nao.の魂の一串「鳥さわ #2」
- 2017/02/26(Sun) -
約一年ぶりに亀戸にある「鳥さわ」に再訪。ここは目黒にある「鳥しき」で修行され、その後は鶏の解体などを勉強された中澤章さんが店主の名店です。駅前の喧騒から逃れるような隠れ家で、外観は「鳥しき」にそっくり。店内はカウンター8席と去年からテーブル席を設けたそうで、スタッフも増えていました。大将に「内臓多めの食べ尽くしコースね」とお願いしてスタートです。

photo1_20170115212950be0.jpg

本日の献立


photo9_201701152129564fd.jpg
まず飲んだのは『澤屋まつもと守破里』


photo2_20170115212952c7f.jpg
さび


photo3_2017011521295331b.jpg
かしわ
意外と小ぶりな串。男性なら一口で食べれるかも。ブリブリとした食感で、ジューシー。


photo4_20170115212955dca.jpg
血肝
トロトロのレア。火入れは素晴らしいの一言。大きめな肝をズレないようにハツで止めていて、これが一言で食べた時に心地よい食感を生んでいます。


photo5_201701152131165f4.jpg
白玉
ただのウズラの玉子ではない。半熟のトロトロなのだー。


photo6_20170115213117902.jpg
砂肝


photo7_201701152131199a6.jpg
はつもと ♡♡
すっごいジューシー。火入れも良く、シャコジュワの食感と肉汁が素晴らしい。


photo8_201701152131219ce.jpg
はつ


photo1_20170115213303adc.jpg
つくね
大葉の香りと軟骨の食感がいい感じ。


photo2_2017011521330485c.jpg
そり
柔らかく、ジューシー。


photo3_201701152133060e5.jpg
金針菜


photo4_2017011521330705e.jpg
ちょうちん ♡♡
素晴らしい。この言葉しか出てこない。


photo5_20170115213309cc2.jpg
丸はつ ♡♡♡
リクエストで焼いていただきました。少々薄味で、肉の味がしっかり味わえます。


photo6_20170115213418eab.jpg
ここから後半戦かな?『醸し人九平次』でお代わり。


photo7_20170115213420f07.jpg
鴨のささみ
鶏よりも味が濃く、こちらの方が好み。


photo8_20170115213421fbd.jpg
背肝 ♡♡
トロトロとした部分とプチっと弾ける部分があり、脂もあるので美味しい。


photo9_20170115213423b4a.jpg
せせり
前回も思いましたが、ボリュームがすごい。


photo1_201701152136358cf.jpg
ぼん


photo2_201701152136377fe.jpg
手羽先


photo3_20170115213638027.jpg
首の皮


photo4_20170115213640677.jpg

腿肉よりもずっとしっとり。


photo5_20170115213641c11.jpg
じゃがバター


photo6_20170115213815924.jpg
鳥スープ
一口飲むだけで、口の中全体に膜が張るくらいに極濃厚。温めている時の匂いからして美味しい。

テーブル席が増えた分、バタバタ感はありますが、一人客なのでハイスピード提供していただき、ありがとうございます♡
串は部位によって一口で食べれるボリュームなので、話しながらでも最良の温度で味わえると思います。火入れは忙しい中でも、以前より洗練されていて、炎に抱かれるような優しい火入れを感じられます。
3月にかなりの改装をされるそうで、4月からリニューアルオープンだそうです。春になったら、是非また行きたいと思っています。

鳥さわ
東京都江東区亀戸2-24-13
03-3682-6473
焼き鳥 / 亀戸駅錦糸町駅亀戸水神駅

夜総合点★★★★ 4.7



ブログランキング参加中です愛のクリック、お願いしまーす

食べログ グルメブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ
スポンサーサイト
この記事のURL | 魂の一串 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.の魂の一串「焼き鳥 さいとう」
- 2017/02/14(Tue) -
photo1_20161126235912751.jpg

ずっと通いつめていた目黒の某店のあまりにも予約の取れなさに絶望感を抱いて、来年は焼鳥店を開拓しようと思っている私。まずは地元の横浜をせめてみようかと思い、真っ先に思いつくのは「里葉亭」ですが、一人で行けるのか分からず、躊躇。そんな時に思い出したのが、オープンして間もない頃から、「CASABLANCA 片野酒類販売」の片野さんに勧められていた焼鳥店「焼き鳥 さいとう」です。一週間前くらいに電話すると、17:30〜19:00までなら大丈夫とのことなので、満を持して来店です。

photo3_20161127000435b79.jpg

外観は凛とした感じですが、店内はカウンター8席とテーブル2席とこじんまりとしており、壁にはテレビがあったりとして緩い雰囲気。予約時の電話対応はかなりぶっきらぼうだったので、どんなご主人かと思っていたら、かなり爽やかな方であの時の電話は間違えだったのかと思ったほどです。注文ですが、まずは『厳選おまかせ7本セット』を注文して、その実力を見てみましょう。

実食


photo2_201611262359132a9.jpg
煮込み
まずは一品料理を。串で豚のモツもやっているので、シロをはじめとしたホルモンが全て大ぶりで入っていて、汁も飲める程にあっさりとしていて、美味しい。


photo3_20161126235915363.jpg
ササミ
良い火入れ。丁寧な仕事ぶりが、もうここからうかがえます。


photo4_2016112623591601a.jpg
炙りレバー
口に入れると、とろける。芯の部分は確りと火が入る寸前といった感じ。胡麻油の香りもいい。


photo5_20161126235918119.jpg
すきみ
首の部分。程よい歯応え、噛みしめる度に溢れる脂がたまらない。

もも肉
皮はパリッと焼かれ、もも肉のジューシーな旨さが押し寄せる。火入れはとても丁寧。


photo6_20161127000155a12.jpg
つくね
塩の味付けが絶妙。玉ねぎを練りこんでいるようで、シャキシャキとした食感と甘さがはえます。


photo7_20161127000156fc5.jpg
手羽先
ほんのりとカレーの香りがします。皮はパリパリ、身はジューシー。理想的な焼鳥。


photo8_201611270001584fc.jpg
はつ
美味しい。プリッとした食感、溢れる脂。納得のおまかせセットの〆の串。


追加


photo9_20161127000200f2f.jpg
ひざなんこつ
バリバリとしたワイルドな食感がたまらない。


photo1_20161127000432714.jpg
砂肝
固いイメージですが、固くないだ…と…。塩の味付けも絶妙。忙しくなっている状況ですが、ブレがないです。


photo2_201611270004339bf.jpg
ショルダー
もも肉とはまた違った肉々しさがあって、美味しい。

食べている間も、予約や当日の問い合わせの電話がずっと鳴りっぱなし。「よく予約できたな」と思うくらいです。この味わいで、この値段とはすごい。「The Bar CASABLANCA」の山本さんも仰ってましたが、相当頑張ってますね。ご常連の方とお話したのですが、見落としがちな単なる野菜串も美味しいらしい。特におすすめされたのが、半熟の『うずら』とトロトロのチーズがかけられた『ピーマンチーズ』。是非、次回に食べてみたい。

焼き鳥 さいとう
横浜市中区相生町2-34-2
045-641-5022
焼き鳥 / 関内駅日本大通り駅馬車道駅

夜総合点★★★☆☆ 3.9



ブログランキング参加中です愛のクリック、お願いしまーす

食べログ グルメブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 魂の一串 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.の魂の一串「鳥かど」
- 2017/01/27(Fri) -
その若き店主の背中は語る。某作品の言葉を借りるならば、

戦いには理由がいる だがそれが理想であってはならない。
理想の為に戦うのなら、救えるのは理想だけだ。

photo1_20170122182145c1c.jpg

目黒の名店「鳥しき」が10年目にして、ついに分店をオープンさせると池川大将から聞いたのは12月の中ぐらい。早速、予約して訪問です。立地は同じ目黒で、「鳥しき」とは逆方向に歩き、権太坂商店街を抜け、目黒川を超えたビルの地下にひっそりと構えています。

「鳥かど」

「新しい門出」を意味する"かど"には、才能や一族などの意味もあり、池川大将の色々な思いが感じられます。外には看板もなく、階下に小さな表札があります。重い黒い戸を開くと、漆黒の壁とスポットライトに浮かびあがるコの字カウンター、藍色の暖簾に家紋が映える。カウンターには受け皿・薬味・串入れのみで、ショーケースやあのメニュー板や飲み物メニューすら置いていません。余計なものを排除した洗練された店内です。

本店の「鳥しき」に比べると、座席数はさほど変わりませんが、調理場がかなり広い。3倍くらいありそう。スタッフは4名で、焼き場は一つなので、一人で黙々と焼くスタイル。「鳥しき」と同じく、お任せ・お好みのストップ宣言システムです。

この分店を任されているのが、ガタイのいい少々強面の小野田 幸平さん。かなりお若い方です。池川大将が言うには、「nao.さんもご存じだと思います。小野田も知ってますから」と言われていたのですが…うーん…(@_@)

内臓多めのお好みでスタート。ただ本店にあったような『背肝』『ちょうちん』などはまだないそうで、追い追い本店と変わらないような感じになるようです。
ワガママ言って、ごめんなさい。


実食


photo2_20170122182147f09.jpg
お通し
お漬物と生野菜(菜の花、ラデッシュ、芽キャベツ、チコリー)をもろ味噌で。


photo3_201701221821491a4.jpg
さび焼き
鮮烈な山葵の香り。火入れは少々入れすぎか?


photo4_20170122182150c07.jpg
かしわ
伊達鶏の旨味と脂をぎゅっと閉じ込めた感じ。美味しい。


photo5_20170122182151898.jpg
砂肝
素晴らしい食感。口の中で、噛むたびに踊る感じがします。


photo6_20170122182324ca3.jpg
首の皮
表面はパリッと、モチモチとした食感。


photo7_20170122182326162.jpg
ポテトサラダ
暖かいポテトサラダで、下には鶏そぼろが忍ばせています。これは「鳥かど」スタイル。いいですね♪


photo8_2017012218232808b.jpg
白玉
「鳥しき」と同じ半熟。


photo9_20170122182329188.jpg
オクラ


photo1_20170122182517f44.jpg
血肝
本店「鳥しき」の看板とも言うべき一串。遜色ないとろけ具合。


photo2_20170122182519d76.jpg
丸はつ ♡♡
美味しい。火入れが神がかってきた!


photo3_20170122182521380.jpg
銀杏


photo4_201701221825220a1.jpg
レバーパテ
「鳥かど」メニュー。いいアテです。


photo5_201701221825236e0.jpg
食道 ♡♡
絶妙。シャコシャコした食感の中で、とろける脂。美味しい。


photo6_20170122182702e56.jpg
手羽皮
厚みのある皮は食べ応えがあり、火に当たっている部分はパリッと、中心はとろける脂。


photo7_20170122182705bae.jpg
はつもと ♡♡♡
コレは今夜の1番かも。歯を跳ね返すような弾力、噛み締めると溢れる肉汁。素晴らしい。


photo8_20170122182706343.jpg
せせり


photo9_20170122182707217.jpg
よだれ鶏
こんな料理まで!


photo1_20170122182839b2b.jpg
はらみ
歯が肉に入ると、瞬間とろける。


photo2_20170122182841d8d.jpg
手羽先


photo3_201701221828424cd.jpg
つくね


photo4_201701221828442a2.jpg
そり


photo5_20170122182845d27.jpg
親子丼
本店と変わらぬ美味しさ。


photo6_20170122182933b05.jpg
鳥スープ
コレは上品を通り越して、薄い。薄すぎる。


全体的なオペレーションはまだまだ感があり、それは時間が経つにつれて、疲れとともに多く見られるようになりました。まだオープンして1ヶ月も経っていないので、仕方がないかな。
料理に関しては、分店を名乗るだけあり、部位によっては遜色ない味わいで、美味しい。串の合間に供される小皿はなかなか面白く、焼鳥店という概念をいい意味で変えてくれます。
まだ2つの個室解放やお弁当などのテイクアウト、本店と変わらぬ串の種類と課題は山積みで、お若い小野田さんの双肩には多大なるプレッシャーがあることと思います。その中でも、一歩一歩確実に名店への階段を登っていく男の背中が、実にカッコよく思えた夜でした。

ご馳走様でした。また宜しくお願い致します。

鳥かど
東京都目黒区目黒2-8-7 鈴木ビル B1F
050-2018-3417
焼き鳥 / 目黒駅不動前駅

夜総合点★★★★ 4.5



ブログランキング参加中です愛のクリック、お願いしまーす


食べログ グルメブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 魂の一串 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.の魂の一串「鳥しき #20」
- 2016/12/30(Fri) -
ガラリ。

「いらっしゃいま…え?」

(え?今日、予約だったっけ?)と、そんな表情の大将。

「お弁当を」と言うと、

「え?お弁当って、xxさんだったんですか?」

その瞬間、店内の視点を一斉に浴び、大将とちょろっと会話。

photo3_20161218234410fd8.jpg

最近はめっきり予約が取れなくなってしまった「鳥しき」に、顔を忘れられない程度に行こうと思い、『お弁当』を買いにやってきたわけです。まあ、それ以外の試みもあったのですが…今回は失敗でしたね。

photo4_2016121823441235f.jpg

久しぶりに食べる「鳥しき」の『お弁当』の中身は、鶏そぼろ・椎茸・ぼんじり・シシトウ・かしわ・つくね・白玉で、塩味とタレ味で分かれています。お弁当なので、冷めてしまいますが、やはり美味しい。あまり知られていないかもですが、実は串もテイクアウトできるので、予約できない時はこれでもいいかなーって思っています。

来年に正式オープンする2号店の名刺も戴き、是非行ってみようかと。

鳥しき
東京都品川区上大崎2-14-12
03-3440-7656
焼き鳥 / 目黒駅白金台駅



ブログランキング参加中ですあなたのクリック、お待ちしております

食べログ グルメブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 魂の一串 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.の魂の一串「鳥しき #19」
- 2016/11/02(Wed) -
photo3_20160922113347c54.jpg

最近、なかなか予約が取れなくて、もしかしたら今年最後になるかも?の「鳥しき」に再訪。今夜は2回転ながらも、時間制限なしで、池川大将の焼き場を見ながらゆったりと。

本日の献立


photo4_20160922113348c4f.jpg
お新香


photo5_20160922113351b24.jpg
さび


photo6_20160922113352b50.jpg
かしわ ♡♡♡
焼鳥店の看板というべき部位。味付けはタレですが、決して濃い味ではなくて、鶏本来の味や脂の甘みを感じられる一串。


photo7_201609221133538af.jpg
白玉


photo8_201609221134549e6.jpg
食道 ♡♡


photo9_20160922113455f8c.jpg
砂肝


photo1_20160922113850168.jpg



photo2_20160922113851659.jpg
合鴨


photo3_201609221138534c3.jpg
丸はつ ♡♡


photo4_20160922113854859.jpg
はつもと ♡♡


photo5_20160922113856fd8.jpg
つくね


photo6_20160922114003969.jpg
血肝 ♡♡♡


photo7_20160922114004a73.jpg



photo9_20160922114007077.jpg
アキレス腱のポン酢和え


photo8_20160922114006f38.jpg
ちょうちん ♡♡

ここまでで、3時間。久しぶりにゆっくりと食べれました。「nao.さん、食が細くなったんじゃないですか?」と心配されましたが、「 大将、かなりいただいてます 笑」レアな串を黙っていても出してくれる大将の心遣いに、今夜も感謝です。
そういえば、私の通っている鮨店の親方が食べに来られたらしい。次回、その鮨店に行った時に話してみましょう。

ご馳走様でした。

鳥しき
東京都品川区上大崎2-14-12
03-3440-7656
焼き鳥 / 目黒駅白金台駅



ブログランキング参加中ですあなたのクリック、お待ちしております

食べログ グルメブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 魂の一串 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.の魂の一串「鳥しき #18」
- 2016/08/12(Fri) -
久しぶりに開店時間からの「鳥しき」。真っ白な暖簾と共にチリンチリンと鳴る風鈴が付けられ、焼鳥店ではあまり感じられない四季を感じさせます。店内には凛とした雰囲気が流れていて、これから忙しくなる焼場の炭が静かに燃え上がり、池川大将の登場を待っています。

本日の献立

photo7_201606210553293bf.jpg
お通し
何気なく出されるぬか漬けですが、美味しい。最近は白ワインと合わせています。


photo8_20160621055330ab1.jpg
さび
スタートはこの串。山葵の洗練さがよく映えます。


photo9_20160621055332f34.jpg
血肝
この「鳥しき」の看板とも言うべき部位。先端にはハツを刺し、特大のレバーを止めています。大将の絶妙な火入れがなすプリプリ感は素晴らしい。


photo1_201606210556181a2.jpg
食道
シャコシャコした食感で、程よい脂。美味しい。


photo2_2016062105562036e.jpg
丸はつ
定番となったレア串。口にすると、一気に脂が溢れます。素晴らしい火入れ。


photo3_201606210556217ae.jpg
アキレス腱ポン酢
新メニューなのかな?大将が出してくれました。「鳥しき」の中でも☆☆☆クラスのレア部位で、しっかりとした歯応えが楽しめます。


photo4_20160621055622daa.jpg
ぼん
最近は口直しに出される大根おろしを乗せて食べています。オススメの食べ方ですよ。


photo5_20160621055624dc2.jpg
はらみ
これも☆☆☆クラスのレア部位。ゆっくりと歯が入っていき、最後にシャクとした歯応えが残る。食べ終えた後も残るコッテリ感は、独特。


photo6_201606210557212ab.jpg
背肝
ちょっとグロテスクな見た目ですが、脂乗りは別格。ふわりとした食感で、時折プチっと弾けるような食感もあります。


photo7_20160621055722056.jpg
トウモロコシ
夏の定番野菜。夜店で焼いているのとは、全く違う。大将が焼くと、ここまで洗練されるのかと思うほどに美味しい。


photo8_20160621055724808.jpg
ちょうちん
これも「鳥しき」の名物。口の中で弾ける卵黄とそれに絡まる部位は、美味しいの一言。


photo9_20160621055725301.jpg
白玉
持てば分かる。この鶉の卵は半熟なのです。単なる卵でも感動はあります。


photo1_20160621055844335.jpg
はつもと<魂の一串>
これも私が好きな部位。肉の味が分かる絶妙な塩加減。美味しい。


photo2_2016062105584523b.jpg

最後は膝周りの肉。かなりのボリュームがあり、しっかりとした脂と肉質は焼鳥という概念を払拭します。


photo3_20160621055847ae3.jpg
親子丼
某百貨店のイベントで、数万食を売り上げた有名丼。見た目は生っぽいですが、意外とちゃんと火入れされています。


photo4_20160621055848332.jpg
鳥スープ
飲むと唇に膜が張るほどの濃度。塩気はさほどなくて、肌にも良さそうな感じ。

今夜も他を圧倒するほどのスピードで提供していただきました。ありがとうございます。また串の本数は少なめがですが、レア部位ばかりで新しいメニューも食べることができ、満足。また宜しくお願いします。

ご馳走様でした。

鳥しき
東京都品川区上大崎2-14-12
03-3440-7656
焼き鳥 / 目黒駅白金台駅



ブログランキング参加中ですあなたのクリック、お待ちしております

食べログ グルメブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 魂の一串 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.の魂の一串「鳥てる」
- 2016/06/13(Mon) -
庶民の食べ物であり、サラリーマンの味方的な『焼鳥』は、いつからこんなに予約困難になってしまったのだろう?私が通っている某店も2ヶ月待ち、中には紹介制や1年待ちなんていうお店もあるようです。私の中では『焼鳥』はもう完結しているジャンルなのですが、機会があれば是非行きたいとずーっと思っていたお店があります。それは品川にある「鳥てる」

・営業日は、平日のみ。
・予約は次の週の金曜日まで。
・電話を受ける時間は、18:00〜18:30のみ。

photo6_201605212237061b7.jpg

私にとっては、難攻不落のお店の1つです。1年の中で、あるかないか分からない平日休みの度にチャレンジするも失敗。今回、やっとの思いで予約が取れました。

photo7_201605212237084f0.jpg

「鳥てる」は、品川駅高輪口を出てすぐにある飲み屋がひしめいているビルの中にあり、物静かな店主 青木良文さんが1人で切り盛りしている席数12席のとても小さなお店です。実際にお店を見て分かる、納得の予約システムだったわけ。
焼鳥のコースは9本と7本があり、〆は『鳥茶漬け』『親子丼』『焼鳥ドッグ』がありますが、前日までの予約だそうなのでご注意を。私は『親子丼』をお願いしたのですが、1人じゃ食べられない量らしく、『鳥茶漬け』でお願いしておきました。コースは勿論、『9本コース』です。

献立


photo8_20160521223710dfd.jpg
さび焼き
串がしなるくらい特大なものは見たことがありません。普通のお店の2倍〜3倍はあろうかというボリューム。火入れも素晴らしい。


photo9_2016052122371181f.jpg
砂肝
1つ1つは普通の大きさですが、一串のボリュームが違う。


photo1_20160521223846c74.jpg
レバー <魂の一串>
なんだ、このボリュームは!一串に何グラムのレバーを使っているのだろう。串の両端をハツで止めて、特大レバーを固定しています。火入れも固まるか固まらないかの絶妙な感じ。美味しい。


photo2_201605212238481a6.jpg
鴨肉
日によって、『もも肉』と選べる時もあるらしい4本目。今夜は何も聞かれず、『鴨肉』が出されました。これだけ大きいと、さすがに食べ応えがあります。大好きな串なので、良かった。


photo3_20160521223849a65.jpg
だんご
だんごの1つ1つは、とてもじゃないけど一口で食べられる大きさではありません。粗く挽かれた肉に、コリコリとした軟骨を混ぜこみ、口の中でふわりと柚子が香ります。


photo5_20160521223852ad8.jpg
うずら玉子
中はトロトロの半熟で、やるな!と心の中で唸ります。


photo4_20160521223851bdd.jpg
軟骨
バリバリとワイルドな食感で、ジューシー。これは普通の大きさでした。


photo6_20160521223952a61.jpg
箸休め
モロ味噌かと思ったら、肉味噌でした。単なる野菜が美味しい。


photo7_20160521223953a14.jpg
ぼんじり
今夜は『ハツ』と選ぶことができました。4本目もこの8本目は、早く入店すると部位を選ぶことができるみたいです。私よりも遅く来られた方には、何も聞かれてませんでした。
一つ一つの大きさは普通。ですが、刺さっている数が、倍ありますね(笑)


photo8_20160521223955f6b.jpg
葱巻き
胸肉で葱を巻きあげた串。表側には焼き目をつけず、葱のある裏側をじっくりと焼いています。キリッとしたタレを存分に味わえます。


photo9_201605212239571f0.jpg
鳥茶漬け
ご飯に塩昆布・軽く醤油系のタレにづけにしたササミを乗せ、クリアな鳥スープを注ぎ、上に山葵・三つ葉・刻み海苔・胡麻を散らして供されます。絶妙な塩加減で、〆としては最高です。

焼鳥9本でしたが、お腹いっぱい。店主は接客も焼きも静かで、穏やかな時間の中でゆっくりと味わうことができます。ボリュームは想像以上で、その割にCPも良く、平日のみの営業でなければ通ってみたいお店です。心残りとしては、『親子丼』を食べてみたかったな。またいつか食べに行きたいと思います。

鳥てる
東京都港区高輪3-26-33 秀和品川ビル B1F
03-5421-1919
焼き鳥 / 品川駅高輪台駅北品川駅

夜総合点★★★★ 4.3



ブログランキング参加中です愛のクリック、お願いしまーす


食べログ グルメブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 魂の一串 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
nao.の魂の一串「とり喜」
- 2016/06/01(Wed) -
ここ数年は目黒の某店に通いつめていて、あまり他店に行く気はなかった焼鳥。予々行ってみたいと思っていたお店が2軒ほどあり、目黒のお店で予約が取れなかった月に、いいきっかけと思ってその内の1軒のミシュラン*の「とり喜」に予約。

photo5_20160515165101e56.jpg

錦糸町駅から5分くらいの閑静な立地にあり、大きな提灯が目印で黒塗りの外観は、どこか凛とした雰囲気があります。店内はL字のカウンターと小上がりがあり、名前を告げると大将が席に案内してくれます。まるで鮨店のように焼鳥の部位が書かれている木札があり、上を見上げると神棚や熊手、近くに部屋があるという九重親方の由来のものが置いてあったりと、下町の良さも感じられます。

photo6_2016051516510465d.jpg

とても穏やかな雰囲気というのが第一印象の店主 坂井康人さん。今回はその大将の目の前の席に座らせていただき、まずは「とり喜」の焼鳥のコースと焼きの説明を受けます。開店は17時からですが、今夜は18時からのお客さんが多いそうで、それまでゆったりとした空気の中で、パタパタと大きな扇子を扇いでいる大将と会話しながら焼き上がりを待ちます。

実食

photo7_20160515165105063.jpg
お通し
美味しいぬか漬けです。これだけでもお酒がすすみますね。


photo8_20160515165106914.jpg
さびやき
程よいレア。わさびの鮮烈な風味がいい。


photo9_20160515165107c23.jpg
箸休め
大根おろしと梅おろし。


photo1_201605151652481ba.jpg
魂の一串 かしわ
と、とろけるだ…と…!甘さのあるタレが口に広がり、肉がとろけます。素晴らしい。

小玉ねぎ
これも素晴らしい火入れで、あま〜く仕上がっています。


photo2_2016051516525018d.jpg
ちぎも
これはかなりのレアで、温いところとやや冷たいとこがあったりとして、個人的には某店を超えない。


photo4_20160515165252420.jpg
つくね
美味しい。塩味ですが、粗挽きの肉の中で、軟骨のコリコリがたまりません。

小なす
これはタレで、程よく固さを残した火入れ。


photo3_20160515165251e31.jpg
空豆
季節の野菜の一品目。


photo5_2016051516525409c.jpg
アスパラ
季節の野菜のニ品目。香川産のものだそうで、かなり太く瑞々しくて嚙みしめるとジュースが溢れます。美味しい。


photo6_201605151717111e8.jpg
すなぎも
特筆なし。

白玉
特筆なし。


photo7_20160515171712e0d.jpg
かわ
むっちりとしていて、口の中でサクサクと音を立てて、ジューシーな脂が広がります。


photo8_20160515171714d04.jpg
ぎんなん
特筆なし。


photo9_20160515171715b6b.jpg
トマト
口直し。かなり甘いブランドトマトです。


photo1_2016051517185044d.jpg
てばやき
大将から「とり喜」独特の食べ方を教えていただいて、食べます。素晴らしく、美味しい。ジューシーなのは勿論ですが、柔らかく口の中でとろける感じです。


photo2_20160515171852417.jpg
しいたけ
特筆なし。


photo3_20160515171853230.jpg
あいがも 追加
これもとろける。嚙みしめるたびに、脂が溢れてくるようです。実に美味しい。


photo4_201605151718549ee.jpg
はつ 追加
丸のままのはつ。これは美味しいですね。シンプルな焼きなので、純粋な脂が楽しめます。


photo5_2016051517185625a.jpg
ちょうちん 追加
少々小ぶりですが、大将の火入れは素晴らしく、プツンと音を立てて弾けて卵黄が絡み合います。


photo6_20160515171945177.jpg
ぽんぽち
特筆なし。


photo7_2016051517194730f.jpg
きじ丼
肉系がとろける感じならばと思い、注文。やはり、これもとろける味わい。


photo8_20160515171948624.jpg
スープ
特筆なし。

食べるまでに色々と注意事項的なことがありますので、人によっては窮屈と感じるかもしれません。一皿一皿の提供ですが、食べ終わるとすぐにさげてくれるので、自分の周りにお皿がたまるということは滅多になく、大衆的な焼鳥の雰囲気とは違い、洗練されています。
焼鳥は内臓系が好きで、肉系はそれほど好んで食べないのですが…この「とり喜」に関して言えば、肉系の串はすごい!『かしわ』をはじめ、『てばやき』『あいがも』『きじ』などの肉は、とろけるような味わいです。ジューシーや食べ応えのある串は何度も食べたことがありますが、とろける焼鳥は初めての経験でした。

予約の困難さはまだ分かりませんが、また味わいに来たいと思います。ご馳走様でした。

とり喜
東京都墨田区錦糸1-8-131
03-3622-6202
焼き鳥 / 錦糸町駅

夜総合点★★★★ 4.7



ブログランキング参加中です愛のクリック、お願いしまーす


食べログ グルメブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 魂の一串 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.の魂の一串「鳥しき #17」
- 2016/05/23(Mon) -
目黒にある焼鳥の名店「鳥しき」に定期訪問。最近は日曜日の2回転目が多く、まったりとした時間が流れ…なかった‼︎2カ月前の予約なので、先日の催事やテレビの影響はないと思いますが、23時くらいまではずっと満席が続いてました。さすがに池川親方もちょっと疲れていたかな。

本日の献立

・さび
・血肝
・波
・せせり
・かっぱ
・つくね
・砂肝
・丸はつ
・はつもと
・ちょうちん
・膝
・そり
・厚揚げ



photo3_20160502030319183.jpg
魂の一串『ちょうちん』
「鳥しき」ならではの近火の強火で焼き上げ、卵黄の部分は表面が少し固まったくらいで、口に入れればプツンと弾けて絡みます。是非とも食べてもらいたい名物の串と言えます。

「本日はいつもお出ししている部位がなくて…」と仰っていましたが、私の好きな部位はあって満足です。いつもいつも限られた時間の中で、多くの串を出していただきありがとうございます。
今回は初めて座る場所だったので、親方の右手の爪を生で見たり、帰り際に最近行ったお店のことなどをちょっとお話できて良かったです。

また宜しくお願いします。ご馳走様でした。

鳥しき
東京都品川区上大崎2-14-12
03-3440-7656
焼き鳥 / 目黒駅白金台駅



ブログランキング参加中ですあなたのクリック、お待ちしております

食べログ グルメブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 魂の一串 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.の魂の一串「鳥しき #16」
- 2016/01/15(Fri) -
新年のご挨拶をする為に予約した「鳥しき」へ再訪。でも今夜は珍しく2回転目で、21時からのスタートです。まずは、冷えた身体を熱燗で温めましょう。新年ということで、お忙しい中、池川親方からお酌していただきました。ありがとうございます♡

今夜の献立


photo1_20160111214044314.jpg
さび


photo2_20160111214046de5.jpg
かしわ


photo3_20160111214048c1f.jpg
丸はつ
やはりこの部位は、欠かせません。


photo4_201601112140501c7.jpg
腺胃
鳥の胃袋。歯がジワリと入っていき、シコシコとした食感で、かなり濃厚な味わいです。随分と通ったつもりですが、まだ未食の部位がありました。池川親方曰く、かなりのレア串だそうです。


photo5_20160111214051e23.jpg
背肝
ふんわりとし食感の中で、味わうしっかりとした脂とプチっと弾ける精巣は、私の好きな部位です。


photo6_20160111214155973.jpg
白玉


photo7_20160111214157241.jpg
アキレス腱
これもレアな串。前回に引き続き、いただくことができました。


photo8_20160111214158375.jpg



photo9_201601112142009d4.jpg
食道


photo1-1_201601112142014de.jpg
血肝


photo3-1_20160111214342ebb.jpg
ちょうちん


photo2-1_20160111214343f77.jpg
はつもと
血管特有のシコシコした心地よい食感があり、脂も楽しめます。


photo4-1_20160111214345e52.jpg
そり
正肉が好きならば、食べて欲しい何とも食べ応えのある部位です。


photo5-1_20160111214346fe8.jpg
鳥スープ
食後のお楽しみ。透明な中にも、唇に膜が張るくらいのコクがあります。

今夜はちょっと遅くなったので、早めに切り上げました。それでも好きな部位は十分に食べることができたし、親方や女将さんにもご挨拶できたので、満足。親方は、満足してなかったようですが(笑)

次回の予約はまだ取っていませんが、今年も何度でも行きたい大切なお店です。

鳥しき
東京都品川区上大崎2-14-12
03-3440-7656
焼き鳥 / 目黒駅白金台駅



ブログランキング参加中ですあなたのクリック、お待ちしております

食べログ グルメブログランキング

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 魂の一串 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ