FC2ブログ
nao.の珠玉のスイーツ『ミラノプリン プレーン』~Milano Dolce Tre Spade~
- 2018/12/27(Thu) -
IMG_4279.jpg

麻布十番駅から5分くらい、段々と人気が寂しくなって閑散とした場所に見えるイタリアの国旗。2015年にミラノプリン専門店としてオープンした「Milano Dolce Tre Spade」があります。オーナーシェフの川邊信治さんが北イタリアの伝統的な菓子をオリジナルレシピで再現したのが、この『ミラノプリン』だそうで、オープンから話題を呼んでいるスイーツです。

可愛らしい店内にはイートインスペースもあり、その場で食べることもできます。折角なので、食べさせていただきました。

IMG_4200.jpg

想像よりも小さな感じですが、僅か2㎝の幅でも自立し、フォークも刺さるような固さのあるプリン。最近はトロトロ系が多い中で、真逆を行くかのようなプリンです。驚くのが掬うだけでも分かる、その密度の高さ。それでも口に入れると、まるでレアチーズのように滑らかに舌に纏わりつき、濃厚でありながらも後味はさらりとした味わい。一口で幸せになれるプリンです。
今回いただいた基本となる『プレーン』の他にも、チョコレートや抹茶や季節限定のフレーバーなど数種類があるようです。その中でも1番食べてみたいのが、店頭販売のみで1日12台限定という『ミラノプリン ラ・モーダ』。プレーンの『ミラノプリン』の上に、ふわふわのホイップクリームとフルーツが盛られたプリン・ア・ラ・モードです。かなりの人気商品だそうで、私が行った時には勿論売り切れ。残念…。
クラシックなプリンとも違う新食感なので、プリン好きの方は是非一度味わって下さい。

Milano Dolce Tre Spade
東京都港区東麻布2-12-3
03-5544-8828デ
ケーキ / 麻布十番駅赤羽橋駅神谷町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6



食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
スポンサーサイト
この記事のURL | 珠玉のスイーツ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.の珠玉のスイーツ『ごろっとフルーツミックスサンド 豆乳クリーム仕立て』-フタバフルーツパラー 銀座本店-
- 2018/12/13(Thu) -
IMG_3755.jpg

約束の時間まで小一時間。ずっと歩きっぱなしだったので、とりあえず座りたい。ふらりと入ったGINZA SIXの気になってるお店で、一休みです。そのお店とは、「フタバフルーツパラー 銀座本店」。

6階にある蔦屋書店に隣接するフードコート的な「銀座大食堂」の中央にあり、確りと食事も出来るようになっているので、フルーツパラーというよりはカフェという感覚が近いのかもしれません。入口には心迷わせるようなフルーツメニューが並んでいますが、夕方ということもあり、全てのパフェが売り切れという状態。でも私の狙いは、それではありません。今回は『ごろっとフルーツミックスサンド 豆乳クリーム仕立て』です。

受付で「フルーツサンドが食べたい」を伝えると、カウンターに通されました。食事系だと、違う場所に通されるのかな?フードコート的といっても、自分で席を確保したり食事を運んでくるということはないみたい。詳しくシステムは分かりませんが、スタッフが異様に少ないような気がします。

実食

IMG_3672.jpg

供されたフルーツサンドには、バナナ・キウイ・イチゴ・パパイヤが入っていて、色鮮やか。持ってみると、かなりどっしりとした重さのあるフルーツサンドです。クリームは豆乳を使っているそうで、よく知るクリームとは違い、ねっとりとして味も奥行きがある感じ。一口ごとに異なるフルーツを食べられるようにしてある中で、バナナがこの濃厚なクリームによく合っていました。

もし次回行くならば、気になるのはオムレツが上に乗った『オムライス』を食べてみたい。

フタバフルーツパラー 銀座本店
東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 6F
03-6263-9674
フルーツパーラー / 銀座駅東銀座駅築地市場駅

夜総合点★★★☆☆ 3.4



食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 珠玉のスイーツ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.の珠玉のスイーツ「プリン・ア・ラ・モード #2」-Cafe Lisette-
- 2018/11/14(Wed) -
IMG_3867.jpg

TLに流れる『プリン・ア・ラ・モード』のフルーツが変わったという情報を得て、二子玉川で途中下車してやってきたのは「Cafe Lisette」です。自由が丘にも店舗があるので、いずれは行ってみたいところ。

IMG_3861.jpg

18:30。あと30分で閉店ということもあり、店内は疎らな客入り。既に売り切れしてしまったものも多かったのですが、目的の『プリン・ア・ラ・モード』はまだあるそうなので無事に出逢えました。メニューに載っているのは、2種の葡萄を使ったもので「これも美味しそうだったな」と思いながらも、秋のフルーツに彩られたプリンとご対面です。

IMG_3864.jpg

相変わらずに、上からも横からも可愛い。スプーンで掬うと重さも感じるような確りとした卵を味わうプリンの周りを『柿・梨・柘榴』で飾られています。ねっとりとした濃厚な甘さの柿、シャリと心地よい歯ごたえの爽やかな甘さの梨、小粒ながらも甘酸っぱさが広がる柘榴、全てがこのプリンを引き立てます。美味しい♡

どのくらいの周期でフルーツが変わるのか分かりませんが、真冬に登場するであろう『苺』の前にはどんなフルーツを使うのだろう?こまめにTLをチェックしておかなくっちゃ。

Cafe Lisette
東京都世田谷区玉川3-9-7
03-5717-3779
カフェ / 二子玉川駅二子新地駅

夜総合点★★★☆☆ 3.7



食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 珠玉のスイーツ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.の珠玉のスイーツ「プリン・ア・ラ・モード」-Cafe Lisette-
- 2018/10/22(Mon) -
IMG_3746.jpg

賑わう二子玉川駅を後にして、高島屋の裏側にはレストランや雑貨屋さんなどがひしめいている路地があります。その路地の奥の方、大きなガラスからアンティーク家具が何とも可愛らしいお店、「Cafe Lisette」で一休み。
ここは「長く大切にしてもらえる洋服を作りたい」というコンセプトのもとで、リネンやオーガニックコットン、カシミヤなどの自然素材で作られる洋服のブランド。オープン当初はブティックとカフェを半々のスペースで営業してそうで、2010年にブティックが独立して今のようなスタイルになったそうです。

ランチタイムを外したからでしょうか。忙しい感じがなく、アンティークに囲まれた店内にはゆっくりとした時間が流れています。メニューを見るまでもなく、今回やってきたのには理由がある。私は『プリン・ア・ラ・モード』が食べたいのだっ!私がネット見たものは苺がトッピングされていましたが、フルーツは季節によって変わるそうで、この時期は『イチジク』なんだとか。

実食

IMG_3744.jpg

見た目からして、ヤバイ!横から見ても、真上から見ても可愛いっ!プリンを囲むように盛り付けられた『イチジク』は、かなりの量があります。確りとしたプリン自体は想像よりも甘くないので、フルーツの甘さがぼやけることはなく、むしろ一緒に食べることで真価を発揮します。フルーツとプリンのマリアージュ、素晴らしい。

IMG_3745.jpg


この可愛さだと、気になるのが『クープ』。次回食べるべきはこの『クープ』なのでしょうが、季節が冬になればフルーツはおそらく『イチゴ』。王道の『プリン・ア・ラ・モード』も是非食べてみたい。美食の森に迷い込んだリゼッタちゃんを探すかのように、全てのメニューを食べてみたい。そう思ったカフェです。

Cafe Lisette
東京都世田谷区玉川3-9-7
03-5717-3779
カフェ / 二子玉川駅二子新地駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7



食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 珠玉のスイーツ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.の珠玉のスイーツ『ロイヤルミルクティーソフト』-BETJEMAN & BARTON-
- 2018/10/06(Sat) -
IMG_2438.jpg

銀座に行くと、たいてい寄り道してしまうのが魔物が潜む魔窟…そう、デパ地下です。いつもは三越へ行っているのですが、今回はちょっと食べたいものがあったので、GINZA SIXへ。

人気のお店の前には大行列を成していたりしますが、目的のお店はそんなことはなくて、あっさりと買えてしまいました。やってきたお店は、アンジェリーナ・メランが描いたパリジェンヌのイラストが目を引く「BETJEMAN & BARTON」。パリの五つ星ホテルや一流レストランでも採用されている紅茶専門店です。

勿論、紅茶の茶葉を買って、家で楽しむのも素晴らしい。ですが、食べるべきは『ロイヤルミルクティーソフト』。このソフトクリームには、1番人気の『エデンローズ』というラベンダー・バニラ・ベルガモットにバラの花びらを加えたフレーバードティーを使用していて、「BETJEMAN & BARTON」で世界初となるソフトクリームなのです。

実食

IMG_2359.jpg

一口目はさほど…と思っていたら、スッと口の中で溶けると、濃厚な味わいにもかかわらず素晴らしく香る紅茶の後味。食べ終えた後も、いつまでも残るほのかな甘さと紅茶の良い香りは、気品漂う完成度の高いロイヤルミルクティーです。「BETJEMAN & BARTON」というブランドを知るにはいいきっかけとなるソフトクリームですね。『エデンローズ』も飲んでみたい。

BETJEMAN & BARTON
東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX B2階
03-6264-5413
紅茶専門店 / 銀座駅東銀座駅築地市場駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6



食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 珠玉のスイーツ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.の珠玉のスイーツ『日向夏と温州みかんの氷』-虎屋茶寮-
- 2018/09/03(Mon) -
昼間の太陽の熱を溜め込んだアスファルトが、夜も負けじと暑さを感じさせる六本木交差点、19時。約束の時間まで、あと1時間。とても路上で待っていることなどできなかったので、ミッドタウンへと避難。フラフラと歩いていると、目に入ったのが「虎屋茶寮」。ガラス張りの店内を見渡すと空席もあり、すぐに入れそうなので入店です。

IMG_0014.jpg

パラパラとメニューをめくっていくと、定番の『葛切』や『冷やし汁粉』などがありますが、この季節はやはり『かき氷』でしょう。一番人気は『宇治金時』だそうですが、このミッドタウンには『日向夏と温州みかんの氷』という店舗限定の『かき氷』もあってので、今回はコレにしました。

IMG_0021.jpg

実食

供された氷を見ると、今流行りのフワフワとした氷ではなく、普通というか色気のない『かき氷』。分かってはいましたが、やはりかという気分。爽やかな日向夏と甘みの強い温州みかんの蜜が少量だったので、最終的にはこの色気のない氷だけを食べるのかと思っていたら、底には白餡が忍ばせてありました。さすがは「虎屋」の餡子!蜜との相乗効果で素晴らしく美味しくなります。これで氷の削り方も拘ったら、もっと美味しくなるのに…。

次回はどこかの店舗で『宇治金時』を。その際には白玉と練乳をトッピングしてカスタマイズして食べようと思っています。

虎屋菓寮 東京ミッドタウン店
東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア B1F
03-5413-3541
甘味処 / 六本木駅乃木坂駅六本木一丁目駅

夜総合点★★★☆☆ 3.6



食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 珠玉のスイーツ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.の珠玉のスイーツ『辻利ソフト 濃い茶』-辻利 銀座店-
- 2018/08/25(Sat) -
季節がらということもあるでしょうが、銀座をフラフラしていると、ソフトクリームを提供しているお店を多く見かけます。特に「GINZA SIX」のB2は数歩歩けば、違うソフトクリームに出逢えるという環境が広がっている中で、大抵いつも賑わっているのが京都宇治総本家の「辻利」

創業1860年、現在の宇治茶復興の基礎を築いた老舗店で、お茶に詳しくない私でも知っているくらいのお店なので、もっと全国に店舗があるのかと思っていたら、意外にも関東にはここ「GINZA SIX」にしかありません。特にこの銀座店はスイーツに力を入れているようで、『京濃い茶テリーヌ』や『京濃い茶ロール』などの今流行りの濃い味系が豊富にあります。
お茶やスイーツの販売スペースの隣にはカフェスタンドも併設しており、そこではソフトクリームやラテなど気軽に楽しめる抹茶メニューがあります。そこにも濃い茶シリーズの『辻利ソフト 濃い茶』というのがあったので、早速注文です。

IMG_2931.jpg

見た目からも分かるように明らかな抹茶の濃さが感じられて、普通の「辻利ソフト」と比べるとかなり違います。味わいも濃厚で、ミルクのコクの中に確りと茶葉の旨味・渋味があって、実に美味しい。元々、抹茶スイーツは好きなので『京濃い茶シリーズ』は勿論のこと、〜8/31まで販売している『辻利ソフト 夏のパルフェ』は食べておきたいな。

辻利 銀座店
東京都中央区銀座6-10-1GINZA SIX B2
03-6263-9988
和菓子 / 銀座駅東銀座駅銀座一丁目駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6



食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 珠玉のスイーツ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.の珠玉のスイーツ『マンゴーラッシー+タピオカ』-yelo-
- 2018/06/26(Tue) -
今年も賑わうであろう『かき氷』ブームも、そろそろこの暑さに負けないように火が付き始めています。
降水確率70%の日。雨の日にだけに食べられる『かき氷』があると聞き、やってきたのは六本木にある「yelo」。2014年にオープンして以来、他のかき氷専門店と一線を画すような独創的なかき氷を提供して話題になっているお店です。雨の日だけに食べられる『かき氷』は、紫陽花という名前の『ハイドランジア』というもので、視覚的にも綺麗な『かき氷』です。

IMG_2207.jpg

…ところが。降りそうで降らない雨。こんなにも雨を求めたことがあったでしょうか。行列でもあれば…と思っていたのですが、全く行列もなくてすんなりと入店。結局、雨は降っていなかったので、『ハイドランジア』には会うことはできずに注文したのは、『マンゴーラッシー』+『タピオカ』を追加したもの。

実食

IMG_2202.jpg

氷→シロップ→氷→シロップ→氷→シロップという構造なので、最後まで確りと甘い『かき氷』です。別皿にあるタピオカを乗せながら食べると、フワフワした氷の中でモチモチとした食感が加わって、なかなか面白くてコレは新感覚でアリ。シロップもフレッシュな果実というわけではないけど、たっぷりとかけられているので美味しい。目的の『かき氷』ではなかったけど、美味しかったのでいいかな。

後々、過去の自分の記事を見てみると、前回も同じものを頼んでいて笑う。どうせだったら、『パステルズ』にすれば良かったー。

yelo
東京都港区六本木5-2-11 パティオ六本木1F
03-3423-2121
かき氷 / 六本木駅六本木一丁目駅麻布十番駅

夜総合点★★★☆☆ 3.6



食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 珠玉のスイーツ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.の珠玉のスイーツ『フルーツサンドイッチ』-資生堂パーラー サロン・ド・カフェ 銀座本店-
- 2018/04/14(Sat) -
アレを食べてみたいなと思いつつも、開店直後に行かないと行列で嫌だなと足が遠のいていた銀座にある「資生堂パーラー サロン・ド・カフェ 銀座本店」。前回は和歌山県産の苺の『まりひめ』パフェ狙いでやってきましたが、今回は前々から気になっていた『フルーツサンドイッチ』。2017年4月から提供し始めた新メニューで、見た目もかなり可愛いく、チェックはしていたものの昼間に行けば1時間以上並ぶのは必至。ですが、SNSで食べたという方から写真を送ってもらい、「やっばり、食べたい!」ってことでやってきたわけです。

当日。
分かっていましたが、並んでいる…一階から…。それでも1時間くらいとのことで、まあ想像した通りだったので、並ぶことに。

……ホントに1時間で入店です。
メニューを見るまでもなく、オーダーは『フルーツサンドイッチ』。実は訪問時には限定メニューで、岡山県産の『もんげーバナナ』を使ったものもあったのですが、ビジュアル的にこちらを選んでしまいました。

IMG_0780.jpg

軽くトーストされたレーズンパンに挟まれているのは、たっぷりの生クリーム。その中にはストロベリー・オレンジ・バナナ・キウイ・ラズベリー・ブルーベリーがまるで宝石のように入っており、更に周りには旬のフルーツが彩っています。訪問時は、岐阜県産の『濃姫』という苺が飾られていました。

ナイフを入れると、サクリと音を立てるレーズンパンにフルーツ入り生クリームをつけて食べます。かなり濃厚でコクのある生クリームながらも、甘さは非常に上品。酸味のある果汁のフルーツと共に食べれば、とても爽やかな味わいのフルーツサンドイッチに。あまりトーストされたフルーツサンドイッチは見たことがないので、このサクサクとした食感は新鮮です。今回はナイフとフォークを使って上品に食べてみましたが、手づかみで食べた方が美味しいかも?

次回は、限定メニューの『もんげーバナナのサンドイッチ』を食べてみたい。「もんげー」とは、岡山県の方言で「ものすごい」という意味だそうで、どのくらい「もんげー」なのかを確かめたいのです。

資生堂パーラー サロン・ド・カフェ 銀座本店
東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル3F
03-5537-6231
カフェ / 新橋駅銀座駅東銀座駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7



食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 珠玉のスイーツ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
nao.の珠玉のスイーツ『うれしいプリン』-うれしいプリン屋さん マハカラ-
- 2017/11/25(Sat) -
IMG_9291.jpg

中目黒での約束の時間までまだ少しあったので、久しぶりにやってきました「うれしいプリン屋さん マハカラ」です。元々は串カツやイカ玉焼きのお店の「いか玉焼き道場 まはから」でデザートとして出していたプリンが好評の為に、専用の厨房などを完備して独立したお店。プリンには親鶏のエサや飲み水、飼育環境などにこだわって生産されている「日本一こだわり卵」を使用し、定番のカスタード味をはじめとしてシーズンフレーバーもあり、色々と楽しめます。

久しぶりなので、定番のカスタード味を。外のベンチで食べたいと言うと、スプーンを付けて渡してくれます。ちゃんとゴミや瓶の回収容器もあるので、安心です。

IMG_9290.jpg

実食

見た目から濃厚そうなプリンにスプーンを入れると、抵抗もなくスッと入り、滑らかな舌触りを感じた後に卵のコクが口いっぱいに広がります。底にある琥珀色のカラメルソースもこの濃厚なプリンによく合い、一緒に食べることで絶妙なバランスのプリンとなります。まさに「うれしい!」と思える味わいです。
『プリン』を嫌いな方ってあまりいないと思うので、自分へのご褒美は勿論、手土産にも喜ばれるはず。「うれしい!」を届けてみませんか?

うれしいプリン屋さん マハカラ
東京都目黒区青葉台1-17-5 メゾン青葉1F
03-6427-8706
スイーツ(その他) / 中目黒駅代官山駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6



ブログランキング参加中です愛のクリック、お願いしまーす


食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログへ
この記事のURL | 珠玉のスイーツ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ