌・浦和・北新地に続く支店で、極上の鶏白湯を提供しているミシュランにも2年連続で選ばれているラーメン店です。銀座には4丁目と銀座 Echika fitに2店舗あったのですが、4丁目は一時閉店して6丁目に移転して再開していますが、銀座 Echika fit店は設備不良?の為に未だに再開していません。その中での鎌倉店オープンは嬉しいところ。私にとっては馴染みのない方面ですが、断然に近い。

IMG_5423.jpg

IMG_5422.jpg

小町通りからちょっと外れた路地にあり、駅からも10分とかからず、通し営業というのもポイントです。お店の前には胡蝶蘭が彩り、高級感のある割烹のような外観が目を引きます。知らなければ、とてもラーメン店とは思えません。列を成してなかったので、戸を開けると白木カウンターがずらりと並び、奥にはテーブル席もあるかなり大きなハコです。…しかし…誰もお客さんがいない…。オープンしてまだ1カ月経っていないからまだ認知されていないのか、かなりの穴場と化しています。券売機はないですが、前金制で注文してから席に案内される形です。鎌倉限定メニューもあり、まだ提供していないメニューもありますが、定番の『特製鶏白湯SOBA』を注文です。

IMG_5424.jpg

見た目の美しいラーメンは美味しい!これが私の持論です。見てください、この美しさを。白磁の器に鶏の旨味が目からも感じられる白湯がよく映え、更に鎌倉の地野菜が色を添えます。『特製』にすると、味玉・鶏チャーシュー・地野菜が豪華になるそうで、スープが冷めるのと見栄えを考慮して別皿でそれは供されます。
…やはり、美味しい。ポタージュのような極濃厚なスープは、それだけでもご馳走です。私的には具も重要なとこなのですが、このラーメンに関しては具は入りません。大抵は『特製』にすると間違いないかなと思っているのですが、同じ具が倍になるだけなのでノーマルでいいのかもしれません。

IMG_5425.jpg

鎌倉限定メニューの『鶏白湯 宇治抹茶SOBA』と『焼鯛出汁と蛤出汁のあわせ SOBA』も気になるので、再訪は確実です。でもその頃にはもう混んでいるのだろうなぁ。

銀座 篝 鎌倉店
鎌倉市小町2-10-7
0467-38-6607
ラーメン / 鎌倉駅和田塚駅

昼総合点★★★☆☆ 3.8



食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 極みの一杯 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.の極みの一杯「特級純鶏そば」~鶏そば十番 156 麻布十番本店~
- 2018/12/26(Wed) -
IMG_4197.jpg

お昼、麻布十番で買い物。あまり来ない街ですが、有名人や芸能人も多い土地柄なので、美味しいお店が揃っているみたい。サクッとランチしたいと彷徨っている中、気になるラーメン店が1つ。「鶏蕎麦かぁ…」と思い、入店したのが「鶏そば十番 156 麻布十番本店」です。「156」と書いて、「ICHIKORO」と読みます。

入ってすぐに券売機がありますが、全くラーメン店らしくなくて、まるでバーのような店内。世界のビールやワインなども販売しているので、実際にバーとしての利用も間違いではないようです。
ラーメンはざっくり分けて、濃厚鶏白湯の『純鶏そば』、鶏・豚・魚介の『つけそば』、鶏ベースの出汁で仕上げた『鶏まぜそば』があって、他にも『海老辛担々麺』『チキンカレー』やお酒のアテ的なサイドメニューも豊富にあります。このお店で1番ベーシックなものは『純鶏そば』だそうで、1番豪華な『特級純鶏そば』を注文です。


実食

IMG_4195.jpg

丼の縁が手前に向けてカットされているちょっと変わった器で供された『純鶏そば』のスープは、まるでポタージュのようにトロトロ。思い描いたようなとろみがあり、そこには鶏の臭みなどは微塵もなく、旨味だけが純粋に抽出されたかのよう。上に盛られた国産あおさのりがスープに混ざることで、また違った風味が生まれて美味しい。そして『特級』というからには、理由があります。漫画の効果音が書かれたポップなお皿で供されるトッピングの数々。特に目を引くのが、骨つき鶏ももの一本煮込みです。箸でもホロホロと身が解けるくらいに柔らかく、ジューシーな仕上がりで、ラーメンの具としてはかなり贅沢な品です。

IMG_4196.jpg

ラーメンとしてのクオリティ、トッピングの意外性と内容としては素晴らしいのですが、接客は良くない。気が付かないのか?言わないのか?新規の客を見ても「いらっしゃいませ」の言葉は、私がいる間に一度も聞かなかったですね。そこがこのお店で、1番気になったとこ。とりあえず味は美味しいので、また来ようという気にはなっています。

鶏そば十番 156 麻布十番本店
東京都港区麻布十番2-1-10
03-3453-1560
ラーメン / 麻布十番駅赤羽橋駅六本木駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7



食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 極みの一杯 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.の極みの一杯『鮎◯ゴトラーメン』-鮎ラーメン 二子玉川店-
- 2018/12/15(Sat) -
昼限定の『鮎涼ラーメン』が鮎の禁漁に伴って終わりを告げ、『しょうがそば』に切り替わったことで『鮎』を食べられるのは、夜のみとなった二子玉川にある「鮎ラーメン」に再訪。淡麗系ラーメンが好みの方には、是非とも食べてもらいたい私の推しのラーメンです。

IMG_3869.jpg

メニューは、とてもシンプル。『鮎』の大きさを選ぶだけ。1/4・ハーフ・丸々1匹とありますが、ここは丸々1匹が乗った『鮎◯ゴトラーメン』がオススメです。岐阜県飛騨高山出身のご主人が目の前の炭場で鮎の一夜干しを炙り、鮎・鶏・野菜などでとったスープの上にドーンと盛り付けされます。まずは見た目のインパクトに驚かれると思いますが、味わいでもきっと驚くでしょう。淡麗系が好みならば、きっとハマるはず。鮎の一夜干しは骨などがないので、頭からかぶりといっちゃって下さい。病みつきになる美味しさです。

IMG_3868_2018121507422414e.jpg

更にこのスープを楽しみたい方には、『鮎焼きおにぎり』。半分くらいはそのまま味わって、残りはスープに投入。〆としては、最高です。サイドメニューにもオススメがあります。それは『炙りチャーシュー盛り』。スープの味が壊れてしまうので別皿で供されますが、これもチャーシューは柔らかくて美味しい。忘れてはならない一品です。

この『鮎ラーメン』は夜ならば、通年食べることができます。秋〜冬の昼限定で提供している『しょうがそば』も侮れないラーメンなので、「鮎、ないんだ…」と肩を落とす前に食べてみてください。コレはコレで、実に美味しい。

鮎ラーメン 二子玉川店
東京都世田谷区玉川3-15-12 玉川三丁目マンション102
非公開
ラーメン / 二子玉川駅二子新地駅

夜総合点★★★☆☆ 3.9



食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 極みの一杯 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.の極みの一杯『特製鶏の醤油』+『ピリ辛鶏そぼろ丼』~鶏喰~
- 2018/11/27(Tue) -
久しぶりにラーメン気分になったので、吉野町にある「鶏喰」へ。横浜を代表するというか最早、説明不要の名店の一つです。昔から土日はかなり並ぶのですが、今となっては平日の昼でも列を成しているという状況。それでも回転は速いみたいで、外に10人いたとしても30分くらいで入店できたので諦めないことが大切かな。

IMG_3280.jpg

メニューはほぼ変わっておらず、『鶏の醤油』『塩』『鶏と鰹の醤油』の三本柱は健在。この中で私が好きなのは『鶏の醤油』なので、『特製鶏の醤油』と未食だった『ピリ辛鶏そぼろ丼』を注文です。


実食

IMG_3283.jpg

変わらない美しい盛り付け。『特製』にすると、味玉・鶏ワンタン・鶏つくね・鶏チャーシュー2種・ローストビーフが盛られて、かなり豪華な見映えです。鶏の旨味をギュッと閉じ込められたスープは醤油の香りが華やぎ、その中で踊るような麺はプツンと音を立てるような軽やかな食感。部位の違う鶏チャーシューも素晴らしく、どこを食べても隙のない味わいです。個人的には全て鶏を使っているのだから、ローストビーフは余計なような気もしますけど。

そして『ピリ辛鶏そぼろ丼』は、花山椒の香りと刺激がある鶏そぼろがたっぷりと盛られており、実に美味しい。3種の丼は全て食べましたが、私的には『チャーシュー丼』が好みかな。

IMG_3284.jpg

久しぶりの再訪となりましたが、味わいと特にサービスが全く変わっておらず、名店となっても驕ることなく研鑽していることに頭が下がります。素晴らしいお店です。

鶏喰
横浜市南区吉野町4-20
非公開
ラーメン / 吉野町駅南太田駅黄金町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.9



食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 極みの一杯 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.の極みの一杯『チャーシュー塩らー麺』 ~本丸亭 鶴屋町店~
- 2018/11/09(Fri) -
IMG_1853.jpg

先日、食べた石川町にある「本丸亭」の『チャーシュー塩らー麺』のチャーシューが、記憶にあるものと違っていたので、横浜鶴屋町にあるお店はどうなんだろう?と思って、やってきました。
閉店の1時間くらい前ですが、未だに外待ち状態で、人気の高さが感じられます。食券を先に買って並ぶシステムだそうで、まずは食券を買います。『チャーシュー塩らー麺』は石川町店が限定なのに対して、この鶴屋町店は常時あるみたいで嬉しいところ。いつも『チャーシュー』にするか、『海老ワンタン』にするか直前まで迷うのですが、チャーシューの食べ比べってことで、『チャーシュー塩らー麺』を選択です。

IMG_1854.jpg

これは!見た目からもわかるチャーシューのトロトロ加減。やはり、記憶は間違っていませんでした!厚めに切られたチャーシューは、金色に輝くようなスープの熱で更にトロトロになり、口の中で溢れ出す脂と旨味が実に美味しい。卓上にある柚子胡椒をチャーシューに付けたりスープに溶かして食べると、更に加速する美味しさ。塩系スープとしては、私の中でトップクラスに好きな味わいです。

チャーシューが記憶通りのもので、本当に良かったです。でもそうすると、また『海老ワンタン』とで悩むことになりそうですが、それは永遠の課題としておきましょう。

本丸亭 鶴屋町店
横浜市神奈川区鶴屋町1-7-21 タクエー横浜西口第三ビル 1F
045-314-0890
ラーメン / 横浜駅神奈川駅反町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.9



食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 極みの一杯 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.の極みの一杯『海老ワンタン白湯そば』~地球の中華そば~
- 2018/10/18(Thu) -
IMG_3106.jpg

あまり横浜に来ない友達のリクエストでやってきたのは、伊勢佐木町にある「地球の中華そば」。以前食べた『ワンタン』が友達の中で衝撃的だったそうで、いつでも行ける私のことを「いいな」と羨んでいたので、今回一緒にやってきたわけです。

土曜日の19時過ぎでしたが、まだ数人の外待ちがあり、変わらずの人気ぶりみたい。ここは『醤油』『塩』『白湯』を三本柱にして、更に『つけ麺』『担々麺』などの派生もありながらも全てが美味しいという稀有なお店なので、いつもながら直前まで迷う。もっと言うならば、『特製』にするか『海老ワンタン』にするかでも迷います。で、指が選んだのは『海老ワンタン白湯そば』です。

IMG_3107.jpg

実食

塩ダレと醤油ダレを4:1でブレンドして、鶏ガラやモミジ・牛骨・豚骨を数時間焚きだした白濁のスープを加えた『白湯』は、臭みなどは微塵もなく深さのある旨味が素晴らしく美味しい。最近の私のお気に入り。そのスープに浮かぶ『海老ワンタン』はプリプリして海老の存在感も確かで、ワンタンの命でもある皮のひだも十分。素晴らしい完成度のラーメンです。

ちなみに私の友達が食べていたのは、『特製塩そば』に『海老ワンタン』をトッピング。豪華でありながらも、たまにしか来れないならば正しい注文だったと思います。次回は私もそうしてみようっと。

地球の中華そば
横浜市中区長者町2-5-4 長者町白井ビル 夕陽ヶ丘ニュースカイマンション101
045-319-4248
ラーメン / 伊勢佐木長者町駅関内駅石川町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.8



食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 極みの一杯 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.の極みの一杯『鮎凉ラーメン』-鮎ラーメン 二子玉川店-
- 2018/10/09(Tue) -
IMG_3713.jpg

そろそろ鮎の禁漁が迫ってくる中で、食べておかないといけないものがあります。

『鮎涼ラーメン』

これは二子玉川にある「鮎ラーメン 二子玉川店」が鮎の解禁から禁漁までのランチ限定で提供しているつけ麺で、鮎の全てを味わえるといってもいい素晴らしい完成度だと私は思っています。

11:20。既に並んでいる中に入り込んで、ギリギリで1回転目をキープ。SNS映えするあの『鮎ラーメン』はなくて、この時期のランチは『鮎涼ラーメン』のみとなっていますので、ご注意を。
注文毎に目の前の炭場で、鮎の一夜干しを炙り、モチモチ食感の平打ち麺の上に乗せて供されます。コレはコレでインパクト大ですね。

IMG_3714.jpg

食べ方があります。まず竹の筒に入っている鮎の煮こごりに麺をくぐらせて食べ、この煮こごりがなくなってきたら、急須に入っている鮎の一番出汁を加えて食べます。そして、添えてあるご飯は鮎の出汁で炊いたもので、上には鮎のフレークが乗せられており、そのまま食べてもよし。更には最初に出される花茶をかけて、お茶漬けにしても美味しい。

IMG_3715.jpg

見た目のインパクト、飽きることのない食べ方、鮎の全てを味わえるようなコンセプト。全てが素晴らしい。今年も食べられて、良かったです。冬のランチ限定の『しょうがそば』も楽しみ。

鮎ラーメン 二子玉川店
東京都世田谷区玉川3-15-12 玉川三丁目マンション102
非公開
ラーメン / 二子玉川駅二子新地駅

昼総合点★★★☆☆ 3.9



食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 極みの一杯 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ