nao.の極みの一杯『限定塩ラーメン』-ラーメン星印-
- 2016/12/27(Tue) -
年末の話。

Twitterでフォローさせていただいてる反町にある「ラーメン星印」の沖崎さんが今年最後の営業で『80杯限定ラーメン』を提供すると知り、まだあるかな?と思いながらも14時に到着。今回はこの『限定ラーメン』のみの販売だそうで、まだ外待ちしているならば残っているはずと待つこと10分くらい。

photo 2

ありつけた!

メニューにはこの『限定ラーメン』の詳細が書かれていて、πウォーターで丸鶏7羽と天然昆布のみで旨味を引き出したスープだそうで、丸鶏も『出水地鶏』『名古屋コーチン』『桃太郎地鶏』『比内地鶏』『シャモロック』を使い、昆布も『天然 羅臼根昆布』『天然 羅臼昆布』の一等というまさに採算度外視の食材。本当は『特製』にしたかったのだけど、ワンタンがないとのことで『チャーシュー』『名古屋コーチン味玉』をトッピングしてみました。

photo_20161227112056c96.jpg

YAZAWAの曲をBGMに、胸に☆が輝く黒のコックコートの沖崎さんの所作は、相変わらず綺麗。真剣な眼差しの先にある丼には、想いの全てが込められているかのよう。

供された時点で、丼から立ち込める鶏の香りがすごい。スープを啜ると、「おー!」と思わず、言ってしまった。ここまで濃厚でありながらも、円やかであり、旨味がハンパない!久しぶりにラーメンでスープまで完食しました。今年1番のラーメンといっても過言ありません。

サイコーに美味しかった!

ラーメン星印
横浜市神奈川区反町1-3-4
045-323-0337
ラーメン / 反町駅神奈川駅東神奈川駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7



ブログランキング参加中です愛のクリック、お願いしまーす

食べログ グルメブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ

スポンサーサイト
この記事のURL | 極みの一杯 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.の極みの一杯『チャーシュー入り塩らー麺』-本丸亭 鶴谷町店-
- 2016/11/24(Thu) -
『ラーメン』はホントに好みの分かれる料理だと思います。私は動物系コッテリはダメで、横浜というと家系ラーメンが発祥の地ですが、まず食べません。では何が好みかというと、アッサリとした淡麗系のラーメンが好きです。横浜駅周辺ですと、「維新商店」や「本丸亭」が真っ先に挙がります。今回は久々に「本丸亭」へ。

本店は本厚木にあり、なかなか行く機会がない街ですが、2005年に横浜元町に出店し、更に2013年に横浜・鶴屋町に出店したことで非常に行きやすくなりました。特筆すべきは、スープ。金色に輝くスープは、私の中で塩ベースの最高峰とも言える逸品です。アッサリとしながらも奥深い味わいは、「この中で泳ぎたいっ」とバカなことを考えてしまうほどです。

photo1-1_20160214231007bae.jpg

20時。
外待ち6人。店内を見てみると、家族連れが多く一気にはけると思って、まずは食券を買って並びます。購入したのは、この店舗で私の中で選択肢は一つしかありません。

photo2-1_20160214231009411.jpg

『チャーシュー入り塩らー麺』です。

予想通りに、すぐ座れたので、久しぶりにご対面です。デフォルトではチャーシュー2枚・ワンタン・春菊・刻み葱ととてもシンプルです。
ここで私なりの好きな食べ方を。まずは、春菊を柔らかくする為に丼底に沈めます。そして卓上にある柚子胡椒を丼縁に置いて、チャーシューに付けて食べます。スープに溶かしてしまうと、折角の味が変わってしまうので、嫌なんです。
変わらずに、美味しい。モチモチとした太めの麺、柔らかくジューシーなチャーシュー、ほんのりと苦味のある春菊、そして絶品のスープ。

私の理想の塩ラーメンです。

本丸亭 横浜店
横浜市神奈川区鶴屋町1-7-21
045-314-0890
ラーメン / 横浜駅神奈川駅反町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.8

昼総合点★★★☆☆ 3.8



ブログランキング参加中です愛のクリック、お願いしまーす


食べログ グルメブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 極みの一杯 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.の極みの一杯『つけ麺雲丹搾り』-五ノ神水産-
- 2016/10/18(Tue) -
photo3_201607242147012da.jpg

予てから気にはなっていたのですが、神田駅からすぐということに全く気付かず、やっと訪れたのは「五ノ神水産」という鮮魚ラーメンをウリにしているお店です。店名から推測できるように新宿にある「五ノ神製作所」の姉妹店であり、海老に対してこちらは鮮魚というわけ。「しかし、鮮魚って?」と思いつつもメニューを予習してみると、『銀だら』や『貝潮』『雲丹』があり、コンセプトは実に面白い。初見ということもあり、ここは『銀だら』かな?と思いましたが、気分的には『雲丹』狙いで。

photo4_20160724214702fc6.jpg

注文は券売機システムで、満席の場合は先に食券を買ってから外待ちする新宿と同じ感じ。注文は『つけ麺雲丹搾り』。トッピングができるのか聞いてみるとできるそうなので、『味玉』と『鶏チャーシュー』を追加してみました。

photo5_201607242147046e3.jpg

実食

photo6_20160724214705a8a.jpg

麺はストレート麺ときしめんのような幅広麺で、トッピングした想像よりもぶ厚い鶏チャーシュー・茗荷・胡瓜・山葵が盛られ、つけ汁には味玉が浮かび、見た目でも雲丹感がすごい。さて、このつけ麺のコンセプトは『雲丹』。懸念すべきは、鮮魚が持っている生臭さですが…そんなことは全然感じられずに濃厚さだけが残っていて、雲丹好きならば楽しめる一杯。ただコレだけがつけ麺というのも頷け、濃厚過ぎて途中から飽きる…。そして勢いでトッピングした『鶏チャーシュー』は、ハッキリ言っていらなかった。つけ汁に合わないわけではないですが、特別に合うわけでもないというのが私の感想。

また食べたい味というのではなく、「コレはどんな味なんだろう?」と試したくなるラーメンでした。次回は『銀だら』をいただきます。

五ノ神水産
東京都千代田区神田多町2-9-6 田中ビル別館 1F
‎03-6206-8814
ラーメン / 淡路町駅小川町駅神田駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



ブログランキング参加中です愛のクリック、お願いしまーす


食べログ グルメブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 極みの一杯 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.の極みの一杯『特製醤油らーめん』-鶏喰-
- 2016/10/09(Sun) -
photo1_20160521221521a58.jpg

『ラーメン』といったら、国民食と共に行列を成す食べ物の代名詞と呼べるでしょう。あまりにも行列が凄いために閉店せざるを得ないケースも少なくはありません。横浜にも行列を呼ぶ『ラーメン』が多くあり、中でも吉野町にある「鶏喰」はオープンから数年で一気に大人気となったお店です。

photo3_20160521221524762.jpg

メニューは『鶏の醤油』『塩』『鶏と鰹の醤油』の3本柱で構成され、ベースとなっているスープは店名にもあるように「鶏」です。3つとも既食なので、今回は『醤油』を食べにやってきました。

photo2_20160521221523c8a.jpg

土日は見た瞬間に諦めるほどの行列を成していますが、流石は平日です。開店10分で、外待ち15人ほどはまだ並ぼうという気分にさせます。意外に回転は早くて、15分くらいで入店できました。

photo4_2016052122152675a.jpg

メニューを見ずに、『特製醤油ラーメン』『鶏チャーシュー丼』をご飯少なめで注文。ご飯物は他にも『あさりのっけ丼』と卵が選べる『卵かけ御飯』があり、どちらも未食のものですが、より肉々しいのを選びました。

着丼。

photo5_20160521221527f20.jpg

久々ですが、やはり見た目も綺麗。『特製』にすると、味玉・鶏団子・鶏のモモと胸チャーシュー・雲呑が乗り、更には新しくローストビーフが付いていました。香りからして、もう鶏のいい匂いがして食欲を掻き立て、スープはまさに鶏そのものです。人気になったとしても、味はブレることのない美味しさ。
初の『鶏チャーシュー丼』は細かく刻まれた2種の鶏チャーシューを特製タレで炒めてから、ご飯に盛られています。たっぷりと具が入っているので、ボリューム満点。後半からは卓上にあった辛味を入れて食べると、更に食欲が増します。

ラーメンのクオリティは勿論、接客も上品且つ丁寧で素晴らしい。横浜を代表する淡麗系ラーメンの最高峰だと思います。

鶏喰
横浜市南区吉野町4-20
非公開
ラーメン / 吉野町駅南太田駅黄金町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.9



ブログランキング参加中です愛のクリック、お願いしまーす


食べログ グルメブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 極みの一杯 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.の極みの一杯『鮎◯ゴトラーメン』-鮎ラーメン 二子玉川店-
- 2016/09/30(Fri) -
鮎の禁漁まで、あと少し。食べておかなければならないものがあります。

『鮎ラーメン』。

二子玉川駅からほどなくの所にある「鮎ラーメン 二子玉川店」。鮎の一夜干しを乗せたラーメンが有名なお店で、昼は『鮎涼ラーメン』というつけ麺を、夜は『鮎◯ゴトラーメン』というラーメンを鮎漁のシーズンの間だけ提供しています。『鮎涼ラーメン』は2度ほど食べたことがあり、その完成度は素晴らしいの一言でした。今回は夜しか提供していない『鮎◯ゴトラーメン』狙いです。

19:30。
外待ち2人。昼間では考えられないくらいの人数で、夜は意外と混まないのかな?と思ったりもします。メニューは乗せる鮎の大きさで変わり、1/4だと『鮎ラーメン』、1/2だと『鮎ゴトラーメン』、そして1匹だと『鮎◯ゴトラーメン』となるようです。その他にもおつまみやご飯物などもあって、夜はゆっくりと楽しめそう。

あっさりと入店できたので、注文は勿論『鮎◯ゴトラーメン』です。

photo1_2016090421165402f.jpg

実食

供されたラーメンは、どこまでも澄んでいて綺麗でありながらも、鮎の存在感がインパクトを与えてくれます。その他に盛られているのは、白髪ネギ・蓼の葉・海苔とシンプル。
スープは塩味ですが、ここでも鮎の出汁を使っており、素晴らしく繊細で旨味のあるスープで、美味しい。麺はそれを邪魔しない極細の縮れ麺、鮎は骨を取ってあるので柔らかく、頭から食べることができます。見た目も美しく、麺が織りなすさざ波と共に、スープの中を鮎が泳いでいるかのよう。
あっさり系のラーメンが好みの方には、絶対に食べていただきたい一杯です。また来年の夏が今から待ち遠しい。

鮎ラーメン 二子玉川店
東京都世田谷区玉川3-15-12 玉川三丁目マンション102
非公開
ラーメン / 二子玉川駅二子新地駅

夜総合点★★★☆☆ 3.9

昼総合点★★★☆☆ 3.9




食べログ グルメブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 極みの一杯 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.の極みの一杯『海老香る塩つけそば』+『チャーシュー』-地球の中華そば-
- 2016/09/05(Mon) -
photo4_201605171752284f1.jpg

暑くなってきたので、ラーメンよりは『つけ麺』が食べたくなる今日この頃。横浜で『つけ麺』がというと、個人的には白楽「くり山」、みなとみらい「TETSU」が好きですが、食べてみたいのがありやってきたのは 「地球の中華そば」 。すっかり横浜でも人気のラーメン店になってしまって、連日行列をなしています。以前食べた醤油・塩とかなりの好みだったので、『つけ麺』も期待大。提供しているのは、『海老香る塩つけそば』というもので、以前は曜日限定メニューだったのがデフォルトメニューになったようです。

photo5_2016051717523080c.jpg

週末のお昼時。やはり人気店は、行列が絶えません。待つこと30分くらいで入店して、券売機で食券を買います。心に決めた通り、『海老香る塩つけそば』+『チャーシュー』で注文。

photo6_2016051717523103c.jpg

実食

チャーシューに隠れていますが、麺はシコシコとした細めで、デフォルトで低温調理した鶏胸肉チャーシューがあります。その他に穂先の長いメンマとお好みで使うレモンが添えられいます。つけ汁は辛いの?と思うような見た目ですが、飲める濃度の塩ベースで、ふわりと海老が香る程度です。全面に海老を押し出した感じではなくて、いい意味で海老がかくれんぼしているイメージでしょうか。塩ベースのつけ麺としては高レベルですが、もっと海老っぽいのを期待していたので、ちょっと残念。食べ終わり、スープ割を頼むと、店主が三つ葉や霰を入れてくれるサービスは流石としか言いようがありません。しかも「つけそばにしない方が、美味しいのでは?」と思うくらいに美味しい。

個人的には、やはりこのお店で食べるべきは『ラーメン』だなと再認識しました。真夏になる前に、もう一度くらいは行きたいな。

地球の中華そば
横浜市中区長者町2-5-4 長者町白井ビル 夕陽ヶ丘ニュースカイマンション101
045-319-4248
ラーメン / 伊勢佐木長者町駅関内駅石川町駅


ブログランキング参加中です愛のクリック、お願いしまーす


食べログ グルメブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 極みの一杯 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.の極みの一杯『塩冷製麺』-ラーメン食堂 粋な一生-
- 2016/08/15(Mon) -
アキバの昭和通り方面に所用の帰りに食べたくなるのが、『ラーメン』。気になっているお店もあるのですが、一番近くにある「ラーメン食堂 粋な一生」に再訪です。未食なのが『辛味噌ラーメン』ですが、夏ということで2種の『冷やし』があったので、今回は『塩冷製麺』を注文です。

実食

photo_2016080509273513e.jpg

いつもは何らかのトッピングをするのですが、「味玉やチャーシューは合わないかも?」と思って、私にしては珍しくデフォルトです。
麺とスープはキリリと冷たく、それでいてスープはちゃんと濃く、奥深い。具は鶏チャーシュー・メンマ・湯剥きトマト・もやしナムル・白髪ねぎ・カイワレと見た目も爽やかで、このラーメンにはぴったり。食べ進めていると、スープにジュレっぽいのが散りばめてあり、これが酸味のいいアクセントを与えてくれます。想像よりも完成度が高くて、実に美味しい。強いて言うのであれば、鶏チャーシューは腿肉ではなくて、胸肉の方がこのラーメンには好みだったかな。


ラーメン食堂 粋な一生
東京都台東区台東1-27-2 竹善ビル1F
03-3837-8117
ラーメン / 秋葉原駅末広町駅仲御徒町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7



ブログランキング参加中です愛のクリック、お願いしまーす


食べログ グルメブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 極みの一杯 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.の極みの一杯『味噌ラーメン』+『バター・味玉・チャーシュー』-ラーメン食堂 粋な一生-
- 2016/07/19(Tue) -
秋葉原に昼から夕方まで所用があったので、昼・夜ご飯をこの街で食べるという初の体験。さて、どこにしよう?

まずは神田で降りて、空いていたら食べたいお店の前を通ると、さすがにメディアに紹介されたばかりなので、絶望的な行列。…やめよう。
考えながら歩いていると、もう秋葉原駅に着いてしまったので、目的地そばにある「ラーメン食堂 粋な一生」に再訪と行きましょう。

photo2_20160219084709721.jpg

たいていのラーメン店は醤油・塩・味噌・つけ麺のうちのいずれかが特化していたり、専門店となっていると思いますが、ここはその4種が全て美味しいというかなり稀有なラーメン店なのです。その内の2種が未食なので、今回は『味噌』を食べようかと思います。
店内を覗くと、客入りは半分くらい。昼過ぎとしては多い方でしょうか。食券制なので、入口そばの券売機で買い終わると、水を置かれて席に案内されます。私が購入したのは、勿論『味噌ラーメン』。トッピングで『バター』『味玉』『チャーシュー』で、豪華にしてみました。

photo1_201602190847113d6.jpg

実食

赤味噌・白味噌・八丁味噌をベースに白湯スープと合わせたというスープは、想像以上にマイルド。食べ進めていくと、トッピングしたバター効果もあってか、よりクリーミーになります。歯切れの良い中太麺にシャキシャキとしたモヤシが絡み合って、食感も楽しい。そして、チャーシュー。味は特筆すべきはことはありませんが、とろけ方がハンパない。スープで温められた脂は、口の中に入れると一気にとけてなくなります。
個人的には「この味噌は、優等生すぎる」というのが感想。もっと味噌が強調した方が私は好き。メニューには『辛味噌』というのもあったので、もしかしたらそちらの方が好みかもしれないです。

ラーメン食堂 粋な一生
東京都台東区台東1-27-2 竹善ビル1F
03-3837-8117
ラーメン / 秋葉原駅末広町駅仲御徒町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7



ブログランキング参加中です愛のクリック、お願いしまーす


食べログ グルメブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 極みの一杯 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.の極みの一杯『鮎凉ラーメン』-鮎ラーメン 二子玉川店-
- 2016/06/19(Sun) -
夏が近づくにつれて、また食べたくなるラーメンがあります。それは、『鮎ラーメン』。だいたい鮎漁の解禁くらいから二子玉川にある「鮎ラーメン 二子玉川店」は、暖簾を藍色の下地に鮎と書かれたものに変え、昼夜と『鮎』を使ったラーメンを提供しています。

photo3_20160605191202945.jpg

鮎漁解禁日の少し前、お店の前を通ると、はためくのは藍色の暖簾。
「もう鮎ラーメンがやっている!」
開店の15分前で、待ちが5人。1回転目で入れそうなので、予定していませんでしたが並ぶことに。
夜には鮎の一夜干しが丸ごと入った『鮎ラーメン』を提供していますが、昼には『鮎凉ラーメン』という昼時だけのつけ麺を提供しています。これが衝撃的な美味しさで、絶対にまた食べようと心に決めていたラーメンの一つなのです。

photo1_2016060519120426a.jpg

実食

photo2_201606051912051a9.jpg

内容も変わらない。鮎の一夜干しが乗せられた中太のちぢれ麺、鮎の出汁が効いた煮こごりのつけダレ、鮎の二番出汁、鮎の出汁で炊き上げたご飯と全てが鮎づくし。
香ばしさが食欲を誘う『飛騨高山産 鮎の一夜干し』も骨などは全くなく、柔らかいので、頭から尻尾まで食べられます。そして色々な食べ方ができるのも、この『鮎凉ラーメン』の魅力。煮こごりつけダレに鮎の二番出汁を入れたり、鮎ご飯に二番出汁を入れてお茶漬け風に、更にそのお茶漬けに来店時に提供されるお茶を入れても風味が変わるらしく、最後の最後まで飽きさせません。夏に食べたいラーメンとしては、私の中で最高峰。是非、夜の『鮎ラーメン』を食べに行きたいと思っています。

鮎ラーメン 二子玉川店
東京都世田谷区玉川3-15-12 玉川三丁目マンション102
非公開
ラーメン / 二子玉川駅二子新地駅

昼総合点★★★☆☆ 3.9



ブログランキング参加中です愛のクリック、お願いしまーす


食べログ グルメブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 極みの一杯 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.の極みの一杯『和風柚子焼豚柳麺』-麺屋 ひょっとこ-
- 2016/05/07(Sat) -
日本の国民食としても定着した『ラーメン』。漢字で書くと『拉麺』『老麺』『柳麺』と諸説ありますが、あっさりとしていて極細麺のものは『柳麺』と表記するのが、私はしっくりくる気がします。そんなラーメンが今や激戦区と化している銀座に昔からあることをご存知ですか?

photo2_201604101243580a8.jpg

2005年に東京交通会館の地下商店街の一角にオープンした「麺屋 ひょっとこ」がそうです。7年ぶりに再訪するこのラーメン店は、すごく狭い。何が狭いって、厨房が!すごく狭い!カウンターから手を伸ばせば、店主に届くくらいの距離で作られるラーメンは客層を選ばず、女性の一人客やご年配の方も気軽に立ち寄って食べれる雰囲気です。

7席しかないカウンターは満席の場合は、食券を買って食べてる人の後ろに並び(あまり好きではない並び方ですが)、空いたら座るという感じです。「いらっしゃいませ」と「ありがとうございました」をか細い声で囁く店主がほぼ1人でこなしているのですが、とんでもなく動きが速い。湯切りでさえも向きを変えないとできない狭さの中で、無駄な動きが一切ありません。

「お待ちしました」

photo3_20160410124400b0f.jpg

私が頼んだのは『和風柚子焼豚柳麺』。粗めの柚子がふんわりと香り、和風の名に相応わしくまるでお吸い物のごとくあっさりとしたスープ。麺はこれでもかというくらいの極細麺、けれど焼豚はすごく分厚い。この焼豚はちょっと経ってから食べるのがオススメ。スープの熱でトロトロになって、まるで中華料理にある東坡肉(トンポーロウ)のような感じになるのです。またメンマもかなり厚くで、コリコリとした食感がたまりません。あっさり系が好きな私としては、どストライクなラーメンです。美味しい♡

有楽町駅からの立地も良く、この味。あまりオススメはしないですが、飲んだ後の〆ラーメンとはこういうものを求めているのではないでしょうか。ただ営業時間が…飲んだ後には、できないかなー。

麺屋 ひょっとこ
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館B1F
ラーメン / 有楽町駅銀座一丁目駅銀座駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7



ブログランキング参加中です愛のクリック、お願いしまーす


食べログ グルメブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 極みの一杯 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ